クリスマスも正月もお盆も関係ないのが介護職員

Pocket

free-illustration-ojiisan-kurumaisu-irasutoya.jpg
世間では昨日がクリスマスイブで
今日がクリスマスですね。
皆さん、いかがお過ごしでしょうか。
私は昨晩夜勤でして、
今日が明けになります。
明けでブログ記事を書こうと思っていたのですが、
疲れきって寝てしまい日付が変わりそうな時間に書いています。

スポンサーリンク

◆介護施設ではクリスマスも正月もお盆も関係ない

介護施設には24時間365日利用者が生活していますので、
・土日祝日
・クリスマス
・大晦日
・正月
・GW(ゴールデンウィーク)
・お盆

という国民の休日や行事も関係ありません。
関係ないというのは、
『仕事として特段の配慮があるわけではない』
という意味で、
施設内の行事として催し物やイベント、アトラクションなどはあったりします。
ここで言いたいのは、
「国民が休んでいる日にも働いている」
という恨み節ではありません。
別にそういう仕事なのですから、
私自身も特に気にしていませんし、
今までもそうやって働いてきました。
来年の年明けも職場で迎える予定です。

◆相談員やケアマネは休める

同じ介護業界内でも、
直接的に利用者のケアに当たっていない相談員やケアマネは休みが取れます。
余程の緊急時に対応をする必要があるくらいでしょう。
絶対に休めないのは
・介護職員
・看護職員

くらいではないでしょうか。
それだけ利用者を直接的にケアしている職種は必要な人材であると言えます。
相談員やケアマネが必要ないと言っているのではなく、
『切羽詰まったものの質が違う』
ということを言いたいのです。
国民的行事や休日に休みが取れないと、
家庭を持っている人は歯車が噛み合わなかったりします。
「お母ちゃん、クリスマスも正月も仕事なの?」
「お父ちゃん、日曜日に一緒に遊べないの?」

そんな我が子を振り切り
「現場がお父ちゃん(お母ちゃん)を待っているんだよ」
などという恰好良いセリフを決めて颯爽と出勤するのです。
そう考えると、
やはりもっと現場職員の待遇を良くして欲しいと願います。
(スポンサーリンク)

◆特別な手当はつかない

国民的行事や休日に出勤をしても
特別な手当がつくわけではありません。
そうなると、出来るだけ出勤したくないのが本音です。
まずはパートさんが優先的に休みを入れます。
あとは正職員の中でのチキンレースが始まります。
あみだくじのような運任せのシフトを待ちますが、
シフトを作る人の思惑が存分に発揮されるので、
上司に好かれている人が休みを勝ち取れたりします。
そういう風潮も私は好きではありません。
損得勘定が発生しないよう、
やはり特別な日に出勤する職員には
特別な待遇が必要ではないでしょうか。
ちなみに、
私はクリスマスも大晦日も元旦も出勤ですが、
上司に嫌われているからではありません。
いや、厳密には嫌われているんでしょうが、
私のユニットのシフトを組んでいるのは私なのです。
自分が組んだシフトなので、
文句を言わずに出勤します。
他人や上司が組んだシフトなら文句を言ってしまうかもしれません。
普段頑張ってくれているユニットスタッフが
「もっと頑張ろう」
「続けていけそう」

そう思って貰える環境を提供するのが上司の役割なのです。
ちなみに私はしがないユニットリーダーなので、
上司というよりは
『リーダーという役割』
という存在だと思っています。
【参考記事】
ユニットリーダーという謎のポスト(前編)
ユニットリーダーという謎のポスト(後編)
3年ほど前に当時の介護主任から
『シフトを組む業務』
を勝ち取りましたので
ショートステイのシフトは私が組んでいます。
特養ユニットはまだ上司(現・介護課長&介護係長)が組んでいます。
この3年間で、
特養の退職者13名(内4名がユニットリーダー)
ショートの退職者0名

という結果からも明らかですが、
「やり方に問題があるのですよ」
と声を大にして言っても届かないのが介護業界の常識のようです。


介護職員ランキング

コメント

  1. デイちゃん より:

    夜勤お疲れさまです。(^-^)
    シフトを組む管理者自身が、現場に入ってしんどい作業をしてて、さらに「これはやばいからちょっと人をいれとこう」とか配慮が見えたりするならば、他のスタッフも、「管理者もしんどい思いしてるからな」「一応考えてくれてるからな」と、ちょっとくらいしんどくても我慢すると思います。
    が、管理者は現場に全く入らず、そのくせ「とにかく人を削れ」とかめちゃくちゃなシフトを組んでいるなら、スタッフは全員退職届を出すでしょうね。
    さてさて、妊婦常勤ですが、出産が早まった~とのことで、1月まで働くはずが急に産休に入りました。(笑)
    ただでさえ人員配置基準も満たしてないのに、さらに妊婦常勤分170hが減った。
    今日は管理者が来て現場に入ってましたが、これからどうするんでしょうね。(笑)
    あと、一日中奇声を上げてる利用者は、あいかわらず暴れまくってるらしい。しかも年末年始、毎日来るそうです。
    スタッフがつきっきりでマッサージしたり、叫びだしたら車に乗せてドライブに連れて行かなきゃいけないんだって。(笑)
    土日とか年末年始は事務所にも人はいないので、助けも呼べないし、どうするんでしょうね。(月末は請求でいるけど、みんなデイの営業時間外して来よう~って言ってた、呼ばれるから(笑))
    私?すいません、私はパートなんで、今日で仕事納めで、その後年末年始は有休をとって(笑)、次に出勤するのは1月5日なんですよ。
    以前は年末年始など率先して出てましたが、そうするとまた「デイは回ってる」とか言われちゃうでしょ。だから回らないようにしないとね。
    で、デイは本当に危機的状態だって、支店長さんに危機感を持ってもらわないとね~、と思ってるんです。
    ちなみに、認知症のじいさんスタッフは、その奇声をずっと上げてる利用者にキレたそうです。
    でも他の利用者さんもみんな爆ギレだからさ。そろそろお断りしないと、利用者もスタッフもいなくなっちゃうよ?と思うのでした。
    ま、その利用者さん入れたのは管理者だから、年末年始は毎日来て、他の利用者さんから「あいつをなんとかしろ!」と責められ、その奇声利用者と一緒にドライブしてもらいましょう。
    あ、ちなみに、通所介護はあくまで事業所内でサービス提供することとなっている上に、計画書にもドライブについて何も記載していないので、ドライブしてる時間は、サービス提供をしてるとは認められないので、介護報酬の算定はできないと思うのですが。(笑)
    自家輸送でもないので、大変に不適切な状態ですけどね。(笑)

  2. 山嵐 より:

    >デイちゃんさん
    おはようございます。
    コメントありがとうございます^^
    人員不足については年々悪化しているように思います。
    何故、人が増えないのか、増えていくどころか減っていくのか、ということを突き詰めて考えていく必要があると思います。
    もちろん収入面の問題もありますが、人間関係だとか組織の体制の欠陥だとか労働環境に起因する問題も大きいと思います。
    問題行動のある利用者についても、その程度や影響によっては利用をお断りしていく体制も必要だと思います。
    ワガママや拷問や暴力や暴言に耐えるのが『福祉』ではないはずです。

  3. デイちゃん より:

    コメントありがとうございます。
    頭がクリアな利用者さんは、その叫びまくりの精神病患者が来る曜日は、さっそく利用中止にしたようです。
    1人入れても、5人休んだら意味ないよね~。
    ちなみに、ナースが12月から入ったんですが、その精神病患者が来る日に勤務して、「こんなん無理や」と、一か月でやめることになりました。
    以前なら、「そんな利用者の受け入れは無理だ」「利用者もスタッフも減ってしまう」と管理者に言っただろうけど、私は何も言いませんよ。
    入れたのは管理者なので、自分で責任とってね~。
    ま、良くも悪くも、管理者は現場に入るので、ものすごく大変な日も、入浴介助には入るんですよ。
    だから、「現場がどんなに大変か知らないでしょ?」ってことはないので。
    がんばって働いてもらいましょう。
    機械浴が10人近い日もあるのですが、私がいたら機械浴6人はさばいてくれたけど、私はいないしね~。
    機械浴がんばってね!って感じです。
    スタッフがいなくなるのが先か、利用者がいなくなるのが先か。
    ま、スタッフいなくなったら、配置基準が満たせないので、利用者も受け入れできないから。
    利用者が、一日中叫びまくってる精神病患者だけにならないといいけどね。(笑)

  4. 山嵐 より:

    >デイちゃんさん
    こんにちは~
    コメントありがとうございます^^
    今後の管理者の判断が重要になってきますね。