介護職は花形選手であるべき

Pocket

free-illustration-ojiisan-kurumaisu-irasutoya.jpg
介護業界には様々な職種の人がいて
ケアチームとして連携を取っています。
(実際は大して連携が取れていませんが)

スポンサーリンク

◆ケアチームのメンバー


・介護士
・看護師
・医師
・介護支援専門員(ケアマネ)
・管理栄養士
・生活相談員
・機能訓練士
等々。

利用者に直に接し
最先端で働いているのは介護職員です。
他の職種との『連携・協働』とは言うものの、実際のところ介護職員が受けているのは『指示』や『命令』です。
もちろん、介護職も専門職として意見を言うものの大抵は通りません。
『たかが介護職が何を偉そうに』
という目で見られ
鼻で笑われるのがオチです。
そのくせ、様々な注文や無理難題を押し付け
介護職の負担は増していくばかりです。
介護職員の発言権は著しく低いのです。
(スポンサーリンク)

◆本来は介護職員は花形選手

この時点で専門職たる地位は地を這い
利用者の奴隷であり他の専門職の手下である
という構図が出来上がっています。
介護士の些細な気づきや変化、
利用者に寄り添うことで聞ける訴え等を
共有するからこそ対応できる事が数多くあります。
それなのに『手下扱い』の慣習は未だにあります。
私から言わせれば
最前線で利用者に直に接し
寄り添い、身の回りのお世話をしたり
終末期におけるケアまで担う介護士は
介護現場において花形選手であり
介護業界において頂点に君臨すべき存在
だと思っています。
もちろん、明らかに資質や程度の低い介護職もいますし
全てが全て頂点に君臨する存在だとは言いませんが、
看護師だってケアマネだってレベルの低い人も多々見受けられます。
それは個々の資質の問題もあるので
一概には言い切れませんが、
介護職員というだけでレッテルを貼ってしまう現状は問題です。
医療機関では医師が頂点でしょうが、
介護業界においては介護士が頂点であるべきです。
どんなスポーツでもそうですが、
選手(介護士)がいないと試合(ケア)が始まりません。
監督やコーチばかりのチームで
一体何が出来るというのでしょうか。
現状では監督やコーチばかりがギャーギャー喚き選手の気持ちも考えず勝利(良いケア)ばかり望んでいるのです。
なにも
『介護の手が足りないから手伝いなさい』
とは言いません。
『多職種連携』を履き違えないで下さい
と言いたいだけなのです。
「介護職を下にだなんて思っていない」他職種の人もいらっしゃるでしょうが、この記事はあくまで介護業界全体の現在の風潮についての考察ですのでこれからも『花形選手』のバックアップを宜しくお願いします。


介護職員ランキング