夜勤に出勤前の憂鬱な気持ちの理由は?

Pocket

夜勤.jpg
今から夜勤です。
出勤前にこの記事をかいているわけですが、
夜勤好きの私でもやはり出勤前は憂鬱です。
(スポンサーリンク)

スポンサーリンク

◆憂鬱な理由

日勤か夜勤かどっちがいい?
と聞かれたら
夜勤の方がマシ
というだけで
『夜勤嬉しいー』
『超ハッピー』
という心持ちではないわけです。

今日は特に夕方にロングショートの新規利用者が入所してきます。
『ロングショート』という謎のショートステイ利用法
の記事でも書いたように
ショートの本来の利用趣旨から逸脱している利用法です。
しかも夕方に入所っていうのは、
日中の様子もわからないし
看護師が帰ったあとだと薬のセットも出来ないし
入所時に行うボディチェックや荷物チェックもせねばならず
出来ればご遠慮願いたい時間帯なのですが、
利用者の家族がうちの職場の上の人の
知り合いだか縁故の関係で優遇されているようです。

そういったエコひいきは、
現場職員にも大きな負担を与えますし、
そもそも一般の利用者からしたら
エコひいきをしてもらえないのですから
正常な施設運営とは言えません。
居宅ケアマネも施設併設の介護支援事業所なので、
平等性や公平性や倫理や道徳もなく
上の人間の言いなりとなり
本来のケアマネジメント
などというものとは程遠いのが現状です。
しかも今日夕方に入所してくる利用者は
『夜間、不眠』
と書かれていました。
色々な利用者がいますので、
状態や現況も様々なのですが、
利用者の夕食の忙しい時間に入所してきて
『あとは夜勤介護士さんお願いね』
という丸投げ的なやり方はやめて欲しいものです。
『チームケア』ではなく『押し付けケア』になっています。
ということで、行ってきます。


介護職員ランキング

コメント

  1. Yuri より:

    私の勤務する特養にも特別扱いの利用者さんがいました。
    施設長の知り合いで、看取りはしないのにロングショート入所。
    余命1年の人を入所させてました。その後入院されお亡くなりになりました。
    今は、また別の施設長の知人がロングショートで入所。
    どちらも介助が大変です。施設長は何もしないからいいけど…ヽ(`Д´)ノプンプン

  2. 山嵐 より:

    >Yuriさん
    縁故とかコネで入所してくる利用者。
    私的な人間関係を会社や施設や職場に持ち込む図々しさによって犠牲を払っているのは現場の職員になります。
    結局はそういう『忖度』が必要なのは上の人間なのだと言えますね。