介護業界に「品性下劣」な人が多い理由は?

Pocket

pawahara_man.png
職場にしてもネット上にしても、
色々な人間性の人がいます。
各々の意見を出し合って建設的に伝えていくことは、大切なことです。
自分が知らなかった『気づき』があるかもしれません。
しかし、中には
『ただの個人攻撃でしかない』
内容や発言の仕方をする人もいます。
そしてやはり、
そういう『人格破綻』をしてしまっている人は、
介護業界に多いように思います。

スポンサーリンク

◆介護業界には品性下劣な人が多い理由

何度も申し上げていますが、
介護業界には人格破綻している人が結構います。
・挨拶をしない
・無視をする
・汚い言葉で罵る
・パワハラやセクハラをしてくる
・陰湿ないじめや嫌がらせをする
・揚げ足を取る

何故、介護業界には、
そういう『品性下劣』な人が多いのでしょうか。
・自分もされてきたから他人にもする
・そういう環境が当たり前だと思ってしまう
・他人への妬(ねた)み嫉(そね)みが強くなる
・やり場のないストレスを他者に向けようとする
・閉塞的、排他的な環境の中で優位に立ちたい

現状の介護業界は、『品性下劣』な人を育てるには適した環境であると言えます。
(スポンサーリンク)

◆ブログへの感想をメールで送ってくるケアマネを名乗る人

当ブログはコメント欄を開放しておりますし、
メールでも受け付けております。
明らかに関係のないDMだったり、
法律違反や公序良俗に反するもの以外は、
全て返信をさせて頂いております。
最近、メールで『ケアマネを名乗る人』から毎日のように直接メッセージを頂いております。
内容としましては、
「不勉強」
「ガキだな」

という内容が多いです。
1日に何通もメールが来ている時もあります。
そもそも、どの記事のご意見なのかがわかりません。
そういった内容のメールも確かに確認させて頂き、
返信を送ったところ、
mail002.PNG
送信できませんでした。
「アドレスを変更されたのかな?」
と思い、返信を断念しておりましたら、
翌日も同じメアドから
「あなたの施設のケアマネが介護しないだけでしょ」
「無知な発信は1日も早くやめろ」

という内容のメールが届いていました。
恐らく、
介護職員とケアマネの犯罪事件の種類と動機の違いをわかりやすく解説
に対する感想、ご意見かと思います。
『施設のケアマネ』に限定しておらず、
どちらかと言えば『居宅ケアマネ』の記事です。
それと、ケアマネは『ケアマネジメント』が専門業務なので、
『介護(ケア)』は基本的にしません。
介護職員の人員不足のフォローの為に、
ケア業務もしてくれればそりゃ助かりますが、
記事の主旨はそこではないですよね。
などという返信も当然返せません。
受信設定をいじってらっしゃるのか、
送信専用から送ってきているのか、
どちらにしても一方的なメールです。
本当に送信者が『ケアマネ』だとすれば、
やはり介護業界にはこういう人が存在するのです。
内容はともかくとして、
次回からは是非、コメント欄に書き込みをして頂くか、
受信可能な設定にして頂くようお願いします。
なお、はてなブックマークのコメントはご自由にどうぞ。
『はてブ』は公けにネット上で公開されています。
それが故に、コメントには責任が発生し、
ネットを閲覧している人に公平に共有して貰える良いツールだと思います。

◆今後もブログを継続します

当ブログは、介護業界や介護現場の真実や闇の部分に焦点を当てています。
・人材不足
・収入面
・人間関係
・労働環境

問題はまだまだ山積みです。
そういった中で、
・新たな品性下劣な人材が育まれないよう
・新たな被害者が出ないように

微力ながら今後もブログでの発信を継続していきたいと思います。
また、どんな内容であれ、
コメントやメールを頂くということは、
少なからず私が発信している内容が届いている証拠でもあります。
皆様、今後とも宜しくお願いします!


介護職員ランキング

コメント

  1. primex64 より:

    人格形成上の配慮がなされていない事業所が多いためなのか、なんだか負のスパイラルに陥っていて大変だなー、というのが印象です。総合的な心の育成を目指すプログラムが必要という気がしますね。

  2. 山嵐 より:

    >primex64さん
    こんばんは~
    コメントありがとうございます。
    まさに負のスパイラルですね。
    元々、福祉施設などはお寺とか教会といった宗教から派生している所が多いのですが、時代の流れとともに、経営権が身内や親族に引き継がれ、『奉仕色』だけが濃く権利を貪るだけの不道徳な経営に変わっていく傾向にあります。
    人を使うということを知らない人間が経営者になってしまった集合体が介護業界と言えるのかもしれません。