介護現場は上司の機嫌で左右される

Pocket

pawahara_man.png
介護現場によくある事なのですが、
上司や管理者の機嫌ひとつで指示が変わったり
怒られたりします。
基本的に介護業界において
『褒められる』ということは皆無なので
『怒られる』か『怒られない』かの選択
になります。

スポンサーリンク

◆全ては上司の機嫌次第

何かあった時に指示を仰いだり
結果を報告したりしますが、
機嫌が良い又は普通だと
「ふうん、それでいいんじゃない」
と言われますが、機嫌が悪いと
「はぁ?何でそんなことしたの?」
等ボロカスに言われます。
内容の良し悪しはあまり関係ありません。
その時の機嫌が全てなのです。

◆自分が法律だと思い込む上司たち

これはその介護現場にキチっとしたマニュアルや規定が存在したとしても、「自分が法律でありコンプライアンスなんだ」という上司は必ず存在します。
マニュアル通りに動けば
「マニュアル通りにしか動けない」
「臨機応変な対応が出来ていない」

と言われます。
こういう上司が居ない職場は
恵まれていると言えるでしょう。
そういう上司が居ると
・全てはこの上司のご機嫌を伺いながら
・タイミングを見計らって
・ゴマを擦りながら

という構図が出来上がるのですが、
お山の大将・ボス猿は威張るだけで
統率・統制する能力はないので
大変働きづらい職場となります。

自分の仕事に責任と自信を持って働いていれば
尚更、憤りと悔しさと悲しさがこみ上げ
ストレスが溜まってしまうでしょう。
この場合、マトモにやりあっていたのでは
こちらの身が持ちませんし
逆に目をつけられてしまい
余計にその後の仕事がやりづらくなりますので
「ふうん、そういうもんなんだ」
と腹の中で呟き気にしないようにしましょう。
間違っても
・自分が全面的に悪かった
・自分に能力が無いんだ

と思い込み自責の念に駆られるようなことは
一切思わなくていいです。
何故なら相手は
『お猿の大将』なんですから機嫌次第で指示も対応もコロコロ変わります。
怒られた方は心がモヤモヤして嫌な気分になりますが、
怒った方は怒ったことさえ既に忘れているかもしれません。
しょせんそんなもんです。
真面目に考えていてもしょうがありません。

そんな事をクヨクヨ思い悩んでいる時間があれば
少しでも多く利用者に接し
良い介護をして下さい。
(スポンサーリンク)

◆高等テクニックを紹介

最後に余談というか高等テクニックなのですが、
怒られると大体
すいませんでした
と謝ると思いますが、
理不尽な怒られ方をした時は
謝ることすらストレスになるので
私の場合、完全社交辞令で
ありがとうございます、勉強になりました
と言うようにしています。
すると、相手も理不尽に怒った場合
「おっと…そうくるか」
と思わせることが出来ますし
不快感も与えません。
そしてこちらも謝ったわけではないので
気分的なものかもしれませんがストレスが軽減します。
泰然自若(たいぜんじじゃく)
という四字熟語があります。
何事にも動じずどんな時にでも落ち着いて行動する
という意味です。
私の好きな言葉なのですが、
常にそうありたいと思っています。


介護職員ランキング