『介護老人保健施設で3人死亡、2人入院』これは既に事件と言っても過言じゃない

Pocket

fa50759c-s.jpg
介護老人保健施設(老健)で、
入所の3人が死亡し、2人が入院していることがわかり、
県が立入調査を実施し、県警が事故と事件の両方で
捜査を開始したというニュースが流れてきた。

岐阜県高山市桐生町4丁目の介護老人保健施設「それいゆ」で7月末以降、入所する高齢男女3人が死亡し、2人がけがをして入院していたことがわかった。施設から連絡を受けた県は17日から立ち入り調査を実施。県警は事件と事故の両面で捜査を始めた。
 施設と県によると、12日夕、体調不良で救急搬送された入所女性(87)が、13日夜に死亡。肋骨(ろっこつ)が複数折れており、県警による16日の司法解剖の結果、死因は外傷性血気胸だった。
 7月31日には男性(80)が施設内で意識を失い、病院に運ばれたがまもなく死亡。また、8月6日深夜には女性(93)が施設内の居室で倒れているのが見つかり、7日未明に死亡した。女性は頭の骨が折れるなどしていたという。
 このほか、15日には女性(91)の肋骨が折れていることが判明。16日には別の女性(93)の胸にあざがあるのが見つかり、肺挫傷と診断された。2人とも入院しているという。
 施設を運営する医療法人「同仁会」の折茂謙一理事長は18日午前、記者団の取材に応え、13日に死亡した女性について職員の介護で入浴した際の事故との見方を示したが、「誰かが何らかの意図を持って女性を骨折させた可能性も100%排除できない」と述べた。「近接した期間に入所者の死傷が相次いだのは異常だと考えており、世間を騒がせたことをおわびしたい」と話した。施設には約100人が入所しているという。
引用元:朝日新聞デジタル 8/18(金) 11:48配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170818-00000026-asahi-soci

スポンサーリンク

◆入所者3人が死亡し、2人が入院する事態が続く時点で『事件』だ

県警は事故と事件の両面から捜査を開始している。
ひょっとしたら、たまたま残念な『事故』が続いてしまっただけなのかもしれない。
しかし、死亡者が3人、入院者2人、合計5人が連続して死傷するというのは、
もう既にそれは『事件』である。
死亡した3人のうち、
1人は肋骨が折れており、
1人は頭の骨が折れていたという。
入院した2人のうち、
1人は肋骨が折れており、
1人は胸にあざがあり肺挫傷と診断されている。
死因や入院の原因が『骨折』だったり、
外傷性のものばかりで、
素人目に見ても、
この介護施設での『身体的虐待』を疑ってしまう。
そしてそれは、施設を運営する理事長の言葉にも表れている。
「誰かが何らかの意図を持って女性を骨折させた可能性も100%排除できない」
ここで、
「うちの施設に限って虐待はあり得ない」
と言い切らなかったのは、状況を見ても明らかだし、
理事長といえども言い切れなかったのだろう。
不自然に5名もの入所者が連続して死傷する事態は、
・リスクマネジメントが活きていない
・未然の対応がなされなかった
・入所者の命を軽んじてしまった
という時点で『事件』と言っても過言ではない。

(スポンサーリンク)

◆介護事故・事件を減らしていくには

こういった類の事故や事件が続いている。
よく言われるのが、
・介護職員や福祉従事者の処遇の改善
だが、もっと突き詰めて考えて欲しい。
処遇や待遇を改善したからといって、
虐待体質や乱暴な職員や資質の無い職員が、
一夜にして劇的に変わるわけはない。
処遇や待遇を改善することによって、
資質の無い介護職員を排除していき、
それでも人材が確保できる状況を作り出すこと
が急務ではないだろうか。
人材不足だからといって、
誰でもかれでもウェルカム!
という現状に歪が生じ悪循環に陥っているといえる。

良いケアを実施したいと願う介護職員は沢山いる。
そういう人たちにとってこういう事件は逆風だ。
介護職員の資質やモラルや人間性を疑われてしまうからだ。
そりゃ、色々な利用者がいて、
介護現場では毎日が修羅場のようになっているでしょう。
しかし我々が訴えや希望をぶつけるのは利用者ではない。
事業所や行政、国に対して訴えていかなければならないのだ。
そういった使命感と希望を忘却・フタをし、
利用者に矛先を向けるのは完全に間違っている。
これからも、微力だろうと無意味だと言われようと
介護業界の発展と成長のために声をあげていきたいと思う。


介護職員ランキング