【介護業界】ここまで人員不足だと利用者よりも自分を守ることが優先される

Pocket

youtsu_man.png
頑張っている職員や中堅のユニットリーダーが辞めたり、夜勤明けの職員が帰宅途中に交通事故に遭い休職したりしているので、人員不足に拍車が掛かっています。
【参考記事】
8月末で退職する女性スタッフが涙した理由は
【2017年10月の人事異動】またユニットリーダーが辞めていきました
夜勤明けの職員が事故して入院したので人員不足に拍車が掛かる
私のショートステイユニットでも、
通常5人の職員で業務を回す所が、
4人いればマシな方で、
3人しかいない日が月の8割を占めています。
2人しかいない日も何日かあります。
今月末には、特養ユニットの女性介護職員が、寿退社で辞めていくようです。
どんどん職員が減っていくので、
現場は修羅場のようになっています。
応援を頼みたくても、
どこのユニットも人員不足なので、
『応援依頼』どころか、
応援として引っ張られていきます。
ですから皆が残業をして、
なんとかやっと回しているのですが、
明らかにスタッフ達は疲弊しています。

スポンサーリンク

◆利用者を守るどころではない

スタッフ全員が少ない人数で疲弊、消耗、摩耗しながらなんとか業務を回し、身体も精神も酷使している状況なので、悪循環が加速していきます。
・休憩が取りづらい
・有給休暇を取りづらい
・頑張った職員から先に潰れていく
・利用者へのケアの質も量も落ちる

そんな状況がわかっているのに、何の対策も講じない上司や管理者や幹部や経営者は『センスが無い』を通り越して『無能』です。
【参考記事】
退職者続出の介護業界の経営者が無能な理由は?
先日、食事のワゴンをユニットに運んできた厨房の職員が、
「廊下でおばあさんが血を流して倒れていますよ」
と言うから慌ててユニットから出て確認すると、
特養ユニットの女性利用者が頭と鼻と頬から血を流し倒れていました。
すぐに特養ユニットの職員と看護師に報告し、救急搬送になりました。
幸いなことに、命に別状はなかったようで病院で処置後に帰って来られました。
ユニット職員はその利用者がユニットから出て行ったことに気づいていませんでした。
2人で20人の利用者をケアしているのですから、当然あり得ることです。
しかし『事故報告書』には
・人員不足のために起こった事故
とは書けないでしょう。
上の人間が許可しないからです。
・介護職員が見守りを怠ってしまった為の事故
という扱いになると思います。
実際は『怠っていた』わけではないですが、建前上とは言え、結局は介護職員に責任が来てしまうのです。
人員不足が解消されないので、
休憩も有給も取りづらいです。
そして自己犠牲を払い、
頑張っている職員から先に潰れていきます。
・身体の不調(腰痛や精神的なもの)
・疲労した体での通勤中の事故

今いる職員が潰れれば、
更に人員不足になり、
業務がどんどん回らなく悪循環が発生しています。
そういう修羅場の日常の中では、
利用者を守るよりも自分を守ることを優先しなければ、何のために働いているのかわからなくなってしまいます。
潰れてダメになってしまう為に働いているのではないのです。
(スポンサーリンク)

◆「自分を守ることを優先」するように指示している

私は一応、ユニットリーダーなので、
うちのユニットのスタッフには、
「自分を守ることに専念するように」
と指示を出しています。
・無理な事はするな
・しんどい時は「しんどい」と言え
・休憩も有給もどんどん取れ
・自分の身体は自分で守れ

と伝えています。
有給休暇を取られると、
益々勤務状況は厳しくなりますが、
「有給を取ろうが取らまいが、どうせ回らないんだからどんどん取れ」
と言っています。
スタッフからの評判は良いですが、
上の人は苦い顔をしています。
また、リーダーを下ろされていまうかもしれませんが、私も「自分を守る事に専念」して働きたいと思います。
【参考記事】
ユニットリーダーという謎のポスト(前編)
ユニットリーダーという謎のポスト(後編)
【関連記事】
介護職員に大切なのは『自分を守る』こと


介護職員ランキング

コメント

  1. デイちゃん より:

    そうなんですか・・・お疲れさまです。
    そうなると、スタッフが全員いなくなって完全崩壊・・・とか、いきつくとこまでいきそうですね・・・。
    私は、スタッフが少ない時は、事故になった時いかに正当な理由を主張できるかを常に考えて行動していました。「私はこの人の介助をしていたので、そっちは見れませんよ」的な。
    「人がいないなら、呼んでください」とか、バカみたいに言う人がいるけど、人を呼んでる間に利用者が転倒しちゃうよね。そんなこともわかんないんだね。
    で、私のデイは、配置基準以下の違法な人員配置になってるんですけど、管理者は午前中に入浴介助に入るんですよ。
    管理者は、先月はサボりまくってたんだけど、それを見た支店長が「デイは人が余ってるんだろ?」と思ったらしく、相談員を一人減らしたんですよね。
    で、管理者はまた現場に入らなきゃいけなくなったわけ。
    重度の機械浴8人しなきゃいけないけど、それ以外にも個浴が6人とか、一般浴でも20人いて認知症の人は着替えとか見ないといけないから、結構な手間なわけで。
    それを事故トラブルなくやりこなすのって、数々のテクニック・・というか裏技が必要なんだけど、管理者はできないからね。
    きっと、「こんなにしんどかった!?」って思ってるでしょーよ。(笑)
    ま、管理者が、自分が入ってできないってわかれば、あるいは自分が事故を起こせば、「これじゃ無理かな?」って、人員配置とか、考えなおすかもしれないけど。
    管理人様の施設は、施設長は現場に入らないから、現場が地獄だろうが関係ねえって感じなんでしょうね。
    そういう意味では、現場に入らない人がトップにいると、いつか崩壊しますね。
    私も、今までは、最大勢力最高難易度の火曜日に入って、めんどくさい利用者を事故トラブルなくやりこなしてきたんですけど、次の月からは、極楽デーのみの勤務にしました。しかも地獄デーに有給出してるし。(笑)
    管理人様も、体や心を病まないように気をつけてください。
    管理人様のスキルならば、どこでも引く手あまたですから。
    心が闇にとらわれる前に、極楽施設に転職される方がよろしいかも。

  2. 山嵐 より:

    >デイちゃんさん
    お疲れ様です。いつもコメントありがとうございます(*^^*)
    どこも色々大変ですね。
    もし私が転職するなら、グルホのケアマネ兼介護職員にしようかなぁ、なんて思っているのですが、実際業界自体が変わらないとどこも結局同じような感じかなぁ、とも思っています。
    今度、グルホに転職して行った元同僚と飲み会をセッティングしたので、様子を聞いてみようと思います。

  3. デイちゃん より:

    そうですか。他のところの話も、聞いてみたらいいと思います。
    私は、老健特養有料グルホデイ訪問など、いろんなところに行ったんですけど、ピンキリでした。
    行ったグルホは、利用者さんが面白い人ばっかりで。
    ババ抜きをしたら、いつまでたってもババがなくて、ふと見るとババを捨ててるし!「あ、絵がジャックと似てるから捨てたんや」とか言って大爆笑。
    その後、なかなかペアがそろわんな~って言ってたら、5と7とか全然あってないのに捨ててる人がいて、「めんどくさいから捨てたんや」って言ってまた大爆笑。
    今日は書道で梨って書きましょうって、書いてたら、いつの間にか「利子」になってて。「梨のつもりが利子になってしもうた~」って、大爆笑。
    その他の日も、卓球をずっとしたりとか。
    娘さんが先に亡くなった方を、みんなではげましたりとか。
    近くのスーパーに歩行訓練と称して買い物に行ったりとか。歩くとき手をつないだら、「この子、やさしいんや」って言ってくれて。
    老健でオムツかえようとしたら、かみついてきたあの人たちは、なんだったんだろう・・・まぼろし?
    介護ってこんなに楽しいことなの?って感じでしたが。
    管理人様だと、入居施設の経験もあるし、グルホなら余裕だと思います。
    夜勤して、ケアマネの資格手当がつけば、収入もまあまあなんじゃないかなって思うんですが。
    個人的には、これからインフルとかノロとかのリスクもあるでしょう。なのでお早めに次のところに旅立たれては・・・と思うのですが。
    体を壊しても、施設は責任をとってくれませんしね。

  4. ふう より:

    毎日ご苦労様です。初めまして。
    ふうと申します。
    過去のブログ読ませていただきました。
    親が要介護5で施設にてお世話になってます。
    せめて職員の方々にお礼の気持ちて訊ねた時にはお菓子を持参位しかできません。
    親が一人暮しとなり認知症になる以前に遠距離の為、何度も何度も将来の話について説得しました。
    一緒に住むか?簡単な見守り携帯を持つとか。
    しかし年を取ると頑固と我が儘、現実逃避なのか?家への執着心も強くこちらの心配を解ってくれませんでした。
    あっというまに認知症は進み体力衰え今に至ります。
    私自身難治性の疾患を抱え専門医に何ヵ所も通院の生活を若い時より送っている為、自宅での介護は大変難しく何よりも遠距離を移動させて認知症の親を連れてこれる状態ではありませんでした。
    もう長いこと実家管理兼ねて親の面会と遠距離を往復生活です。
    自宅介護や介護職員の方から見れば楽な方だと思います。
    恵まれてると思います。
    しかし遠距離はあらゆる面でお金がかかります。遠距離だと行き帰りだけで直ぐにとはいきません。
    後見人もお金持ちには便利な制度ですが庶民には何の役にも立ちません。
    解る方なら知ってると思います。
    ですので家族に協力理解してもらい自力で管理しております。
    認知症の現実や介護の現実を知らない親戚はあんな所に入ったから更にボケたと言います。今は慣れました。笑
    今思うのは尊厳死、安楽死、真剣に考えるべきなのではないかと。
    これについてはとても難しいところだと解ってはおります。リビングウィルのような本人の意思でとは、また違った問題だと思います。
    昔の親とは別人、何も出来ず好物も食べれず興味も無く、趣味多芸だった親が一日何もせず四角い部屋で寝ているか車イス。
    虚しくて心から涙が出ます。
    たまに夢に昔の母が出てきます。
    でもとても残像というか不安定な母なのです。
    どうせ早く終りたいからだろうと捕らえる人もいるでしょう。冷たいと言う人も。
    これまでの母の人生を思い返すと
    心の涙が出るのです。
    安らかに死にゆく選択とはいけないのでしょうか。
    人は生きてるだけで良いという話をされる方もいます。
    どちらがと決めるのでは無くて選択肢があるのはいけないのでしょうか

  5. 山嵐 より:

    >デイちゃんさん
    なんと!楽しそうな職場じゃないですか^^
    転職して今までダークな雰囲気が漂っているこのブログが一転してポジティブキャンペーンなブログになったらどうしましょう(笑)
    いや、しかし、転職して環境改善ができても介護職員の収入はもう少し考えて欲しい問題ですね。

  6. エカ より:

    初めてコメントします。
    40代なかばで介護福祉士です。
    特擁、有料、グループホームで勤務してきました。
    今、介護以外の仕事を探していますが介護業界からの転職は年齢的にも厳しく、結局、介護業界しかないのか。悩んでいる所、こちらのブログを拝見させていただき、とても共感しました。
    おかげで給料が下がってでも65歳まで長く続けられる仕事をアルバイトでもいいので始めるつもりになりました。

  7. 山嵐 より:

    >ふうさん
    はじめまして、こんにちは^^
    コメントありがとうございます。切実な内容なので、色々考えさせられながら拝読しました。
    当ブログでも未だ『尊厳死・平穏死』や『看取り』には触れておりません。人の生き死にに関わってくる重要かつ重大な事柄なので心して掛からないといけないと思っているからです。
    日本では『生きる権利(生存権)』は保障されていますが『死ぬ権利』は保障されていません。おいそれと認めてしまうと『自殺幇助』になりかねないからです。しかし、森羅万象・自然の摂理として人間はいつかは死にます。そして『老衰』に至った人間をどう取り扱うか、という議論は様々されています。
    現在では、そういった場合は『選択肢』が確立されつつあります。『生きているだけでいい』のなら、チューブや機械に繋がれたまま回復の見込みもないまま生存することは可能です。しかし誰もが『自分だったらそんなのイヤだ』と思うように、それを願うのは家族だったり近親者だったりする場合が多く『本人の意思ではない』ことが多いでしょう。リビングウィルのように生前に意思表示が出来ない場合、特に難しい問題になります。
    私個人としては『選択肢はあり』であり、『平穏死・自然死・尊厳死もあり』です。介護職員としてではなく、人間としての私の答えです。『尊厳死』についての記事もまた書きたいと思います^^

  8. 山嵐 より:

    >エカさん
    はじめまして、こんにちは^^
    コメント及び共感頂きありがとうございます。
    私もアラフォー男なので、痛み入ります。
    色々な形態の事業所を経験なさっているんですね。
    個人的に気になったのですが、どの形態の事業所が総合的に見て良かったと思いますか?
    それと、『給料が下がっても』『アルバイトでも』という点が、私には無い選択肢だったので気になりました。

  9. デイちゃん より:

    管理人様のスキルなら、どこに行っても大丈夫だとは思うのですが、世の中、意外といい施設もあるんですよ。
    ただ、いい施設はスタッフが定着しやすいので、なかなか募集がないのかもしれませんが。
    でも最近は、介護職の高齢化とかで、全般的に介護職が足らなくなってるので、いい施設でも慢性的な人不足に陥っているところが多いと思います。そういうところがねらい目ですね。
    できればケアマネ資格を生かしたいから、ケアマネ資格者を求めてる施設がいいですよね。
    有料老人ホームも、配置基準で計画作成者が必要ですし。有料の方が、グルホより給料高い気がしますが・・。
    「転職したら、こんないい施設があった」「みんなもクソみたいな職場を捨てて少しでもいいところに移動しよう」というブログでも、全然OKなんじゃないでしょうか。
    やめた方が、今のジョウウンまゆこの施設の悪口・・もといひどい状況も、遠慮なく言えるかもしれませんね。(笑)

  10. 山嵐 より:

    >デイちゃんさん
    労働環境は大切ですからね~。
    人生に将来性を見出したいですね。
    いつまでも『使われる』働き方を考え直す時が来るのかもしれませんね。