ケアマネ受験資格~無資格で受験できるのは2017年まで~

Pocket

全国各地で今年度のケアマネ試験案内が開始されましたね。

ケアマネ試験は正式には『介護支援専門員実務研修受講試験』というようです。

つまり受かったから資格を与えるんじゃなくて、
合格したら『実務研修を受講する権利』を与える試験ですよ、
というなんとも回りくどい介護業界らしい試験となっています。

スポンサーリンク

試験合格後の手続き

介護支援専門員実務研修受講試験に『合格後』に
実務研修を『受講』してそれを『修了』すれば
ケアマネとして『登録』することができます。

登録するだけでは業務に就くことはできません。

登録後に介護支援専門員証の『交付』を受けて
初めてケアマネとして従事できますよ、という流れです。

『受験』→『合格』→『受講』→『修了』→『登録』→『交付』

という多岐に及ぶ試練を乗り越えなければなりません。

交付されるまでの期間と料金

各都道府県によって微妙に違いますが
『受験』から『交付』までの期間は6か月~9か月
(出願時から数えると1年前後掛かります)

必要な費用は受験料、受講料、テキスト代、登録料等々を含め
7万円~10万円が目安となります。

介護業界は労働者・従事者に試練を与えるのが
とってもお好きな業界なのです。

無資格者が受験できるのは2017年まで

2015年2月にケアマネージャーの受験資格の改定が行われ
2017年の試験までは改定前の以下の受験資格で受験できます。

・ホームヘルパー2級と社会福祉主事任用資格者が要介護者等の介護や介護者に対する介護に関する指導を行う業務に5年以上従事


・無資格の人が同様の業務に10年以上従事

この改定前の条件で受験できるチャンスも2017年のあと一回となりました。

というのも2018年から受験資格が大きく変わります。

・無資格者やホームヘルパー2級(初任者研修)ではいくら実務経験があっても受験資格はなくなります(国家資格じゃなきゃダメ)。


・国家資格保有者以外で受験資格があるのは相談援助業務を特定の福祉施設・介護施設・障害者施設などで5年以上従事した生活相談員・支援相談員・相談支援専門員・主任相談支援員の業務のみが対象となります。

不明な点や詳細は各地域の介護支援専門員試験実施団体にお問い合わせ下さい。
公益財団法人社会福祉振興・試験センターホームページ

追伸

余談ですが、
私は2016年の介護支援専門員実務研修受講試験に合格し
現在、実務研修受講中です。

出願したのが2016年の6月だったので1年経った今でも
研修がまだ修了しないため
未だ介護支援専門員として登録さえ出来ない状況です。

介護業界の期待度や必要性は益々上がり
それに伴って試練やハードルも年々上がっていっていますが、
肝心の対価を上げる器量も見せて頂きたいところです。