『今日のお花』ブログ紹介「アイリンブループロジェクト」をご存知ですか?

Pocket

top.gif
今日は私が日頃お世話になっているブロガーの「プニプニさん」のブログを紹介したいと思います。
(管理運営者であるプニプニさんの許可を得て画像掲載&紹介させて頂いています)
今日のお花(アイリンブループロジェクト)
というタイトルのブログなんですが、恥ずかしながら私は当初
「アイリンブループロジェクトってなんぞや?」
と思っていました。
皆さんはご存知でしょうか?
(スポンサーリンク)

スポンサーリンク

◆アイリンブループロジェクトとは

<アイリンブループロジェクトについて>
2011年3月11日。東日本大震災が発生。津波と火災が石巻を襲いました。その中で被災した幼稚園バス。乗っていたのは、佐藤愛梨ちゃん(当時6)ら、そのバスに乗るはずではなかった5人の子どもたちでした。
2015年5月27日。バスが被災した場所には、白いお花が咲いていました。芸術家のすがわらじゅんいちさんがそのお花を切り花として一輪だけ持ち帰りました。しかし、切り花です。根がない花ですから、やがて枯れてしまいました。被災場所も、かさ上げ工事で埋められてしまいました。
数ヶ月後、枯れたはずの花の周りから芽が出たのです。この花は愛梨ちゃんの名前から「あいりちゃん」という名前がつけられました。アイリンブループロジェクトはこの花を沢山増やし、全国で育てることで、震災の風化を防ぎ、命の大切さを伝えるものです。
【引用元】今日のお花(アイリンブループロジェクト)

今から約7年前、東日本大震災が発生し多くの尊い命が奪われました。
自然の脅威には勝てませんでしたが、
・復興を遂げようと努力をしている人
・苦しみも悲しみも全てを受け入れようとしている人

が今現在もいらっしゃるという事実を我々も受け止めなければならないと感じています。
決して対岸の火事ではないでしょう。
同じ日本で起こった災害なのです。
バスが被災した場所に咲いた「白い花」
根が無い切り花の周りから「芽が出た奇跡」
この「白い花」の名前を「あいりちゃんと名付けた想い」
「あいりちゃんという白い花とその想い」を増やすことで震災を風化させず命の尊さを伝えていくのが「アイリンブループロジェクト」という運動なのです。

◆ブログの概要は?

26170298_143086896335143_862233364816586247_o.jpg
プニプニさんのブログは

そのプロジェクト実施場所の一つ、仙台市泉区の三島学園東北生活文化大学・高校内にある花壇の様子と、私個人の日記を投稿するものです。
【引用元】今日のお花(アイリンブループロジェクト)

仙台市の大学・高校の花壇で実施されている「アイリンブループロジェクト」の様子とプニプニさん個人の日記が書き綴ってあります。
続きは是非
今日のお花(アイリンブループロジェクト)
の記事をお楽しみ下さい。

◆最後に

当時6歳だった愛梨ちゃんがもし生きていれば、今年13歳でしょうか。
幼稚園の年長だった子が中学1年生か2年生になっていたはずです。
無限の可能性を秘めた幼い命が奪われてしまうのは大変悲しいことです。
もちろん、愛梨ちゃんだけではありません。
沢山の尊い命が奪われてしまった大震災。
残された遺族は怒りのやり場もなく、
その苦しみ悲しみを想像するといたたまれません。
だからと言って私に何が出来るわけでもありません。
ただただ、このアイリンブループロジェクトというものを知って、共感し震災の風化を防ぐためにこの記事を書くことくらいが精一杯なのが正直なところです。
プニプニさんのブログに出会わなければ、このプロジェクトのことも知り得ませんでした。
そのひとつひとつの出会いや出来事が、
「私にとっては大切なもの」
だと感じています。
「いつか咲き誇る白い花を見に行きたいなぁ」
と思っています。


介護職員ランキング

コメント

  1. プニプニ より:

    ご紹介頂きありがとうございます。これからもどうぞよろしくお願いします^^

  2. 山嵐 より:

    >プニプニさん
    こんばんは~
    こちらこそ宜しくお願いします^^