ナースコールは召使いを召喚する装置ではない

Pocket

病院や介護施設には必ずナースコールが設置されています。

設置が義務付けられているので、
・設置していなかったり
・手の届かない場所に置いたり
・鳴らないようにしている場合
は「虐待」ということになります。

※有料老人ホームは設置の義務はありません。

ナースコールとは、病院や介護保険施設などに設置されており、看護師や介護士などを呼び出す装置。 患者や要介護者が緊急時に呼び出すものとされているが、緊急時以外でなんらかの介助を要する際にも用いられる。

ナースコールは親機が詰め所にあり、呼び出されると患者と職員間での通話のやりとりができる。近年では、子機の導入を積極的にすすめている病院や施設があり、子機は一般的にペースメーカーを埋め込んでいる患者や医療機器への影響が携帯電話に比べ低いとされるPHSが用いられる。子機の使用により親機のある詰め所へ行かなくても建物内ならば職員がどこにいても対応できるメリットがある。

病院や介護保険施設などではナースコール設置が義務づけられている。有料老人ホームは設置の義務はないが安心を売りに自主的に設置するところもある。

引用元:ウィキペディア
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%AB

スポンサーリンク

◆ナースコールの設置目的や役割は?

設置の目的は基本的に「体調や気分が悪くなった」等の緊急時に、コールを押して職員に知らせたり通話をしたり呼び出したりする「最後の命綱」とも呼ばれる装置になります。

緊急性がなくても
・排泄に介助が必要な場合の呼び出し
・その他、援助が必要な場合

などでもコールで呼んでもらい対応します。

どちらかと言うと、緊急性の無い場合のコールの方が圧倒的に多いのが現状です。

そこまでは当然の目的で当然の役割なのですが、介護施設にはそれ(緊急時や援助が必要な場合)以外の目的でコールを使う利用者が多数いるのです。

◆ナースコールは召使いを召喚する道具ではない

介護施設には認知症の利用者も多数いるので、訳が分からず押してしまったり、おもちゃのように握りしめている利用者もいるのは確かです。

それはそれで

「認知症なのだからしょうがない」

と割り切れることもあります。

※但し、本当にそういう状況が頻発して事業所が何の対策も講じない場合は、割り切れませんし対応に苦慮します。

特に問題となるのは、認知症ではなく、何度もナースコールを押し職員を呼びだすクリアな利用者です。

「(自分で出来るのに)落ちた物を拾って欲しい」
「(自分で出来るのに)カーテンを開けて欲しい」
「鳴るかどうか試してみた」
「暇なので話し相手が欲しい」
「何度もコールを押して職員を呼びだしておきながら「押していない」と言う」
「職員をコールで呼び出しておいて寝たフリ」

等々。

まるで、介護職員を召使いか奴隷の如くナースコールで呼び出すのです。

親機や子機(PHS)で通話も出来るのですが、大体殆どの利用者は会話になりません。

「スピーカーとマイクの精度の問題」もあるでしょうし、そもそも「高齢者は耳が遠い人が多い」ので、スピーカーごしの通話では会話が成立せず訴えがわからなかったり、訪室するまでコールを押し続ける利用者もいるので、結局は訪室することになります。

「介護職員なのだから、全ての訴えや呼び出しに対応するのが当たり前」

という「召使い(奴隷)制度」はそろそろヤメにして頂きたいと思う次第です。

自立支援の観点からも「自分で出来ることは自分でしてもらう」方針のはずです。

その反面、「寄り添うケア」を行っていく方針もあるため

「寂しい」

「話し相手が欲しい」

という訴えやコールでの呼び出しにも対応していくのが介護職員ということになります。

しかし、残念ながら職員1人で20人近い利用者をケアしている夜間では不可能に近いのです。日中でも単純に職員1人当たり約5人~10人の利用者のケアを行っており、「個別ケア」だとか「ユニットケア」だとか「寄り添う介護」というものは環境的に存在していません。

日中でも、もっと厳密に言うと

・職員のうち1人は入浴介助
・もう1人の職員が他の利用者の対応中

という状況の中では、頻発するナースコールの対応に苦慮しているのが現状になります。

ましてや、いたずらコールは本当にヤメて頂きたいです。

「いたずらかもしれない」と思っても、業務上、介護職員は駆けつけます。

キラキラ系職員に言わせたら

「いたずらコールでも、隠された訴えがあるはずだからそれに寄り添うのが介護職員だ」

「利用者はコールすることで自分の存在確認を行っているのだから、受け入れるべきだ」

などという思考になるのかもしれません。

しかし、社会通念上「誤報は良くないもの」という認識があるはずなのですが、介護業界においてはそういった常識が通用しないのであれば

「介護業界は類まれなる摩訶不思議な業界」

「介護業界は常識を逸脱した非常識な業界」

ということが言えます。

現状の「人員配置基準に相当無理がある」ので介護職員は召使いのように走り回っています。

これは自己犠牲以外のなにものでもありません。

利用者に
「自分で出来ることは自分でして下さい」
「いたずらで呼ぶのはヤメて下さい」

と何度も丁寧に伝え説明しても再び同じ事でコールしてしまうのは、短期記憶の低下もあるのでしょうが、高齢者特有のアレもあるのだろうと思います。

「アレ」についてはここでは詳しく述べませんが

介護職員は「ケアスタッフ」なのであって「召使いや奴隷」ではないことは紛れもない事実なので、ご承知おき願いたいと思います。

◆召使い制度を改善していくには

利用者にナースコールの目的や使い方を丁寧にレクチャーしたところで、上に述べたように結局状況に変化がないのは確かです。

その方法で改善するなら、どこの施設でもナースコールに苦労はしていないでしょう。

改善策案を考えてみました。

ナースコールに総量規制を設ける

ナースコールに総量規制を設け、一定の回数や頻度を超えると、鳴らないようになったり、ボタンがもの凄く硬くなる規制方法です。

しかし、これでは本当の緊急時にコールが鳴らないという事態が起こりかねず「鳴らない設置方法」は「義務違反=虐待」となり、本来の目的や役割を見失ってしまうので現実的ではないですね。

ナースコールを課金制にする

ナースコールを課金制にすることで、コールを押すごとに料金が発生します。

実際、有料老人ホームでは課金制の所もあるようです。

契約の段階で、本人と家族に理解して頂いた上で課金制を導入し、その幾らか(若しくは全て)を介護職員に手当としてつけてくれれば素晴らしいシステムだと言えます。

ただ、認知症者の多い特養等の介護施設では、利用者が無意識だったりわけもわからないままコールを連打してしまうことがあるので、そういう場合には多額の課金が発生することになり「人道的にどうかな」とも思います。

いやしかし、今まで召使いのように扱われてきたことを考えれば、「それだけの苦労にはそれなりの対価を頂いて当然」という思いもあります。

人員配置基準を見直す

現在の人員配置基準は甘すぎます。

ユニットケアでは「1人の職員に対し3人の利用者」が基準とされていますが、実際はそれはまやかしです。

何故なら、その配置は「ユニットに所属している職員全員で割り当てている計算式」だからです。

つまり、
・公休や有給の職員
・看護師、准看護師

も「1人の職員に対し3人の利用者」という配置人数に含まれています。

現に出勤していて現場に立っている職員の配置ではなく、所属している職員を利用者の人数に割り振った計算式なのです。

実際に出勤していて現場に立っている職員の人数はせいぜい3人~4人です(最近は4人も現場に立っている状況はほぼ無くなってくるほど人員不足ですが)。

仮に職員4人で20人の利用者をケアした場合、1人の職員に5人の利用者が割り当てられていることになります。

『ナース』コールというくらいなのだから、ナース(看護師)がコール対応をしてくれれば嬉しいのですが、介護施設においては介護職員以外がコール対応をすることはあまりありません。

「現状では人員配置基準が正常に機能していない」

「介護職員の負担ばかり多いおかしな人員配置基準」

となっています。

今後、現に出勤し現場に立っている職員で

利用者数:職員数=3人:1人

の比率が遵守出来るよう義務化をして欲しいと思います。

そもそも、「個別ケア」などと謳っているのですから「3人:1人」でもおかしな話です。

本当に「個別ケア」を実現させようとするのならば、「1人:1人」の配置は必須になります。

その基準が守れない場合は、

・利用者の受け入れを制限
・施設規模縮小や倒産

をしていけばいいと思っています。

◆まとめ

介護施設、福祉事業だからといっていつまでも介護職員の自己犠牲に甘え、経営手腕のない経営者がのさばる時代はもう終わりが近づいています。

経営能力が高く、職員も利用者も大切に出来る事業所のみが切磋琢磨、企業努力を重ねながら存続していくのが本来の民主主義だと言えます。

そして同業他社と競合・競争していくことで益々磨きのかかった福祉経営と質の高いケアの提供が出来るのです。

介護職員を召使い化しているナースコールについては、利用者個々の問題よりも、国や行政や事業所等の業界全体で対応を考えていく必要があります。

たったそれだけのことを改善するだけで、介護職員にとって現状より格段に働きやすい環境になります。

介護職員が働きやすい環境を整備するということは
「利用者にも安心して生活しやすい環境を作り出すことができ、本当の意味で幸せを追求し提供していける」のです。

【関連記事】

何故、『職員が幸せになれば利用者も幸せになれる』のか、を考察していきたいと思います。 ◆『職員の幸せ=利用者の幸せ』の大前提 ま...