悪質な「辞める辞める詐欺」とは?

Pocket

pawahara_man.png
介護職員に限りませんが
口癖のように
『もう辞める』
と言う人がいます。

スポンサーリンク

◆「辞める」と言って辞めない人

そういう人に限って辞めません。
本気で辞めようと決めたのならば
いくら引き留められようが
辞めるのに時間が掛かろうが
普通は自分が吐いた唾は飲み込みません。
しかし問題なのは
何度も自分の吐いた唾を飲み込む人です。
辞める気持ちが本気だろうが嘘気だろうが
『辞める』という言葉を口にした時点で
周りの人間は色々な労力を遣います。
・引き留める人
・辞めて欲しくないから気を遣う人
・本当に辞めるのなら業務の引継ぎをする
・人員の穴埋めを検討する

しかしそういう人は簡単に辞意を撤回します。
私はそういう行為を
『辞める辞める詐欺』
と呼んでいます。

◆何故、詐欺なのか

「騙すつもりじゃなかったから『詐欺』というのは失礼だ」
と思われるかもしれませんが、
『そういう発言を常習的に繰り返し他者の貴重な時間と労力を奪い取った』
という点で
『欺罔(ぎもう』(辞めると発言)→『錯誤』(周りの人が本当に辞めると思う)→『交付行為』(他者に貴重な時間と労力を遣わせる)→(やっぱり辞めない)→(欺罔に戻る)
という一連の流れを見ると『詐欺』に酷似しています。
まぁ『労力や時間』は詐欺罪の『財物』に該当しないので犯罪行為ではありませんが。
『辞める辞める詐欺』を繰り返す人の
精神状態は大体決まって不安定です。
・「辞める」と言うことで目立ちたい、構ってもらいたい
・引き留めてもらうことで自分の存在価値を見出す
・責任を逃れたり業務から逃げる口実に使う

等々の心理状態が見て取れます。
だから、その目的が達成されると辞意を撤回するのです。
人材不足の業界ですので
「辞められると困る」という心理を
逆手に取った行為です。
(スポンサーリンク)

◆辞める辞める詐欺の悪質性

人それぞれ辞める理由は様々です。
・新しい目標をもって次へ進もうとして辞める人
・家庭的、肉体的、精神的な理由で辞めていく人
・業界や会社に失望して辞めていく人

会社組織は個々の集合体なので
各々色々な事情があるでしょうから
辞めるのも辞めないのも自由だと思います。
「辞められると残された人に迷惑が掛かる」
という事もしばしばあったり
「なかなか辞めさせてくれない」
ということもあるでしょうが
辞める辞める詐欺はその中でも一番悪質だと思っています。
口癖のように『辞める』と言っている人間に
・責任が伴う仕事
・嫌がりそうな仕事
・負担が大きい仕事
・長いスパンでの仕事

などを任せられなくなります。
そうなると他の職員に負担がのしかかります。
負担がのしかかった職員は辞めたくなります。
そういう状況が負のループを発生させていまい、いつまでたっても劣悪な労働環境は変える事ができません。
人材不足ですから
辞めて欲しいわけではありません。
『辞める辞める詐欺』をやめて欲しいのです。

【関連記事】
今後も退職者が止まらない、そして「辞める辞める詐欺」再び


介護職員ランキング