福祉業界の福利厚生はまだまだ女性目線

Pocket

illust2191.png
女性の社会進出をフォローしたり推進するために
『男女雇用機会均等法』
が謳われて久しいですが、
当然、性別によって身体的な機能や性質や脳の使い方は異なるものの
男女は平等であるべきだと思います。
しかし、福祉業界・介護業界というのは、
元々が『女性社会』であるため、
他の職種や業界とは違ったアプローチが必要だと思うのです。

スポンサーリンク

◆男性スタッフも増えてきているが、まだまだ女性社会

近年、福祉業界にも男性が進出してきていますが、
割合で見るとまだまだ女性の方が多いです。
男性は力仕事には重宝されるので、
歓迎ムードは感じます。
しかし、やはり女性社会の中に飛び込んだ形が払拭しきれないので、会社組織の運営や方針や業界の在り方に違和感を覚えることが多々あります。
・感情で指示や方針を決める
・いじめやパワハラが陰湿
・政策やプロジェクトや福利厚生が女性目線

などがあります。
今後、性別を問わず男性スタッフにも門戸を広げて人材の募集をするならば、それに合わせて職場環境の快適化や福利厚生を充実させていくべきです。

◆福利厚生の充実は女性目線ばかり

福祉業界の発展と繁栄のために、
福利厚生に力を入れているのは
良いことだと思います。
・産休・育休の取得
・勤務時間の短縮
・託児所の併設

などが最近は充実してきており、
『益々、女性進出がしやすく働きやすい職場環境』
が整備されつつあります。
私も、職場の会議などで
「こんなに福利厚生が充実して働きやすい環境を目指しています」
という内容のことを聞くのですが、
いつも腑に落ちません。
何故、腑に落ちないのかを考えてみると
それらが全て
『女性職員に対するものばかり』
だということに気づきました。
もちろん、育休は男性でも取得できますが、
収入面や取得する要件を考えると
必ずしもメリットがあるとは思えません。
そもそも、
『独身職員』にとっては
全く何もメリットがありません。
正に捨て置かれた気分でしょう。
元々女性社会である福祉業界なのですから、
逆に男性や独身のスタッフに向けた福利厚生に目を向けていく
というアプローチが企業努力ではないでしょうか。
(スポンサーリンク)

◆男性にも福利厚生の充実を

『働きやすい職場環境』を目指すなら
全ての職員を対象にすべきです。
普通あるべき
・各種社会保険の加入
・有給休暇の取得
・共済会等の加入

以外に男性にメリットがある福利厚生があるでしょうか。
リフレッシュ休暇かお誕生日休暇を取り入れている事業所もあるかとは思いますが、あまりポピュラーではありません。
私の職場にもそれらはありません。
男性が働きやすい職場環境とはどういうものでしょうか。
・無料又は格安の社員食堂の完備
・社員寮の完備

などがあれば、男性のみならず独身の職員にはありがたいのではないでしょうか。
女性が多いから女性のための福利厚生はわかるのですが、今後活躍が期待される男性職員にも何かメリットが欲しいものです。


介護職員ランキング

コメント

  1. デイちゃん より:

    こんにちは。
    いや~、女の人って、男よりかなり大変だと思いますよ。
    まず生理痛がかなりつらいみたいです。毎月くるし・・・。仕事は肉体労働なので、余計につらいみたい。
    女は産休、育休があって・・というけど、出産は死ぬほど痛いし、育児はノイローゼになるくらい追いつめられます。
    なので、むしろ女の人には、手厚くいろいろなサービスがあったらいいのにな・・と思うんです。
    最近は、男でも、育休とか取る人がいるけど、はたしてどこまで育児をしてるんでしょうね。
    子供から目を離せなくてトイレにも行けないんだけど・・・って、かなりストレスです。
    女性に優しい制度って、女性が多い職場じゃないとなかなかできないし、ま、男は生理や妊娠、出産がない分、ちょっとがまんしようかな・・・的なね。
    もちろん、介護職は、全般的にもっと待遇が改善したらいいなあ、とは思います。
    人にやさしくする仕事なんだから、もっとやさしくされたいですよね。(笑)
    個人的には、「介護職は社会保険料を払わなくても払ったことにしてあげる」とかだといいなって思いますが。(笑)

  2. 山嵐 より:

    >デイちゃんさん
    弱い立場の人が政策や特権によって力関係が均等じゃなくなる逆差別問題があります。育休中の給料は支払われるのか支払われないのかは事業所によるところがありますが、無収入では生活をしていけません。
    女性の方が大変とか、男性の方が大変とかという勝負をしたいのではなく、皆平等に働きやすい労働環境が欲しいものですね。

  3. ポポ より:

    性別に関係ない福利厚生が充実して欲しいですよね。
    だけどこれだと結婚してる男性にメリットあるのかなーと!実際書いてある通りに男性は育休取りづらいし、結婚してたら社員寮は狭いくて利用しづらい。食事に関しては子供や夕飯の残りをお弁当で持たされるし、結婚してる男性も色々大変だと思います

  4. 山嵐 より:

    >ポポさん
    おはようございます。コメントありがとうございます^^
    既婚男性も色々大変ですね。でも例え残り物でも弁当を作って貰えるなんて、それはそれで幸せなのかも(笑)

  5. めど立てたい人 より:

    表現上仕方がありませんが、安易な男vs女と受け止められそうでそのような反応はありませんか?
    別の方のコメントを応用すれば、これは「既」婚女性と「未」婚女性の福利厚生の差と考えてほしいですね。
    もっとはっきり言えば、「子」の有無で権利自体が使えない訳ですから。
    年金的な考えをすれば、その会社に勤続して(女性の)福利厚生を使えた女性と子育てが終わってから同じ会社に勤めた女性では、後者には、あってないような福利厚生なのでここでも差ができています。
    他の業界は男社会だから女性の福利厚生や配慮が少ないかもしれません。だからと言って、男性が優遇されているかと言うとそうでもありません。
    就業規則を比べれば、正直違いはありません。ただ、介護(=福祉?)は女性の福利厚生は女性が所得するものだ!と明示している点が違うでしょうか・・・(企業による)
    これ例えば、産休育休制を官民で廃止して、1年の有給休暇を老若男女に付与としたらどうでしょうか?まぁ、ただでさえ有給のとりづらいサービス業なんであくまでも例え話です。

  6. 山嵐 より:

    >めど立てたい人さん
    そうですね。おっしゃるように詳細に分析していくと男女の別の他に、①未婚子なし②未婚子あり③既婚子なし④既婚子ありがあり、更に子育て中とか子育て後とか結婚予定ありなし、出産予定あるなし等、様々な分類に分けて考えられますね。
    365日の有給休暇ですか、欲しいですね。取りづらいとか連休後に出勤したくない気持ちになってしまうかもしれないので、有給を会社に買い取ってもらうシステムも法整備で義務化してくれたら良いな、と思います。