『下には下がある』劣悪な介護施設の実態とは?

Pocket

pawahara_man.png
私は現在、『ユニット型の特養』に勤務しているが、同じ会社の系列に『多床棟(従来型)の特養』がある。
滅多なことでは違う地域にある特養に異動になることはないのだが、同じ法人経営なので全く無いとは限らない。
異動のタイミングや理由は当然、無能な幹部陣が決めている。
無能経営者については
退職者続出の介護業界の経営者が無能な理由は?
の記事に書いている。

スポンサーリンク

◆『左遷』『島流し』と呼ばれている多床棟特養への異動

全ての『多床棟特養』が良くないと言っているわけではない。
私が在籍している法人内の多床棟特養が劣悪なのである。
同じ法人経営でありながら、
ユニット型特養と多床棟特養では
運営方針や環境やケアの質が全く異なる。
私が勤務しているユニット型も大概狂っているのだが、
多床棟の方はもっと狂っている。
約1年ほど前に、
ユニット型と多床棟から3人ずつトレードをする形の異動があった。
異動対象となった3人は
『左遷だ』
『島流しだ』
『行きたくない』

と上司に懇願し、
経営陣に直訴する機会を貰っていた。
経営陣は嫌がる3人に耳当たりの良い理由をつけて納得させたようだ。
・幹部候補として多床棟ケアも勉強して欲しい
・期待しているからこその異動なのだ
・住めば都というじゃないか

そう耳元でささやかれ
「そういうもんか」
と言いくるめられた3人は異動していった。
そして異動から半年が経った頃、
私は飲み会の席でその3人から状況を聞いてみた。
・環境は劣悪
・下拭き(お尻拭き)は亡くなった利用者等から寄贈された衣服を切り裂いてハイター消毒をして使いまわしている
・下拭きの枚数に限りがあるので1回1枚までしか使用できない
・1枚では大便が拭ききれない事があるが、そのままパッドで蓋をする
・消毒→洗濯→すすぎ→乾燥が間に合わないので消毒後に水ですすいで使用しているが、恐らくハイター液がまだ残っている
・パッドの枚数にも限りがあるため、納品前になると排泄交換を飛ばす、少量の失禁なら使いまわす
・だから殆どの利用者のお尻はサルみたいに真っ赤っか
・職員が足らず口腔ケアは毎食後出来ず、利用者の口臭がひどい
・錠剤の薬は全てスプーンで潰し粉状にして食事に混ぜて服薬させている
・全ての内服薬が粉状なので落薬や誤薬や服薬ミスがあっても隠蔽できる
・朝食の薬袋は夜勤者が夜間に全て開封しすぐに服薬できる状態にしている
聞いただけでも上記のとおりだ。
これが本当ならばヤバい施設だ。
「薬袋を夜勤中に開封って何故?」
と聞くと
「時間短縮のため」
らしい。
そんなに短縮にならないと思うが、
「封を開けておいたら、何かの拍子にこぼれたり落ちたりしない?」
と聞くと
「粉状に潰してあるから足でパパっと散らせば何も無かったことになる」
という現状らしい。
一切、薬関係のひやりやインシデントや事故報告は上がってこない。
事故報告が無い施設=良い施設
という方程式が成り立たないというのがこういう理由なのだ。
はっきり言って、
私が今いるユニット型の方がマシ
としか言いようがない。
しかし『マシ』というだけで『良い』わけではない。
何も働く上で
『マシかマシじゃないか』
なんて求めていないからだ。
『上見て暮らすな下見て暮らせ』が介護業界
の精神では悪循環しか生まれない。
(スポンサーリンク)

◆3人は意見や改善策を上司に進言したが却下される閉鎖的暗黒世界

異動した3人は正しいケアと正義感を持って
上司に色々進言はしたようだ。
・下拭きはリースを使用したらどうか(ユニット型はそうしている)
・毎食後、口腔ケアをすべき
・臀部・陰部を清潔に保てる陰洗等のケアの実施
・パッド類をもっと多く注文して欲しい
・薬はむやみに潰したり開封したりせずに適切に服用して貰う
全て当たり前のことだが、
「却下されました!」
と涙ながらに訴える。
・お金がない
・人員不足
・時間が無い
・今のままでいい

という回答だったようだ。
『幹部候補』とおだてられ
異動していった3人は口々にこう言った。
・戻りたいです
・辞めたいです
・絶望しかありません

そりゃそうなるだろう。
そして1人は『辞める』という方向で動いているようだが、
『辞めさせても貰えない』と嘆く。
施設長に直接話しをして、
「こういう劣悪な介護施設では自分のスキルアップにならないので
どうか辞めさせて下さい」

とハッキリ言ったようだ。
施設長の返答は、
「う~ん、いつになったら多床棟の良い所がわかってくれるのかなぁ?まだまだ勉強が足りないみたいだから、もう少し頑張ってみなさいよ」
というトンデモ発言だったという。
「ボクはチンパンジーと会話をしているのかと思い、自分の目と耳を疑いました」
と言う。
うちの法人内の多床棟特養は、
無能な経営者が仕切る劣悪な環境で、閉鎖的な暗黒世界だと言えよう。

◆そして現在は?

7月に法人内の異動があったが、
今回はユニット特養⇔多床棟特養
の異動は無かった。
(参照記事)
【2017年7月度の人事異動】実は社畜になっています
そして、約1年前に異動していった3人のうち1人は
8月いっぱいで辞めることが決まったようだ。
昇進・昇格については、
異動して行った3人は結局、平社員のまま。
そして、面白いことに
1年前に多床棟からユニット型へ異動してきた3人も同じように
・戻りたいです
・辞めたいです
・絶望しかありません

と言っている。
理由は、
・細かすぎる
・厳しすぎる
・余裕がない
・排泄交換の回数が多すぎる
・毎食後口腔ケアが大変

などなど。
何だか不思議なもので、
介護施設も色々
介護職員も色々
現場環境も色々
楽な介護、劣悪な現場に慣れてしまうのも困ったものですね。
残った2人も長いものに巻かれてしまうのか、
下見て暮らすのか、少々心配ではあります。


介護職員ランキング