「協力」と「自己犠牲」がイコールなのが介護業界

Pocket

「こんな時こそ職員一丸となって協力しましょう」
「つらい時こそ協力が必要です」
「皆さんの協力をお願いします」
「協力を惜しまず頑張りましょう」

介護現場で働いていると、
そういうセリフをよく聞きます。

スポンサーリンク

◆本来の協力とは?

きょうりょく
【協力】
《名・ス自》目的に向かって心を合わせ努力すること。

『心を合わせて努力をする』ことなのです。

・一致団結
・異体同心
・一心同体
・三位一体
・呉越同舟

こそが『協力』と言えるのです。

しかし、介護業界においての『協力』の意味は明らかに違ってきます。

◆介護業界における『協力』とは

『奉仕』
『ボランティア』

という概念が色濃いのが介護業界です。

そういう悪しき認識や慣習が残っているので、
介護業界の『協力』はまだまだ図々しいことを意味しています。

・自己犠牲
・残業
・馬車馬
・我慢
・忍耐
・根性

それこそが『協力』だというのです。

「心をひとつにして自己犠牲を払いなさい」
「一致団結して我慢に我慢を重ねなさい」
「自分の限界以上の業務を行いなさい」

暗にそう言っているのが
『介護業界の協力』
なのです。

◆時代錯誤は終わりにしましょう

現場は常に修羅場で戦場の様相ですが、
求められている『協力』も、
戦時中の『それ』と何ら変わりません。

手取り20万円前後の『竹やり』で、
怒涛・激動のケア業務という名の『B-29戦闘機』に挑めと言われているのです。

これは『無謀』のなにものでもありません。

日本人の大和魂としての
精神論や根性論は評価に値しますが、
『介護職員は現代社会に生きる労働者』です。

時代錯誤の精神論よりも、
・ひとりの人間として
・労働者として
・日本国民として

あるべき姿でありたいと願います。

◆目的に向かって心を合わせて努力する

介護・福祉業界において
『目的』
とは一体なんなのでしょうか。

それは当然、
『利用者の幸せの追求』
ということになります。

その目的に向かって努力をすべきは当然なのですが、
『心を合わせる』
とは一体誰の心でしょうか。

いつもいつも現場の職員ばかりが
・ピックアップされ
・焦点を当てられ
・吊るし上げられ
・自己犠牲を強いられ

『協力』という聞こえの良い言葉で将棋の駒のように扱われていますが、本当に心を合わせていかなければならないのは、
・国
・行政
・事業所
・上司

であって現に現場で戦っている職員ではないのです。

末端のいち介護職員から言わせてもらえば、
『それらの皆様、どうか早く心を合わせて協力して下さい』
という思いでいっぱいです。

その声が届くか届かないかはわかりませんが、
『本当の協力は今動いていない人が動くこと』
なのであり、
『動いている現場職員を更にムチ打ち自己犠牲を強いる』
ことではないのです。

人材不足や
財源の問題や
劣悪な環境や
不正行為や
違法行為や
介護事故や事件や
様々な問題が山積みです。

「こんな時こそ協力をお願いします」

コメント

  1. デイちゃん より:

    よく言いますね、「協力」。
    「土日祝日、出勤する人が少ないので、みなさん協力してください。」
    「今日〇〇さんが急に休んだので出てくれますか?協力してください。」
    「送迎の人員が足らないので、協力してくれますか?」
    「イベントがあるので、休日希望出してる人も、協力してください。」
    「協力」って、ヘルパーを都合よくこき使うことじゃないと思うんだけど。
    そもそも、お前がまず出ろよ。管理者のくせに、土日祝日全部休みやがって。アホか?
    ま、ワシは絶対出んけどな。他の奴にあたれよ。メールや電話が来ても完全無視。
    あ~あとね、うちの会社は、ギフトを買わされるんですけど(笑)、
    「ギフトのノルマが100万円なので、みなさん協力してください。」
    っていうのもあったわ。
    おいおい、ヘルパー安い賃金でこきつかったあげく、ギフトまで買わせるのか?
    しかも前のバカ管理者が、あこぎにヘルパーにギフトの購入を強制したあげくノルマが毎年上がって行って、事業所ノルマ100万って何なの?
    ま、今は強制じゃなくなったので誰も買わなくなったんだけど。
    お歳暮ギフトとかのカタログが、引き出しに入れられてても、ソッコーゴミ箱行き。
    前は、ミーティングの時に、ギフト一人一つ買わないと帰れません、とか言ってたからねえ。(笑)
    私の会社だけじゃないけど、介護の仕事って、こんちくしょう感が満載。
    「こんなせこいことやりやがって!」とか、「こんなひどいことよく言うなあ?」ってことばかり。
    ま、それをスルーできる面の皮の厚~い人しか、残らないんだけどね。
    そんな人に、利用者に対する誠実な対応とか求めても無理よね~。
    だって会社がヘルパーをあこぎにしてるんだからさ。

  2. primex64 より:

    要は、無償奉仕・ただ働きせよ、ってことですか・・。常々おっしゃっているように、経営側のモラルと運営管理スキルが低すぎるのが諸悪の根源という気がします。従業員が役務を提供したならば雇用側は対価を支払うのが当然で、それが出来ないなら搾取、ということです。

  3. 田中裕二 より:

    primex64です。
    要は、無償奉仕・ただ働きせよ、ってことですか・・。常々おっしゃっているように、経営側のモラルと運営管理スキルが低すぎるのが諸悪の根源という気がします。従業員が役務を提供したならば雇用側は対価を支払うのが当然で、それが出来ないなら搾取、ということです。

  4. デイちゃん より:

    連投すいません。
    私のデイは基本、サビ残はないんです。昔さんざんさせられてたけど。
    ま、私自身はサビ残はしたことないんです、すぐ通報しちゃうから。(笑)
    他のスタッフは強制されてたけど。
    でも今、スタッフを減らしまくりで、人員配置基準を全く守らない状態での、とてもしんどい営業を強いられてるんですけど、これもある意味、会社へのご奉仕ですよね?
    普通なら、利用者40人だと÷5で8人のスタッフが必要なんですが、今日スタッフ5.5人だよね・・・?みたいな。
    他のデイは、÷3.5くらいで10人以上は配置してますが。
    そうやって人件費削って会社が利益を出してるのって、ヘルパーは会社に協力してるんですよね?
    さらに、管理者は、無意味な会議に出て現場には出ず楽をしてるんだけど、人件費は削れて利益が出てるから、評価が高くなりボーナスも増えるんです。
    それも、ヘルパーは管理者に協力してるんですよね?
    そう考えると、バカらしくなるなあ。
    ま、あと少しで妊婦常勤が産休に入るから、さらに人がいなくなるんですよね。(笑)
    したらますます人を減らしたままにするのかな?
    シフト表って、人員配置が満たせてるかチェックする欄があるんだけど、✖ばかりついてる。大丈夫?それ?
    しかも、利用者数を、実績は40人なのに28人とか少なめに入れてるから、実際はほとんどの日で人員配置を満たせてないし、月トータルでも満たせてないと思われる。
    となると、本来減算にしなきゃいけないのに。意図的に隠してて悪質だから指定取り消しになっちゃうかも。
    ま、妊婦常勤がいなくなる時にまた人が動くと思うので、その後どうなるか様子を見て、今より状況が悪くなるようなら、今の事業所で行ってる不正と勤務シフト表・利用予定表・実績表などを介護保険課に送ってみようと思っています。(笑)
    なのでその後は、私は介護の仕事をしてないかもしれません。(笑)

  5. 山嵐 より:

    >デイちゃんさん
    おっしゃる通り、正に協力とは名ばかりの自己犠牲ですよね。
    介護業界に限らず、世の中は貧乏人や飢えている人間からお金や労働力や意欲を吸い取って成立しているのでしょうね。

  6. 山嵐 より:

    >primex64さん
    コメントありがとうございます^^
    正にピッタリの言葉ありがとうございます。
    介護業界は『搾取』で成り立っていると言っても過言ではありません。

  7. 山嵐 より:

    >田中裕二さん
    primex64様ですか?
    ひょっとして書き込み中に不具合か何かが発生しちゃいました?
    どちらにしてもコメントありがとうございます^^

  8. 山嵐 より:

    >デイちゃんさん
    おお、是非結果のご報告をお願いします(笑)
    行政が気持ち良いくらいのスムーズな動きをしてくれたら業界の平和はある程度は保たれるのですがね。
    天下り先のことしか頭にない役人さんばかりではないことを願います。

  9. デイちゃん より:

    それ、カイジの、「俺は誰かの養分だ」的なね。(笑)

  10. 山嵐 より:

    >デイちゃんさん
    漫画はあまり見ないのですが、そういうセリフがあるのですね。
    いや、核心をついていていると思いますよ。

  11. デイちゃん より:

    それでですね、まず私は、会社の支店長に、お手紙を出そうと思ってるんですよ。
    「〇〇デイサービスで行われてる不正について報告します。
    勤務シフト表で、すでに職員配置のところに何日かバツがついています。
    しかし、勤務シフト表の職員配置のもとになる利用者数が、利用者の実績数よりもはるかに少ない数値になっていますので、実際には職員配置は全く満たせていません。
    利益のために、人員配置を守らないのは、重大な法令違反です。
    なお、この文書と勤務シフト表、利用予定表、実績などは、すでに介護保険課と県の国保連に送付しております。」
    ってね。
    ハチの巣をつついたみたいになるかなあ?(笑)
    もう資料とか送られちゃったとなると、今更改ざんとかできないし・・・。
    でもこの手紙が本当かどうかわからないから、自分から市とかに申し出るわけにもいかないし・・・。
    まあ、管理者が首になるのだけは、決まるでしょうけど。

  12. 山嵐 より:

    >デイちゃんさん
    証拠が揃っているのがなによりの強みですね。
    結果、あやふやになったりなあなあで事が済んだらそれこそ腐りきっている手のほどこしようのない業界ということになりますね。

  13. デイちゃん より:

    こんにちは。
    今月の地獄勤務も明日で終わる予定の私。
    明日も荒れるだろうな・・・。
    先週水曜は、利用者は25人と少なめだったけど、機械浴が8人。しかもご新規の鼻腔栄養寝たきり介護5が突然投入されてるし・・・。
    そして私は延々と機械浴で入れていく。
    最近急に体調悪くなって足首に点滴ラインが入った人とか、あとは安定の寝たきり重度介護5の人とか。
    でも入浴スタッフ3人じゃ、機械浴で入れた後私が着脱もしないといけないしさ~間に合わんよね~と思って、看護師とフロアにいた妊婦常勤に着脱を依頼。
    「でもそうしたら、フロアに人いなくなっちゃうよね?」と思ったら、事務所から事務員とかケアマネが下りてきて、手伝ってくれた。
    これ、ある意味協力?だよね・・・?
    その前日、利用者40人の日になべをしたんですけど、「食介いる人も何人もいるのに、なべに具を投入したり、とりわけたりもせないかんよね?スタッフ全然おらんのにどうするんやろ・・・」と思ってたら、その日も、ケアマネや訪問のサ責や事務員が手伝ってくれた。
    これも協力?だよね。
    でも、赤字たれ流しのカスナース(通称カース)集団の訪問看護の奴らは、一人も手伝いに来ないな・・・?
    なぜだ?お前らが真っ先に来るべきだろ?どうせ仕事なくて暇なんだし。
    って、まあいらんけど。いや、絶対に来るな。
    それにしても、寝たきり重度の機械浴8人とか、普通なら「絶対できんやろが!!」とかキレるところだと思うんだけど、大変すぎて笑っちゃうっていうか、そのメンタルが不可解。
    カルニチン飲料飲んでたってのもあるのかもしれないけど、大変でもアハハ~って笑えちゃう時ってあるんですね。
    ランナーズハイみたいな感じなんでしょうか。
    まあ、利用者さん自体は、重度でもいい人なので、別に腹が立たないっていうのはあるんですけど。
    あと、そのシフト作った管理者も、一緒に入浴に入ってしんどい思いしてるから、管理者にも腹が立たないっていうのもあるんですけど。(笑)
    管理人様は、毎日「こんなんできるか!!」ってことの連続だと思うんですけど、大変すぎて笑っちゃうってこと、ありますか?

  14. 山嵐 より:

    >デイちゃんさん
    毎日お疲れ様です^^
    協力体制があって素敵ですね。
    一種のランナーズハイとか火事場の馬鹿力ってあるのかもしれませんね。
    笑ってしまうことはないですが、こなせてしまうことはあります。そして給料明細を見て後悔をしています。