介護業界の職員への待遇をわかりやすく解説します

Pocket

pawahara_man.png
介護業界には負のイメージが付きまといます。
もちろん良い部分、
ポジティブな部分もありますが、
それを打ち消し更に地獄へ突き落すが如く
ネガティブな部分が大きくて多く深いのです。

スポンサーリンク

◆劣悪さがピンと来ない人達

具体的に訴えたり発信しても
既に介護業界にどっぷり浸り
感覚や感情が麻痺してしまっている人には
ピンと来ない場合が多く
やっている事の異常さや
浮世離れしている実情を
理解できない人がいるようです。

『何故それがおかしいの?』
『会社組織なんだから普通でしょ』
『福祉業界はそういうもの』

そう言い切れてしまう人は
介護業界の毒素に侵され
綺麗事中毒症に罹患し
あの世とこの世の中間地点を
彷徨っているのかもしれません。
(スポンサーリンク)

◆待遇の劣悪さをイメージで例えると

私が感じる介護業界の職員への待遇イメージは
頭を下げ若しくは土下座をして
cut10.png
「頑張ります!」
と言っている職員に対して
更にその頭をグリグリと踏みにじり足蹴にし
「そう?これでも頑張るの?ねえ、これでも?」
と言いながら唾を吐きかけられるのが
介護業界における職員に対する基本的な待遇です。

普通の業界や会社ならば
頭を下げ「頑張ります!」
と言っている従業員に対しては
頭を上げさせ
「わかったから頭を上げて、頑張りなさい」
と声を掛けバックアップしてくれたりしますが、
我らが介護業界は違います。
そこから更に頭を踏みにじり
服従を誓わせる奴隷制度なのです。

◆残された2つの選択肢

そうなった場合、
二つの選択肢があります。
①はい、それでも頑張ります!
②いつまで頭踏んどんじゃぁー!

①の場合が今多く存在している『堪えている』介護職員の姿です。
②は嫌気が差し辞めていったり、不当な扱いに対し声を上げ抗おうとしている人たちの姿です。
人間が、そして我々国民が
文化的で最低限度の生活を営む権利を有しているのは
当然のことです。
・会社に助けてもらいたい
・バックアップしてもらいたい

という他力本願な訴えをしているのではありません。
「下げた頭をグリグリしないで下さい」
というまずは当然のお願いをしているのです。
当然のことなので『お願い』という言い方にも
違和感を覚えます。
利用者の生活の質を向上させる事に
全精力を注いできた介護業界ですが、
残念ながら特段の変化がないばかりか
建前上、ハリボテの上辺を作ったり
ボロボロの状態を隠蔽し取り繕ったり
内情は益々悪化していると言えるでしょう。

今後、超超高齢社会となり
2025年問題にも直面しています。
職員を大切にできない事業所は淘汰されるべきですし実際、そうなっていくと思います。
アナタは
①のタイプですか?
②のタイプですか?

【関連記事】
介護職員が2025年に向けて未だ37.7万人も不足している理由とは?


介護職員ランキング