米朝開戦は差し迫っているのか?日本は日本を守れるのか?

Pocket

780.jpg
ここ毎日、北朝鮮のニュースが続いている。
北朝鮮はアメリカを挑発するだけでなく、
日本ごときは一瞬で焦土化できる
などと発言し、緊張が高まっている。

スポンサーリンク

◆トランプ大統領は激怒り

北朝鮮の発言について
アメリカのトランプ大統領は強い口調で警告している。

トランプ米大統領は、北朝鮮が米国への脅迫を続けるなら「世界が見たことがないほどの炎と怒りに直面する」と、これまでにない強い口調で警告した。その数時間後、北朝鮮はグアムへのミサイル攻撃を真剣に検討していると発表。
引用元:ロイター 8/9(水) 15:34配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170809-00010002-reutv-n_ame

多くの日本人からしたら、
・アメリカさんやっちゃえ!
・北朝鮮を焦土化だ!
・北朝鮮からの宣戦布告に応戦だ!

と思うかもしれない。
私も野蛮民族に対しては徹底抗戦するべきだと考えるのだが、
懸念しているのはアメリカに依存しすぎている我が国、日本だ。

◆日本は日本を守れるのか?

『アメリカさんやっちゃえ!』
というスタンスはドラえもんでいうところの
スネオではないだろうか。
正に虎の威を借る狐である。
『日本を一瞬で焦土化』
などという侮辱的で挑発的な発言を受けても
日本政府は
「まぁまぁ・・・そう言わずに」
「とりあえず国内の防衛に注意して・・・」
などという後手後手の姿勢しか示せていない。
アメリカ云々の前に、
日本に対して脅威・脅迫をしてくる外敵を
自国の力で排除し国民を守るということが出来ないのが日本である。

それは、憲法9条に謳われているように
非核三原則において交戦権のない
『農耕民族』
だからと言える。

その憲法9条改正については
様々な議論がなされているが、
未だ国民の理解を得られていない現状だ。
アメリカに依存しなければ
自国領土や自国民を守れない国家は
国家としての体裁をなしていないのではないか。
もちろん
戦争は無いに越したことはない。
しかし、北朝鮮のような危険国家が出てきた場合
日本はどうやって自国を守れるのか。
防衛システムが100%稼働したとしても
100%守れるわけではない。
要はサンドバッグ状態である。
防衛がいくら優れていても
一切、反撃をしてこない国家なんて
サンドバッグそのものであり、
怖くともなんともないのである。

日本はもっと根本的に
自国を守れる根拠と成り得る
法令の整備をしていかねばならないと感じている。
それは憲法9条をすぐさま改正しろ
という極論ではなく、
『反論』さえできない今の日本では
明らかにマズいぞ!
ということである。

(スポンサーリンク)

◆北朝鮮を侮るなかれ

たかが極東の野蛮小国ごとき、
いつでも潰せるだろうから
そんなに心配はしていない

と考えている人もいるかもしれない。
火星12だとか大陸弾道ミサイルだとか
日進月歩で進化、精密化している部分はあるが、
本当の脅威は北朝鮮のバックボーンにあると考える。
報道やニュースで一切流れないので
誰も気にしていないかもしれないが、
恐らく北朝鮮のバックにはロシア(露西亜)がいる。

北朝鮮 VS アメリカ・日本
という構図なら勝負は目に見えているので
楽観視していられるだろうが、
北朝鮮・ロシア VS アメリカ・日本
という構図ならばどうだろう。
戦力が拮抗してくるだけでなく、
地理的な状況において見ると
日本は相当危なくなる。
そしてそうなれば
『世界大戦』に突入する。
アメリカは北朝鮮ではなく
そのバックに見え隠れするロシアを気にしているからこそ
北朝鮮討伐を躊躇しているのだろう。
その関係性が信じがたい人は、
『北朝鮮 ロシア』
でググってみては如何でしょうか。
信じるか信じないかはあなた次第です。


介護職員ランキング