【パーソン・センタード・ケア】介護職員に大切なのは「自分を守る」こと

Pocket

既に介護職員だけでなく
世間に広く知られることとなってしまった
介護職員の待遇の悪さやブラックさですが、
『どんな試練が降りかかろうと利用者のために』
『踏みつけられても雑草のように生きる』
という自己犠牲の精神で耐えていませんか?

そのままでは余程、精神力が強い人でなければ
いつか心がポッキリ折れてしまいかねませんよ。

まず、働いているのは『自分のため』であることを認識して下さい。

いや、本来労働とはそういうものなのですが、
介護業界に至っては
『奉仕』だとか
『ボランティア』だとか
『菩薩行』だとか
『努力・根性』論から始まった業界なので
その悪しき習慣や慣行が今でも根強く残っています。

まずはそれを捨て去りましょう。

介護だろうと労働をする以上、
主役は自分であり自分のために働くのです。

スポンサーリンク

◆パーソン・センタード・ケアとは?

『介護業界の主役は利用者じゃないの?』
という疑問があるかとは思います。

パーソン・センタード・ケアという言葉があります。

パーソン・センタード・ケアとは?
パーソン・センタード・ケアは、認知症をもつ人を一人の“人”として尊重し、その人の視点や立場に立って理解し、ケアを行おうとする認知症ケアの考え方です。

この考え方を提唱した英国の故トム・キットウッドは、当時の業務中心のケアに対して、人中心のケアの重要性を主張し、世界的に大きな影響を与えました。

ケアの目標は、清潔や安全であることだけでしょうか?
とくに認知症がある場合は、一人ひとり異なる認知機能や健康の状態、性格、人生歴、周囲の人間関係など、その人の個別性をふまえ、また関わりを通して、その人が今どのような体験をし、どう感じているか、周囲の人が理解し、支えようとすることが大切ではないでしょうか。

認知症をもつ人の心理的ニーズとして特に重要とされるのが、一人の人として無条件に尊重されることを中心として、共にあること、くつろぎ、自分らしさ、結びつき、たずさわりなどです。

それらをキットウッドは花の絵で表しています。

つまり、『主役は利用者ですよ』ということですが、
これはこれで介護の基礎知識として知っておけば良いと思います。

◆介護業界の洗脳教育

『だから介護業界は働き手が主役ではないのよ』
なんて言ってしまうのは情報操作をされているか
洗脳をされているかのどちらかでしょう。

『お客様第一主義』
『お客様は神様です』
『お客様のために最善を尽くします』
『顧客満足度No1』
を掲げている商売や業界は山ほどあります。

でも、それは結局
お客様を大事にすることで
利益が増え会社が潤い
ひいては従業員も幸せになれる
という理論に基づいているからだと思います。

介護業界のようにただただ
自分(労働者)の犠牲の上に成り立っている業界は
類稀なる奴隷制度に近いものがあると感じています。

◆介護職員としての在り方

さて、では介護職員として
どういう心の持ちよう・在り方でいれば良いのでしょうか?

介護職員の待遇や処遇や労働環境や社会的地位は
今日明日に激変することは難しいでしょう。

しかし、私の個人的な意見ですが
これから徐々に介護職の待遇や社会的地位は
改善していくと思っています。

その理由は長くなりますので
この記事では書きませんが、
以前の記事で書いた
”祝”ブログ開設1か月と人間万事塞翁が馬』の記事の
・継続は力なり
・人間万事塞翁が馬

は間違っていないと確信しています。

まずは続けることが最優先となります。

相手が人間(利用者)ですし
業界自体が陰湿で隠蔽体質で排他的なので
人間関係も色々あります
が、
そういった得体の知れない相手に正面から対峙すると
心は折れやすくなります。

◆まずは自分を守ることに専念する

それはスルー力、受け流すスキルです。

アナタの上司が
松下幸之助や孫正義のように
帝王学を持ち合わせた偉大な人間だとすれば
真摯に受け止めて向き合い
身をすり減らし自己犠牲をすることは
自分のためになるかもしれません。

自分のためにプラスになる自己犠牲は
すべきだと考えます。

それ以外はスルーでいいんじゃないでしょうか。

私も性格上、あまりスルーができないタチなのですが
自分を守ることを最優先にすることで
今日まで介護職を続けることが出来たのは間違いありません。

自分を守れないようでは利用者を守ることなんて不可能ですから。

コメント

  1. アングラー より:

    今、「VIPSですすめる パーソンセンタードケア」という本を読んでますが(キットウッドの弟子のドーン・ブルッカーの本)、職員を含めての利用者さんの環境であり、介護職員自身が社会から認められず自分たちの価値を感じられない不幸せな状態では本当のパーソンセンタードケアは行えないと書いてありました。
    実践者研修ではこの部分は見事にカットされてますね。これを言ってしまうと介護職の待遇の問題に飛び火するから、お役人がそんな都合の悪い情報を研修で開示するわけない(笑)

    • 山嵐 より:

      >アングラーさん

      こんにちは~
      コメントありがとうございます^^

      やはり、大切な部分が隠蔽されていたのですね。
      ひょっとしたら他にも開示されていなくて隠蔽されていることがあるのかもしれませんね。