介護職員とケアマネの「犯罪事件の種類と動機」の違いをわかりやすく解説

Pocket

cut10.png
介護現場での虐待や事件で
ニュースとして報道される場合、
圧倒的に介護職員が加害者になることが多いです。
厳密に言えば、
現場では利用者からの暴言や暴力やセクハラを日常的に職員は受けていますが、
それらが日の目を見ることは少ないですし、
犯罪として扱われない『介護現場の闇』の部分です。
その点については、
今回の記事では触れませんが、
暴力を振るう利用者さえ容認するのが介護なのか
の記事をご参照下さい。

スポンサーリンク

◆介護職員が加害者になりやすい理由

介護職員は利用者を直接的に介護したり対応をしているので、
・接している時間が長い
・利用者の悪い部分も見えてしまう

という職務的な理由があります。
それに加えて、
・常に人員不足での過剰残業や業務負担
・過剰な業務負担によるストレス
・資質の無い介護士を雇い入れざるを得ない現状
・業務負担に見合わない給料

という環境や待遇的な理由が考えられます。
【参考記事】
「介護士は誰でもなれる」が「介護福祉士には誰でもなれない」
ですから、介護職員からは、
処遇、環境、人員の補填を求めた声があがっています。

◆介護支援専門員(ケアマネジャー)からの声はあまり聞かない

ケアマネが介護現場や介護職員の処遇や環境のことを発言していることはありますが、自らの処遇や環境について改善を求めたり、不満を漏らしていることはあまり見聞きしません。
・現状の収入に満足している
・労働環境、内容、業務負担が適正

と言える職種なのでしょうか。
ケアマネになると年収が下がる摩訶不思議な介護の世界
の記事で書いたように、
夜勤手当が無ければ介護職員よりも収入は少なくなります。
では何故、ケアマネからは収入についての不満があまり出てこないのでしょうか。
・収入が沢山欲しい人はそもそも居宅ケアマネにならない
・仕事量と内容が給料に見合っている

という理由が考えられます。
つまり、ほどほどの収入があれば良い人にとっては、
『割に合っている』のです。

◆ケアマネの事件もあまり聞かない

介護職員の事故だとか事件はニュースで見聞きしますが、ケアマネのニュースはあまり見ません。
それは、ケアマネは介護職員のように
利用者を直接介護しませんし、
接している時間も短く『割に合っている』ので、
事件にまで発展することが少ないからです。
しかし、
『全く事件や犯罪行為が無い』
というわけではありません。

◆ケアマネにありがちな犯罪

ケアマネにありがちな事件が存在します。
それは、
『経済的虐待』
『窃盗』
『横領』

という『お金』に関わる事件です。

訪問先から320万円相当窃取 ケアマネ女を逮捕
訪問介護で出入りしていた女性宅でキャッシュカードなどを盗み、現金約320万円を引き出したとして、兵庫県警兵庫署は13日、窃盗などの疑いで、神戸市須磨区のケアマネジャー、常陰(つねかげ)珠世容疑者(55)を逮捕した。「預金は頼まれて引き出した」と容疑を否認している。
 逮捕容疑は4月18~26日、同市兵庫区の会社役員の女性宅で通帳2通とキャッシュカード2枚を盗み、銀行から現金約320万円を引き出したとしている。
 女性が4月26日に入院した際、カードなどがなくなっているのを親族が発見。探していたところ、5月2日に女性が死亡した後、常陰容疑者が「預かっていた」と返しにきたという。
引用元:産経WEST 2017.6.14 08:11

※引用記事中に『訪問介護』と記載がありますが、『ヘルパー』という意味ではなく、恐らく『居宅介護支援での訪問』という意味だと思われます。
居宅ケアマネは、インテークから始まりアセスメントやケアマネジメント業務の中で、何度も利用者の自宅へ訪問します。
アセスメントの段階で、家の間取りや配置なども確認します。
利用者の導線の確認や障害物や段差の有無、住宅改修や福祉用具利用の必要性の検討のためです。
その後も最低月一回、何度も訪問します。
そうなると、利用者の自宅のどこに何があるかは大体把握できます。
『泥棒』をしてしまうケアマネは、
・利用者の隙をついて
・留守の間に
・認知症や判断能力が低下している利用者宅で

『魔が差してしまう』ということがあるようです。
そもそも、ケアマネに課せられている
『倫理観』は厳しく、
利用者宅でお茶やコーヒーを出されても
丁重にお断りし一切口をつけてはいけません。
手土産や粗品として菓子折りを貰ったり、
畑で採れた野菜を貰ったりすることも許されません。
『倫理に反する』という理由で禁止事項になります。
ひょっとしたら、その場の判断でお茶を頂いてしまっているケアマネもいるかもしれません。
利用者や家族に
「出したお茶にも口をつけない気取った奴だ、気に食わない」
という印象を与えてしまっては、
上手くいくものも上手くいかなくなり、
本末転倒になるからです。
しかし、それをしてしまうと『倫理違反』になるのです。
そういった『矛盾点』について、
世間のケアマネはどういう対応をされているのかは少し興味があります。
(スポンサーリンク)

◆介護職員とケアマネの犯罪の違い(まとめ)

介護職員の事件の多くは、
・利用者の生命や身体に被害
・切羽詰まって
・自分のキャパシティを超えてしまって
・待遇や環境に問題があって

というものに対して、
ケアマネの事件の多くは、
・利用者の金品や財産
・魔が差して
・キャパシティは関係なく
・収入に問題があったかもしれないが環境は悪利用している

というものであると言えます。
そして、
『介護職員は自らの処遇の改善を求めている』
のに対して、
『ケアマネはあまり自らの処遇の改善を求めていません』
犯罪は決して犯してはなりませんが、
同じ介護業界でも、
職種が違えば犯罪の種類も動機も違ってくるのです。


介護職員ランキング

コメント

  1. 燃え尽き相談員 より:

    いつも拝読しております。
    ウチの法人は夜勤手当が高いので、手取り30万円が可能でした。(勤続20年)
    しかし、法人内には社会福祉士やケアマネ資格保持者が非常に少ないので、欠員の関係で特養相談員、ケアマネに回され、手取り5万減です。
    資格取得の時に、すこーしだけ基本給を上げて頂きましたが、5万減はイタイです。
    人よりお金と時間をたっぷりかけて資格を取得した結果、手取りがガクンと下がる…、というマイナスのマインドをグッとこらえて、介護職員時代にはほとんど取れなかった、有給休暇を取得するように頑張っているところです。
    その立場ならではのメリットもある訳なので、前向きに捉えています。

  2. 山嵐 より:

    >燃え尽き相談員さん
    手取り30万円は凄いですね。
    ひねくれた疑問ですが、ボーナス込みの年収が気になってしまいます(ボーナス無しだと年収400万円くらいなので)。
    ケアマネになると夜勤手当がなくなるので痛いですよね。
    その分、有給を取られているとのことですが、やはり目指すところは介護職員にも有給を!ですね^^

  3. 燃え尽き相談員 より:

    >山嵐様
    ボーナスも年間4ヶ月程度支給されていますよ。
    福祉業界としては良い待遇ですよね。しかも上司は職員を大切にしてくれるし、出来るだけ残業が発生しないよう配慮してくれています。
    すべての正規職員に良い待遇なので、職員の定着率が高く、サービスの質も安定していると思います。
    ただし、人件費率は超高く、管理者は頭を痛めています。
    また、頑張らなくても、それなりの評価をしてくれますし、頑張っても特に評価してもらえません。
    よって、職員の意識がなかなか上がらない(ように見える)状況です。
    本来は私のような立場の人間が様々な面で音頭をとっていくべきかもしれませんが、それをすると、仲間のサービス残業の発生にもつながりかねず、ともすると私の『一人相撲』にもなりかねず、難しいところです…。

  4. 山嵐 より:

    >燃え尽き相談員さん
    ほうほう。
    私の頭の中の電卓が年収500万円を叩き出しました(笑)
    それでもあと100万円は欲しいところですね。
    いや、十分現状の介護業界の中ではトップクラスですけどね。
    そういう施設は職員が定着しやすいので、なかなか募集もないのでしょうね。
    『働いても働かなくても』の部分がどうにかできれば益々良いですね。

  5. ダメ人間 より:

    先日、この様な事件がありましたが、介護職員はどう対応すればいいんでしょうかね?
    ・介護施設で虐待か パン切り包丁取り返そうとした認知症の入所者を職員が投げ倒す
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180427-00003214-tokaiv-l21
    男性職員が危険を返りみず包丁を取り上げた所、男性利用者が包丁を取り返そうと向かってきた為に投げ倒し、男性は顔に内出血をするなど軽いケガ。
    市側はこの行為を虐待と認める & 県が施設への立ち入り検査+経緯などを調べる。
    介護職員は防衛するより、刺されろって事ですかねー?
    これを虐待認定する行政側、頭の中がキラキラ系お花畑の福祉バカと一緒の様な気がして、おかしいとしか思えないのは気のせいでしょうか?

  6. 山嵐 より:

    >ダメ人間さん
    こんにちは~
    コメントありがとうございます^^
    このニュース見ました。
    明らかに「市」の判断は狂っていますね。
    治外法権にもほどがあります。
    正当防衛が虐待のはずはありません。
    もしこの事案が「虐待認定」されるとすれば、「介護職員は奴隷かサンドバッグ認定」と同義だと思います。
    国も行政も二度と「人材確保」だなんて言わないで欲しいです。