【2017年10月の人事異動】またユニットリーダーが辞めていきました

Pocket

harada201407100005.jpg
今日から10月です。
朝夕はめっきり涼しくなりました。
3か月前の7月にも人事異動がありましたが、
本日付けの10月1日にも人事異動がありました。
【参考記事】
【2017年7月度の人事異動】実は社畜になっています
今回は人事異動というよりも
『ユニット編成』という名の異動になります。
『人事異動』と『ユニット編成』の違いは、
人事異動は法人全体で幹部が決めるのに対して、
ユニット編成は介護職員だけがユニット間を異動し主任・係長・課長が決めます。
しかし異動は異動です。
介護施設の人事異動は滅茶苦茶
の記事で書いたように、
やはり3か月スパンで異動が行われています。

スポンサーリンク

◆今回の異動の理由

9月末でまた一人『ユニットリーダー』が退職しました。
歳は私より下ですが、
職歴は私より数か月先輩で
昨年一緒にケアマネ試験に合格し、
実務研修も一緒に受講してきた仲間です。
そんな、
介護福祉士で
ユニットリーダーで
ケアマネ資格者が

退職していきました。
ユニット型特養の場合、
ユニットごとに常勤のユニットリーダーを配置することが義務付けられているので、
ユニットリーダーが辞めた場合、その穴埋めが必要になります。
以前の記事に書いたように
リーダーが辞める→サブがリーダーになる→リーダーが辞める→サブがリーダーになる
という無限ループによる異動が行われたわけです。
勿論、職員が一人いなくなるので、
サブリーダーをリーダーに上げるだけではなく、
スタッフの能力やパワーバランスを考えて
ユニット編成が行われるのです。

◆セクハラスタッフが異動、補充は無し!

今回、私のユニットであるショートステイから
セクハラスタッフが特養に異動になりました。
セクハラスタッフについてご存知ない方は、
下記シリーズをご参照下さい。
【セクハラシリーズ】
節操の無い程度の低い介護職には鉄槌を(1)
節操の無い程度の低い介護職には鉄槌を(2)
節操の無い程度の低い介護職には鉄槌を(3)
節操の無い程度の低い介護職には鉄槌を(4)
節操の無い程度の低い介護職には鉄槌を(5)
厄介払いが出来たと思うものの、
人員の補充が無いので今月の勤務はかなりキツキツです。
残業しない日はないのではないかと思うくらい、
日中に二人しか職員が居ない日も何日かあります。
しかし、残業しても職員の数が増えるわけではないので、
実際には『苦しい勤務が長く続く』という誤魔化しでしかありません。
スタッフ不足を残業で凌ぐことは、
何の解決にもなっていないし、
何とか乗り切っても
「少ない職員でも回せる」
という変な誤解を与え
益々、介護職員の労働環境の悪化を招く悪循環でしかありません。
正に『生かさず殺さず』の状況を生み出してしまうのです。
(スポンサーリンク)

◆ユニットリーダーなのに退職した理由

ユニットリーダーまで上りつめたのに
何故、退職をしてしまうのでしょうか。
ユニットリーダーという謎のポスト(前編)
ユニットリーダーという謎のポスト(後編)
上記の記事に書きましたが、
ユニットリーダーというポジションは、
キャリアパスの観点からも摩訶不思議なポストです。
『役職』というよりは
『役割』に近いものがあります。
辞めていったリーダーも
私と同じような行き詰まり感を感じていたに違いありません。
ケアマネ資格まで取得したのに、
先が見えないのです。
そんな彼の転職先は、
グループホームのケアマネ兼介護職員
のようです。
なるほど、賢い選択をしたのかもしれません。
ケアマネも出来て介護職として夜勤も出来て
収入は今よりアップするようです。
収入アップ=良い転職
と言い切れるかは別として
『収入を下げずに資格を活かせる』
という点は秀逸な選択と言えるでしょう。
などと考えていましたが、
『収入が下がる資格って何なんだ』
という致命的なことに目を向けなければなりません。
ケアマネになると年収が下がる摩訶不思議な介護の世界
の記事で書いたように、
ケアマネになると収入が下がるのです。
合格率13%の試験に合格し
87時間にも及ぶ研修を受けて
やっと手にしたケアマネ資格なのに、
資格を活かすと収入が下がるのです。
介護業界自体が、
『狂っている』としか言いようがありません。
・狂った業界で働いているのだからしょうがない
・介護業界に足を踏み入れた自分が悪い
・いくら考えても訴えても無駄

そういう声が飛んできそうですが、
『狂ったものは淘汰されるべき』
だと私は思っています。
『淘汰』していくには
訴え続けていくしかありません。
経営能力のない介護事業所は
容赦なく潰れていく時代が来ています。
必要なのは、
会社や事業所や施設に依存することではなく、
ひたむきに自分のスキルや能力を磨き
どこでも通用する自分を創り上げることではないでしょうか。

◆そしてまた3か月後…

恐らくまた『人事異動』という名の『ユニット編成』があるでしょう。
次は来年の1月が濃厚です。
人間の感情が日々変化しているように、
私もどうなっているかはわかりません。
労働環境や処遇がどうなっているかもわかりません。
不透明で先が見えないまま運営されているのが施設経営です。
そしてそれが介護業界なのです。
またブログで報告していきたいと思います。


介護職員ランキング

コメント

  1. デイちゃん より:

    グループホームは9人だし、ホームによっては手のかからない人しかいないところもあるので、基本楽ですよ。
    1ユニットに計画作成者が一人いなきゃいけないから、ケアマネ資格持ってる人は重宝されますし。
    知り合いの人は、グループホームで働いていますが、入居者が身体的に自立した人ばかりで、夜勤とか何もすることがないって言ってました。定期巡回した後はケアプランをしゃしゃっと作って終わり。
    管理人様も、ショートからグループホームに行ったら、「え?何この楽さ?」ってなるかもしれませんね。
    そのやめていった人に、職場の状況を聞いてみてはどうでしょう。

  2. 山嵐 より:

    >デイちゃんさん
    そうですね、狙い目かもしれませんね。
    また聞いておきます^^
    ありがとうございます。