介護の求人を探す習慣は自分にとってのリスク管理

Pocket

money_kyuryou_bukuro.png
時間がある時にネット等で
介護関連職業の求人を探している。

スポンサーリンク

◆求人を探す理由

今すぐ転職するとかは今のところ考えてはいないが、
何が起こるかわからないし、
よその事業所の待遇や求人状況なんかを
前もってリサーチしておくのは自分にとってのリスクマネジメントである。
今の職場で突発的や俄かに
辞める状況が来ないとも限らないし、
今の職場より良い待遇の所があれば
転職を進めていくのもありだろう。

◆事業所のホームページを見に行く

ハローワークや求人紹介業者で紹介されている求人だけではその会社の半分もわからないので、私は必ず求人を出している事業所のホームページを見に行くことにしている。
そこには
・運営理念
・法人沿革
・会社案内

などが詳細に書かれている。
ハロワや求人業者の募集要綱だけでは読み取れない『雰囲気』を感じ取ることが出来るのだ。
勿論、普通は良いことばかりが書いてあるのでホームページを見たからと言ってそれが全てではない。
求人募集の1ページを見るだけよりも
遥かにマシということである。

(スポンサーリンク)

◆理念に付加価値があるか

基本的にホームページは一般向けであり
利用を希望している人を対象に
作られていることが多いので
利用者のためにこれだけ頑張っています
ということが一生懸命書かれている。
それはどこの事業所でも大差はない。
求人募集のページを開くと
やはりそこにも
利用者のために頑張れる人募集
が基本的スタンスであり、
どこも大差は無かった。
『利用者のために』は大前提なんだから求人のページに書いても事業所の個性としては何も感じ取れない。
就職・転職したい人が知りたいのは
利用者のために頑張ったら
『どうなるのか?』
『どういう良い待遇が待っているのか?』
ということなのだ。

もちろん書いてある会社もあった。
『正社員になれます』
→当たり前だろう、そんなこと。
『ユニットリーダーになれます』
→人が足りないから人員配置基準を満たしたい会社都合だろうし、
ユニットリーダーになることで手当てがどれだけ貰えるのかは明記なし。
待遇の良い会社っていうのは
勿論、雰囲気が良くて働きやすい会社であって欲しいのは前提で、
頑張ったらお給料はどれだけ貰えるの?
ということをちゃんと教えてくれる会社であり、
こちらとしては他の会社より良いのか悪いのかが知りたいのだ。
求めているのは『付加価値』なのだ。

◆介護保険制度の限界

しかし現状の介護保険の枠内でサービスを提供している事業所では、結局どこも
大体同じくらい
の給料であり、どんぐりの背比べ状態である。
もうこの問題は
事業所の企業努力だとか運営努力だとか営業努力でどうにかなる問題ではないのだろう。
給料が沢山欲しいなら
他の業種や業界に転職するしかない現状だ。
介護業界に根を張り
信念を持って働く人のためにも、
そういう人たちが増えることによって
介護業界は益々良くなるという
正のループを作り出すためにも、
国レベルで財源の確保と
介護関連業種への待遇の向上を進めていって欲しい。
そしてそれ以前に、
我々ももっと声を上げるべきだろう。


介護職員ランキング

コメント

  1. テン より:

    こんにちは。
    本当に社畜になられてしまったようですね。
    最後の声をあげるのはいいのですが、
    結局「税金」にすがるのは経営者や経営者よりの中間管理職と同じ穴ですよ。
    所詮は民間企業なのですから、
    営利を目的として消費者に金銭を要求すべきです。
    サービスの値上げか個別収益化が妥当かと…ただ、腹黒でビジネスを毛嫌いする狂信者たちの耳には届かない。
    福祉の建前は「誰でも受けれる」ですが、現状の安い介護()でさえ金が払えずに介護離職が発生しています。また、ご存じと思いますが、税金運営である公営の介護施設はほとんどの行政が赤字で割りにあわないことを知って、民間なりに放棄して手を引いているのが現実です。辛うじて障害者はまだ公営でしょうか。
    まだ少し正気が残っているのだとしたら、税金に頼ると言う考えは改め直してほしく思います。

  2. 山嵐 より:

    >テンさん
    こんばんは。コメントありがとうございます。
    現状の介護保険制度では、税金50%、保険料50%で運営されています。
    有料老人ホームやサ高住のように1コール何円という形でオプション料金を取っている所もありますね。
    しかし、営利を目的としたサ高住がどんどん潰れていっています。
    介護保険制度とそれ以外で運営している事業所との整合性が保たれていないからだと思います。
    『国レベルでの財源の確保』とは、「税金投入を増やせ」という安易なことではなく、福祉・介護業界の在り方を改めて考え直し、利用者の幸せの追求を前提とした職員の幸せの追求を考えて財源の確保の方法を見直して欲しいという思いで書きました。
    ご指摘、ありがとうございました。