「私は〇〇しない」と公言する人はいつか〇〇してしまう心理

Pocket

pawahara_man.png
「私は〇〇しない」
と公言する人がいます。
〇〇には何でもいいんですが
例えば
「怒らない」
「人に暴力は振るわない」
「気にしない」
「裏切らない」
「欲しくない」

などが入ります。

スポンサーリンク

◆意識しているから公言する

そういったことを公言する人は、いつかそれらをやってしまう可能性が高いです。
何故なら人間の心理として、
『意識しているから公言する』のです。
いつか
「怒ります」
「人に暴力を振るいます」
「気にします」
「裏切ります」
「欲しくなります」

本当に「〇〇しない」人は、そういうことを意識していないので思いつかないセリフになります。
ましてや口には出しません。
本当に無意識で口から出てしまったとしたら、潜在意識に擦りこまれていると言えます。
無意識で口に出し、無意識に行動に出てしまうでしょう。
極端な例ですが、
こんな事を言っている人いたらどう思うでしょうか。
「『〇〇すべき、〇〇であるべき』だとか、「べき」を多用する人は信用するべきではない」
実際、これに近い人がいたのですが、私は『激しく同意』してしまいました。
特大ブーメランを投げて思いっきり自分に突き刺さっています。
この場合も「べき」という言葉尻に意識がいき過ぎて、「べき」を使ってしまったのでしょう。

◆ネガティブ思考とリンクする

『ネガティブ』について何度か記事を書いていますが、ここで急に『ネガティブ思考』に結び付けます。
【参考記事】
ネガティブキャンペーンが現場スタッフの心を救う
ネガティブな事をさらけ出した方が心象が良い時もある
ネガティブ思考の人は負のオーラを漂わせマイナスな言葉や愚痴を吐いている印象がありますが
「頑張らない」
「やる気が出ない」

などと言っている人がいたとすると
「頑張ること」
「やる気を出すこと」

を意識しているからそういった発言が出るのです。
ですからいつか
『やる気を出して頑張ってくれる可能性』があります。
そのスイッチは
・自分の問題
・環境の問題
・待遇の問題

など様々でしょうが、
『意識を持っているだけマシ』だと言えます。
一番怖いのは、
『平然と頑張らない人』
ではないでしょうか。
全く無意識なのでスイッチさえありません。
もっと怖い人がいます。
もし介護現場で
「私は虐待なんかしない」
と公言する人がいれば注意しておく必要があります。


介護職員ランキング
(スポンサーリンク)