1点に固執せよ!介護支援専門員(ケアマネジャー)試験当日の心構え

Pocket

さて、本日2017年(平成29年)10月8日(日曜日)は、
介護支援専門員実務研修受講試験(ケアマネ試験)当日ですね。

受験される皆様はドキドキでしょうが、
泣いても笑っても今日が本番なので
悔いの無いように思いっきりやりましょう!

スポンサーリンク

◆とにかく1点にこだわれ

毎年、1問目は複雑怪奇な難問が出題される傾向にあります。
平成28年度(第19回)ケアマネ試験【第1問目】考察
の記事にも書きましたが、
『ハロー効果』を狙った出題方法だと思われます。

私も昨年第1問目は間違えましたが、
合格できました。

ですから、1問目でボディをえぐるようなパンチを入れられても
・焦らない
・グロッキーにならない
・倒れない
・諦めない
・くじけない
・頭を抱えない

ということが本当に大切です。

必ず最後の問題までやりきって下さい。

そしてもうひとつ重要なのは、
『1点(1問)に固執して下さい!』

たかが1点、されど1点。
その1点が合否を左右します。
1点に笑い、1点に泣くのです。

これは試験終了後に、
自己採点をした時に身に染みてわかります。

たった1点でボーダーラインの足切りをされるかもしれないという恐怖は
夜も眠れないストレスになるのです。

その1点も、冷静に考えれば正答できる問題を落としてしまいがちなので、
・自分の実力なら正答できる問題
・他の受験者も正答しやすい問題

は特に確実に正答するよう心掛けましょう。

◆試験後は自己採点を必ずしよう

ネット上で当日中には、
各専門学校や予備校などで『解答速報』が出ます。

体が痺れる感覚に襲われながら、
昨年私も自己採点をしました。

ここ数年のボーダーラインよりも
大きく上の点数なら安心できますし、
大きく下なら諦めがつきます。

しかし、私も含め、
多くの受験者はボーダー前後の点数をウロウロしています。

悔やんだりストレスで眠れなくなったりしてもしょうがないのですが、
やはり合格基準点の発表が気になるのは当然です。

だからと言って自己採点をしないのは、
もっとストレスを感じるはずです。

2017年(平成29年)11月28日(火曜日)の合格発表まで
短いようで結構長いです。

自分を省みるためにも、
今後の計画を立てるためにも、
長いようで短い約2か月間で
心の整理をし、有効に時間を使うべきです。

◆ネット情報は便利だけど注意が必要

私の経験上、
約2週間くらいはモヤモヤして
毎日ネット上の情報などを確認していましたが、
段々と平常心を取り戻し、
やりきった自分を受け入れることが出来ました。

ここで注意したいのは、
ネット上には様々な情報が飛び交うのことで振り回されたり惑わされて平常心を見失わないようにすることです。

合格発表前にボーダー予想をするサイトもありますし、
『神』と名乗る人がもっともらしいボーダー情報を流していたりします。

そういう情報が数限りなく流れてくるので、
受験生たちはそれを見て一喜一憂します。

しかし、本当のボーダーは
平成29年11月28日にならないとわからないので、
惑わされないようにしましょう。

◆落ちたら落ちた時

「受験する前から落ちること考えるバカがいるかよ!」
とビンタが飛んできそうですが、
(このネタはわかる人だけわかって下さい)
実際問題、ケアマネなんて大した資格じゃないので
あまり気にする必要はないかと思います。

しかし、折角お金と時間を使っているのだから
合格するに越したことはありません。

ケアマネ資格のしょうもなさは今回は書きませんが、
・ケアマネの収入の記事一覧
・ケアマネ(実務研修)の記事一覧
・ケアマネ(独立開業)の記事一覧
上記カテゴリの記事を参照して頂けたらと思います。

落ちたら落ちた時です。
クヨクヨしてもしょうがありません。

但し、くどいようですがもう一度言います。
『1点には固執して下さい!』

受験される皆様が合格されますことを、心よりお祈り致しております!!