【介護業界の闇】利用者に「胸を触らせること」が神対応なのか

Pocket

今日見たニュースで気分が良くないものがあった。

「胸触らせて」本当にあった介護セクハラ、美人介護士の“神対応”にSHELLYも驚き

キツそう、給料が安そう……などマイナスイメージがつきまといがちな介護の仕事。毎週土曜夜23時からAbemaTV(アベマTV)で放送中の『Wの悲喜劇~日本一過激なオンナのニュース~』では、番組MCを務めるSHELLYと共に「介護ほどステキなお仕事はない」をテーマに、現役の介護福祉士たちが介護現場の実態と本音を赤裸々に語った。
介護福祉士とモデル業を両立している上条百里奈さんは、利用者のお世話をする中で、おじいちゃんに「結婚したい!」と求婚されたことがあるという。
シングルマザー芸人・介護福祉士 “ももち”こと柏崎桃子さんも「セクハラみたいなことなんて日常茶飯事」と発言。他の介護福祉士たちも大きく頷いた。続けて「ものすごく失禁が多かった男性の利用者さんが、私へのスキンシップによってか、シャキッとして、失禁が止まった」という不思議な体験も語った。
SHELLYは「そういうのを怒ったりしないんですね! 相手にするんですね!」と驚いた様子。上条さんは「怒ることはありえないですね、プロとして失格。例えば私の場合、寝たきりで左側が半身麻痺のおじいちゃんに『どうしても胸が触りたい』と真剣にせがまれたことがあります。なので『左手(麻痺している方)ならいいですよ~』って答えたら、今まで全然リハビリしなかったおじいちゃんが、その日から一生懸命リハビリしだした。胸を触りたい、そんなことで『明日も生きたい!』と思ってくれたらそれで充分」と話した。
“欲望とは立派な生きる原動力”であるということを身を持って知っている介護福祉士のかわし方は、さすがプロ級だ。上条さんの神対応にSHELLYは「夜のお姉さんじゃないけど、お酒の席みたいな、かわし方を身につけていくんですね!」とコメント。上条さんは「銀座ホステスのクラブのママのブログを熟読し、おしゃれなかわした方や粋なかわし方を勉強した」という。
( AbemaTV /『Wの悲喜劇~日本一過激なオンナのニュース~』より)
引用元:livedoor.NEWS
http://news.livedoor.com/article/detail/13834742/

スポンサーリンク

◆利用者のセクハラ犯罪を肯定する内容

相手は高齢者だから、
利用者だから、
認知症だから、
『セクハラはしょうがない』
『尚且つ受け入れるべき』

という内容に鳥肌が立った。

『セクハラはしょうがない』という考え方は、
百歩譲ってそういう考えの人もいるのだろうな、と受け入れられるが、
「どうしても胸が触りたい」
と真剣にせがむ利用者に
「麻痺側の手でなら触って良いよ」
と答える介護福祉士。

そしてそれによってリハビリを頑張る利用者。
「「明日も生きたい」と思ってくれたらそれで充分」
だそうだ。

女性介護士へのスキンシップで失禁がなくなった男性利用者がいたという内容も書かれている。

『利用者のために』を追求した先がそういうことなのだろうか。
そしてそれを『神対応』と言って賛美し垂れ流すTV番組。
「何か違う」
「気持ち悪い」
「気分が悪い」
「馬鹿にしている、されている」

という印象しか受けない。

「セクハラを怒ることはプロ失格?」

『ダメなことを怒らない』ことがプロなのではなく、
『ダメなことをダメだと言える』ことが本当のプロなのだ。

そもそも、現在は
『統一した介護』
が推奨されている。

誰かがセクハラを受け入れているなら、
他の女性スタッフも受け入れなければ『統一した介護』とは言えない。

「あの人は触らせてくれたのに、アンタは触らせてくれないんか」
という事になりかねない。

「この施設は統一した介護が出来とらん!」
とお叱りを受けるかもしれない。

そんなバカな話はない。

たった1人のスタンドプレー(神対応らしいが)によって、他のスタッフも迷惑を被るのだ。
もし、私の職場に同じようなことをしている女性スタッフがいたらと想像すると、鳥肌が立ってくる。

「帰れ!」
と言ってしまうかもしれない。

そうなってくると
『パワハラ』になるのだろうか。

しかし、男女逆で考えてみて欲しい。

女性利用者のセクハラやスキンシップや「触りたい」という欲求を男性介護士が受け入れていたとしたらどうだろうか。

明らかに『気持ち悪い』
女性介護士だから許されるのか、
男性介護士でも許されるのか、
そういう議論を突き詰めていくことよりも、
『そもそも受け入れる必要なんてない』
と考える方が余程シックリくる。

利用者のセクハラとそれを受け入れる介護士。
しかしそれを見せられることによって不快になる同僚や他利用者がいたとしたら、その行為も『セクハラ』や『モラハラ』と言えるのではないだろうか。

1人おかしな対応(神対応らしいが)をする職員がいるだけで、職場は更なる『ハラスメント』を生じさせる危険がある。

(スポンサーリンク)

◆別のビジネスモデルとしての視点

ケアの行きつく先や方法として、『セクハラも受け入れる』という選択肢があるのだとすれば別のビジネスモデルが必要だと考える。

今ある既存の介護事業所などで、そういうケア方法を推奨する所はあるだろうか。
あるとしたらやはりちょっと気持ち悪い

だから、新しいビジネスとして考えてみてはどうか。
『セクシャルケアセンター』
『認知症対応型老人ケアキャバレー』

という介護事業所を新たなビジネスとして『指定』『認可』『許可』していけばいい(若しくは保険外対応)。

・欲求を満たされたい高齢者
・満たしてあげても良いと考える介護士

両者をマッチングさせればビジネスとしては成立するだろう。

そして誰も不快な思いもしないし損もしない。

だから、どうか既存の環境と処遇と業界の在り方の中で、
・セクハラを受け入れる介護士
・それを神対応と賛美し誤解を招く情報発信

はヤメて頂きたい。

『被害に遭い受け入れられずに一人で悩み苦しんでいる介護士』
『セクハラ利用者をどうにかしたいと奮闘している事業所』
『利用者なら何でも許されるという悪しき習慣を断ち切るために努力をしようとしている人達』

にとって、明らかに逆風であり、失敬であり、根幹を揺るがすような大変不快で不愉快なTV番組&ニュースだ。

『介護業界の闇の縮図』がここにあるのかもしれない。

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

介護職員ランキング

コメント

  1. デイちゃん より:

    介護福祉士っていつから風俗業になったんでしょう。知りませんでした。
    おじいちゃんから求婚・・・は、よくありますね。「ごめんなさい、私、旦那も子供もいるんです。」で終了ですね。
    セクハラなんて日常茶飯事・・・は、そんなことないですし、日常茶飯事なんてのはよほどレベルの低い施設・サービスですし、セクハラがあるならセクハラさせない工夫をしないとダメですね。例えば同性介護とか。
    スキンシップなんてしたら、セクハラが助長されるじゃありませんか。
    セクハラって、立派な犯罪なんですけど・・・このシングルマザー芸人、わかってないんだね。
    ちなみに欧米だと、認知症高齢者だとしても、セクハラは絶対許さないんですけど・・・。考え方がゆるいのは日本だけなんかな。
    受容って、「犯罪を許容すること」じゃないんですよ?
    怒るなんてプロとして失格・・・いやいや、セクハラという犯罪を許さないのがプロなんですよ。
    あなたは介護のプロとしても失格だし、人間としても失格です。
    セクハラしまくられても平気なんて、人としての品格を失っていますよ。
    あなた、アホですか?
    公衆便所と同じですよ。欲望を処理するところにすぎない。
    麻痺してる手ならさわっていいよ・・・これね、はじめて聞いた時、「麻痺してるから、さわれるもんならさわってみなよ?」っていう障害者蔑視かと思っちゃった。
    やる気を出すために?
    もっと別の言葉や別の動機づけがあるでしょうよ。
    わざわざ、女の性を動機づけにする方が、いやしいと思うんだけど。
    しかもそのエロジジイ、手が動くようになってするのは、女の胸をもむっていう犯罪行為だよ?
    ま、このイカレタ介護士さんは同意してるから、強制わいせつ罪とかにはなんないかもしれないけどさ、他の女性スタッフはいやでしょうよ。
    それとも、他の女性スタッフは、そのエロジジイに、胸をもまさないといけないわけ?
    計画書の短期目標に、「女の胸を麻痺側の手でもみたい」とか書くわけ?
    それ監査通らないよね~。(笑)
    上条さん、介護士じゃなくて、風俗で働いたらいいんじゃないかしら。
    給料もずっと高いだろうし。
    それとも、私は、こんなに若くてきれいなんだけど、介護っていう泥臭い仕事をしてるすばらしい女性ってアピールしたいのかな。
    くだらない。
    なんかこんな人が介護福祉士ってドヤ顔で言われると・・・介護福祉士の資格が汚れるわ。

  2. 山嵐 より:

    >デイちゃんさん
    全て同感です。私も大変不快に思いました。
    日本は変な所で甘いので呆れてしまいますね><
    こんな内容がTV(地上波ではないのかもしれませんが)で垂れ流しなんて業界で働く人間として恥ずかしく悲しいです。
    介護福祉士の名が汚れます!

  3. デイちゃん より:

    ま、そういう番組って、なんか視聴者が「えっ」と驚くようなことがないといけないので、ある程度はネタっていうか仕込みなんでしょうけど。
    だから実際は大したことなくても、話を盛ったりしちゃって、で、だんだん話が大きくなって引っ込みがつかなくなっちゃう的なね。
    でも、セクハラ許容して、ジジイを元気づけるとかいうのは、看過できませんねえ。
    手段が絶対的に間違ってるし。
    女の性を使って、自分の体を提供して、男を喜ばせるなんて、売春と同じじゃんよ。しかも料金タダの売春じゃん。
    自分の尊厳を、自分で踏みにじってるじゃんよ。
    公衆便所と同じじゃんよ。みんなが使えて、欲求を満たすところ。便所はうんこ欲、体は性欲かもしれんけどさ。
    で、エロジジイに体を提供するのを、他の女スタッフにも強制する流れになるじゃん。
    エロジジイが、「あの人は胸さわらせてくれたのに、あんたはいかんのか?」とか言い出して、その神対応スタッフが、「さわらせてあげて」とか言い出して。
    「え~っ!?私、料金タダの売春婦じゃないんですけど~」って。
    介護って、自分の尊厳を捨てる仕事じゃないよね?
    ナイチンゲールって、奉仕の精神と言いながら、尊厳を捨てたりはしなかったと思うんだよ。
    ま、上条さんが働いてる職場の人達の意見を聞いてみたいですよね。
    ちなみに、うちのデイでは、セクハラジジイがいたら、基本的には男性スタッフが介助にあたるようにしてるんですよ。
    で、女性スタッフをさわったら、「そんなことしちゃダメ!」「あなたの娘さんや孫さんが、仕事先でジジイに体さわられたらどう思います?」って言ったら、たいていやめますね。
    テレビで、「セクハラがあった時に、こんな風に言って、うまくやめさせてる」と言うのが、介護福祉士だと思うのですが。

  4. デイちゃん より:

    連投すいません。
    ま、ジジイを元気にしてあげたい、とか思うのはいいんですよ。
    でも、体をさわらせるってのは、自己犠牲といったら聞こえはいいけど、自分の存在をおとしめる行為ですよね。
    高齢者さんの人権を擁護しなきゃいけない立場の人間が、自らの存在を貶めて自分の人権を自ら侵してるっていう矛盾に、何か大きな違和感を感じるんだと思います。

  5. ふう より:

    山嵐さん早々の返信ありがとうございました。
    職員さんのコメントが多い中、逆の立場の者がコメント書くのは場違いかもしれませんすいません
    セクハラとは違う視点かもしれませんが入居者が女性の場合トイレオムツ交換やお風呂介助を男性にされるというのは現場では当たり前なのでしょうか?
    兎に角人手足りない大変な労働なのでお世話になる立場側としては男も女もと言ってはいられません。
    幸い親の場合抵抗なく受け入れたので私としては安心しました。
    (つまり認知症そこまで進んだのだと実感しました)
    中には嫌がる入居者さんとか居ると苦労されるのでしょうか。
    尊厳死、安楽死の話ですが以前海外の男性が認知症と診断され、親の介護で苦労したので子供に迷惑苦労かけたくないと、
    自宅のソファで医師から処方された薬を飲み眠るように家族に見守られ逝きました。
    この映像はかなり衝撃的でした。

  6. 山嵐 より:

    >デイちゃんさん
    おはようございます^^
    そうですよね。『統一したケア』の実践に反しますね。
    TVだから話を盛っているのだとしても、世間の人に間違った情報を発信されると「介護の仕事の人達ってそういうものなんだ」と思われていまうととても悲しいです。

  7. 山嵐 より:

    >デイちゃんさん
    連投どうぞw
    私も大きな違和感と憤りとモヤモヤとソワソワしたものを感じました。ぶっちゃけ「介護士舐めんな!」と思いました><

  8. 山嵐 より:

    >ふうさん
    おはようございます。当ブログの内容は現場スタッフだけに向けたものではありませんので、どなたでもお気軽にコメントして頂けたら幸いです^^
    出来るだけ同性介護が出来ればお互いの負担が少なくなるでしょうが、実際は人員や勤務上の問題でなかなかそうは言っていられないのが現実です。
    『羞恥心』という部分ですが、確かに「同性じゃないとどうしても無理」という利用者さんは中にはいらっしゃいますが、ごく少数です。認知症の進行以外にも『慣れ』とか『諦め』というものがあるのだと思います。
    しかしよく疑問に思うのですが、男性職員が女性利用者の介護をする場合は気にされる人がいますが、その逆で女性職員が男性利用者を介護することについてはあまり気にされる人がいません。それも『慣れ』とか『そういうものという先入観』とか『性別の特性』なのかもしれませんね。
    男性職員が女性利用者を介護の話に戻しますが、老人福祉の世界だけでなく、例えば『産婦人科の男性医師』もまだまだ多いかと思いますが、その場合の女性の患者さんや妊婦さんもきっと『慣れ』とか『諦め』の気持ちがあるのではないでしょうか。
    尊厳死は海外では認められている所もありますね。日本では、在宅介護に疲れた親子が心中をしようとして、認知症の母親が亡くなって息子だけが生き残ってしまったという裁判もありました。『親子の絆』があるからこそ、『尊厳』も考えさせられるところです。

  9. oka より:

    はじめまして、okaと申します。男性です。初投稿失礼します。私も山嵐さんのブログを読み、実際の動画を見ました。 この触らせると言う方が、現場で過去にどういうさまざまな経験をして今の考え(触らせる)に残念ながら着地してしまったのかわかりませんが、個別ケアの必要な今回の場面で本来チームとして検討して対応すべきケースだと思います。残念ながらフロアスタッフとの人間関係が悪かったりだとか、「私だけは、他のスタッフより特別良い介護を頑張ってしてあげている」的な考えに陥ってしまいあえて言うなら「このような的外れな介護」になる事は、(触らせる)意外の部分でも個々のケアのばらつきの問題は、往々にしてどこにでもあると思います。話しが広がりすぎて失礼しました。 この事に対して山嵐さんや他の皆さんのコメントが同感でついコメントさせて頂きました。山嵐さんいつも楽しみに読ませて頂いています。

  10. デイちゃん より:

    介護施設って普通は、女性利用者の方が男性利用者よりはるかに多いですよね。
    じゃあ、女性利用者にはどんな特典があるのだい?
    女性利用者は、がんばって麻痺してる手をリハビリすれば、男性スタッフの股間をさわれるのかい?
    そこここで、利用者がスタッフの胸や股間をさわりまくってる施設・・・って、そんなの許されるのかい?
    即刻通報されて、不適切な運営ということで、是正勧告をうけそうだけど。
    上条さん、これは正当なケアなんですって、介護保険課の担当者を納得させられる?
    介護士が利用者に体を提供することがいいケア。
    そんなの普通の人が聞いたら、やっぱり介護士って、最底辺の仕事なんやな~って思われちゃうね。
    でもこの上条って人、マスコミとかバンバン出たがりみたいな感じ。
    美人すぎる〇〇の仲間入りしたいみたい。
    ま、若い時しかできないしね。
    でも、本当に介護の仕事してるのかな。
    ぜひ、管理人様の施設で働いてもらいたいものですね。(爆笑)

  11. 山嵐 より:

    >okaさん
    はじめまして、こんばんは。コメントありがとうございます^^
    そうですね。本来なら『上司に報告する』『今後の対応をチームで共有し統一する』などの方法が必要であるにもかかわらず、『神対応』などという発信をされると違和感と気分の悪さしか残りませんね。今後とも宜しくお願いします^^

  12. 山嵐 より:

    >デイちゃんさん
    それね(笑)

  13. 柊南天 より:

    はじめまして。
    記事を読んでびっくりしました。不快以外何ものでもないです。
    電車の中で女性の胸を触ったら痴漢、犯罪ですよ。
    介護現場だから。相手が片麻痺だから。リハビリになるから。
    それを神対応なんて持ち上げて。介護をバカにしてますよね。
    私の勤務先のデイでは、管理者が『僕は、スタッフが胸を触られているのに我慢しろ!なんて言えない。してはいけない事をいけないと伝える事は相手が認知症であってもきちんと伝える。恥をかかせる事ではなく、むしろ礼儀ではないか。』と言い切ってくれました。
    そしてセクハラ利用者の介助は同性が対応となりました。しっかりアセスメントをして、必要な介護をするのがプロの仕事だと思います。

  14. 山嵐 より:

    >柊南天さん
    こんばんは、はじめまして。コメントありがとうございます^^
    そうですね、特に我々同業者は驚きとモヤモヤと憤りと怒りが沸々とこみあげてきますね。
    『同性対応』が常識で考えられる対応方法ですよね、わかります。もちろん、いつも同性職員がいるとは限らないので、情報を共有してしっかりアセスメントしていくべきですね。我々『プロ』から見たらそうなんです。だからこのTV番組の発信方法は本当にヤメて頂きたいですね。
    しかし、良い管理者さんがいらっしゃるようでその点はほっこりしました^^