『介護離職を防ぐ』政策は介護職員の為のものでは無かった

Pocket


厚生労働省が
仕事と介護の両立 ~介護離職を防ぐために~
という政策を進めている。
この見出しを見た時に
お!離職率の高い介護職員の為にとうとうお国も重い腰を上げたか
と密かにほくそ笑んだ自分が恥ずかしい。
介護職員の離職を防ぐ政策ではなく仕事と家庭での介護の両立できる社会の実現を目指したもの』なのだ。

(スポンサーリンク)

【高齢者の虐待】「グレーゾーンは不適切ケア?」その原因と改善策をわかりやすく解説します

の記事の後半でも述べたが、
介護職に対する救済措置なんて
介護職員処遇改善加算などというバカげた加算システムくらいしかない。
まぁ、世間では介護離職も社会問題となっており
今後2025年には日本で1番人口の多い団塊の世代の方々が
後期高齢者となる時代を迎えます。

つまり介護を必要とする人達が現在よりも更に増える時代が来るのです。
家庭で介護を必要とする人が増えるので介護をする人が必要になります。
介護者(介護をする人)は仕事と両立しながら
仕事を辞めたり失ったりすることなく
介護休暇を取ったり、介護休業給付を受けたりして
仕事を継続していきましょうという政策ですね。

今後益々、介護職員は忙しくなるでしょう。
『介護離職を防ぐ』政策の次に
『介護職員の離職を防ぐ』政策を心から待望しております。

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

介護職員ランキング