職場の寮母室に結界が張られている

Pocket

enoch2.gif
介護職員が待機したり事務作業やパソコン入力を行う場所を『寮母室』と言います。
そもそも『寮母』は女性を指す言葉なので、私も含め男性もいる介護職員を全てひっくるめて『寮母』と言ってしまうのは違和感を感じます。
『寮父』という言葉もありますが、
介護業界ではあまり使いません。
寮母室のことを
『ワーカー室』
『ケアステーション』

などと呼ぶ事業所もあるようです。
それはさておき、題名を呼んで
「寮母室に結界とはなんぞよ?」
と思った人もいらっしゃるでしょうが、
今日の記事は同僚の愚痴になりますので、
そういうのは読みたくないとか
イヤな人はスルーして下さい。
【参考記事】
相談員が使えない

スポンサーリンク

◆汚い字で書いたメモが沢山

寮母室には、必要な事はメモを書いて見えやすいように貼ったりしています。
それはそれで目につきやすいので良いのですが、中には字が汚くて読めないものがあります。
やはり『字が汚い』人は相対的に男性の方が多いのですが、
・字が汚い上に走り書きなので更に汚い
・人に読んでもらう事を意識して書いていない

というダブルコンボが成立すると、
象形文字かヘブライ語にしか見えず解読不可能になります。
字が元々汚いのはしょうがないとしても、
情報を共有する為のメモならば、
せめて読みやすさを意識して書いて欲しいと思います。
ただでさえ時間が無いのに、
メモを解読するだけで時間が掛かり、
相当なストレスを感じます。
私のユニットには解読困難な字を書くスタッフが2人います。
1人は介護職で1人は相談員です。

◆結界を張る相談員

相談員がとにかくメモをペタペタと貼りまくります。
私はあまりメモがペタペタ貼ってあるのは好きではありません。
当日必要な事項や忘れてはいけない事項は良いと思いますが、あまりに多くのメモが貼ってあると、
・対応済なのか未対応なのかがわからない
・今(今日)必要な情報がどれかわからない
・情報が分散してしまい集約できず逆に見落とす
・そもそも解読困難なので見るたびにストレスを感じる
・壁が傷む

ということになりかねません。
ですから、
・対応完了したものは剥がす
・情報を集約できるようにまとめる
・読みやすい字で書く
・セロテープではなくマスキングテープで貼る

ということを伝えたのですが、一向に改善されません。
改善されないどころか日に日にひどくなっていっています。
「情報が多すぎて書いておかないと忘れてしまうんです」
「自分の為のメモなので気にしないで下さい」

そう言い訳をするのですが、
凄く気になる!
現状、壁という壁やレターボックスの側面や本棚の側面にペタペタペタとメモだらけです。
その数は20枚を超えています。
目の高さの位置だけではありません。
上の方や、足元の位置にもペタペタ貼っています。
足元のメモなんて一体どうやって見るんでしょうか。
しゃがみこんで?
這いつくばって?
ほふく前進で?
「一旦、剥がして手に取って見ますよ」
という相談員。
いや、そうだろうけど、
そうだと思ったけど、
ちょっとナンセンスだよね~
不要なメモは剥がして枚数を減らそうと思いましたが、
解読困難なので諦めました。
そんなこんなで、
うちの寮母室内は、
象形文字かヘブライ語のような文字のメモが、まるで『お札(おふだ)』のように側面たる側面に貼ってあり、
・何か得体の知れないものを召喚させるのか
・若しくは封じ込めようとしているのか

『五芒星か六芒星の結界』のような状態になっているのです。
ですから、
いつも寮母室に入るたびに
『魔界の何かを感じます』
(スポンサーリンク)


介護職員ランキング

コメント

  1. デイちゃん より:

    こわ!
    その相談員、仕事はできないので、放置するしかないですよね・・・。
    そのメモ類が目に入るとイラつくから、その部屋に入る時は、とにかく目を細めて・・視界をせばめるしかない。(笑)
    おかしなところを注意しても直さないのって、イライラが増幅されるので、そもそもイライラしないために、極力相談員の存在自体を頭の中から消す必要があると思います。
    「垢はこするほど出てくる」っていうありがたいことわざ?を、管理人様に送りたいと思います。(笑)
    その相談員は垢なんです。欠点を探せば探すほど出てくる。突っ込めば突っ込むほど、直さないからイライラがつのる。
    だから、垢をこすっちゃいけないんです。相談員にかかわってはいけないんです。(笑)
    その相談員、そんなに仕事できないけど、首にならないんですね。
    パワハラまゆこに隷属してるからなんでしょうか。
    仕事ができないって理由では、なかなか首になりませんね。(笑)

  2. 山嵐 より:

    >デイちゃんさん
    そうですね、そうします(笑)
    この相談員は新卒から入社して勤続15年。
    子供の名前に「会社の法人名から1文字もらって命名しました!」と言うくらいその分野の能力は長けています。
    経営者やパワハラ幹部も可愛がらずにはいられないでしょうね。

  3. Yuri より:

    うちはそんなにペタペタメモは貼られることはありませんが、
    メモに書いた職員名や日付、時間が書いてないことも多いですね。
    たいした問題ではないのでしょうが、元OLの私は不思議に思います。
    メモには必ず、日付、時間、自分の名前を書くことになっていましたから。
    あと、全員が目を通すノートがありますが、休みけの日は大変です。
    読むことが多くて、赤ペンで自分のノートに書いてますが…。
    某ナースの字は象形文字にしか見えません。
    ホントに読めないんです~( ノД`)シクシク…
    記録業務を長年やってるシニアのパートさんの字も汚いですね。
    長年字を書いてたらうまくなるはずなんだけど。

  4. 山嵐 より:

    >Yuriさん
    こんにちは~
    コメントありがとうございます^^
    いや、メモに受付日時や名前を書くのは常識だと思います。
    福祉業界ではそういったビジネスマナーもまだまだ遅れているのでしょうね。
    字って長年書いてても上達するものではないのかもしれません(笑)
    『三つ子の魂百まで』ということわざがあるように、子供の時の学習や練習が大切な気がします。