介護職員のセーフティネット情報

Pocket

介護職の処遇改善を訴えるのに
個人の希望や発言力では到底叶う(敵う)ことはありません。

組織や団体、組合等に加入したり組織したりして
団結してひとつの意見や要望を上申、嘆願し交渉する
というのが定石です。

そこで、我々介護職員の
セーフティネットと呼ばれるものが存在するのか
と思い立ちインターネットで
『介護職員 セーフティネット』
で検索してみました。

するとそこには…

我々介護職員のセーフティネットでは無く
『介護職や介護の仕事が世間のセーフティネットである』
『介護の仕事はセーフティネットになるほど甘くない』
などといった表題・内容の記事ばかりでした。

つまり、それの意味する所は
「食いっぱぐれそうになったら介護の仕事をすればいい」
「仕事が無かったら最終的に介護の仕事があるさ」
という介護職を最終的なセーフティネットとする世論が満載でした。

(私が探している情報はこれじゃない)
と呟きながら
『介護職 処遇改善 団体』や
『介護職 労働組合』等で
再度検索を試みました。

すると下記の2つの労働組合が出てきましたので
とりあえず紹介しますが、
私も初めて知った団体、組織ですし
当然、私も加入していませんので
※以下に紹介する組織・団体・組合への
加入を勧めているものではありませんので
誤解の無いようにお願いします。

UAゼンセン日本介護クラフトユニオン(NCCU)http://www.nccu.gr.jp/

略称:NCCU
所在地:〒105-0014 東京都港区芝2丁目20-12 友愛会館13F
TEL:03-5730-9381
FAX:03-5730-9382
結成:2000年2月27日
会長:久保芳信(くぼ よしのぶ)
組合員数:65,107名(2016年10月18日現在)
上部団体:UAゼンセン
会費:分会(企業単位の組合組織)所属の組合員は月例賃金の1.5%(最低500円~最高3,500円)
個人組合員は一律1,500円
特徴:仕事や生活にまつわるさまざまなトラブルや悩みの相談に対応します。
また病気やケガ、医療の専門相談は24時間365日対応します。
民進党の川合孝典議員が政治顧問。

【UAゼンセン日本介護クラフトユニオン(NCCU)について考察】

介護職の処遇改善や各企業への要望が叶ったという実績の記事や記載がなく
実際、個人の介護職員に対してどれだけ力になってくれるのかが不明。

病気やケガ、医療相談は24時間365日対応は魅力的だが、
その対応のクオリティが不明。

月1500円(年間18000円)が高いのか安いのかも
どこまでやってくれるかで変わるのだが、
組合員数:65,107名(2016年10月18日現在)だとすれば
結構大きな組織だと思われる。

民進党の議員が政治顧問なのが気になる。

全国福祉保育労働組合http://www.fukuho.info/

所在地:〒111-0051 東京都台東区蔵前4-6-8 サニープレイスビル5F-A
TEL:03-5687-2901
FAX:03-5687-2903
特徴:福祉保育労は、民間の保育所や高齢者介護、障害者福祉の職場など、福祉職場で働くなかまの全国組織の組合です。
前身の組織が生まれてから60年以上、結成から30年以上の歴史があります。
職員の大幅な増員と賃金の改善、福祉水準の向上を求めて、職場に社会に政府にとりくみをすすめています。

【全国福祉保育労働組合について考察】

ホームページを隈なく調べたが、
結成年月日や組合長名、組合数、会費の記載が無く
不明点が多い組合。

『全ては資料請求をしてから』というスタンスか?

もっと詳細に調べれば記載してあるのかもしれないが、
ほぼ全てのページを見ても見つからなかったということは
記載の仕方が悪いか情報を公表する気がないかのどちらか。

処遇改善を達成したとの実績ページがあるが、
その書き込みは1件~多くても3件ほどであった。

全国各地に支部があり、その所在地は
福祉会館であったり社会福祉法人内であったり保育園内であり、
安全性や安定性は感じるが、
結局、福祉業界や福祉事業所の二次団体で
上部団体や事業所に上申、嘆願をするというより
国へのアピールや請願ばかりであった。

本来、我々介護職員個人が求める
『事業所への嘆願・要請』等
は見当たらなかった。

ということで【総括】しますと、
上記2つの団体、組合とも結構大きな組織だとは思いますが、
我々個々が本来望んでいる労働環境の改善だとか
処遇の改善を叶えるのは難しいのではないでしょうか。

個人共済の生命共済や年金共済、交通共済等の福利厚生は
まぁまぁ充実していると思いますので
これらは労働組合というよりも一種の個人共済ですね。

本来、我々が待望しているのは、
憲法や法律を武器に各事業所に乗り込み、
労働環境や処遇の改善を訴え
信念を持って強固にこれを断行していくような
労働者を本当に守ってくれる団体なのであります。

そのような団体が見当たらないのも
介護業界の特徴なのかもしれませんね。

(あったら教えて下さい)