人員不足の事業所の対応を見れば「経営者の無能さ」がわかる

Pocket

pawahara_man.png
介護業界は人材不足の介護事業所が多く
「人員が足りない」
「新入職員が入ってこない」
「どんどん職員が辞めていく」
「人材が喉から手が出るほど欲しい」

という状況です。

スポンサーリンク

◆人材が潤っている事業所もある?

いくら劣悪な介護業界でも
中には人材が潤っている事業所もあることでしょう。
現在の状況の中で職員が潤っているということは
①職員が辞めていかない
②辞めていかないので募集する必要もない
③安定したサービスと売上が確保できる

ということになります。

①職員が辞めていかない

「辞める理由がない」から辞めないのです。
待遇や人間関係が良いに違いありません。

②辞めていかないので募集する必要もない

欠員が出ないから求人募集する必要もないですね。
反面、求職者にとっては出会う確率が低くなっしまうというデメリットもあります。

③安定したサービスと売上が確保できる

毎月決まった人員の職員で決まった利用者に安定したサービスを提供するのですから、売上も安定します。
以上のような、常に人材が潤っている事業所もあるかもしれませんが
「ごく稀にしか存在せず、仮にあったとしても募集がないので就職できる確率は天文学的数字になる(当社比)」
と言えます。

◆人材不足の事業所は儲かっているのか

普通に考えて
少ない労働力で過大な業務とケアサービスを提供しているのですから『人件費と売上の比率』だけを見れば儲かっているはずです。
その利益を
「現場職員に還元していればまだマシですが、それもせず」
「ただ人材不足を嘆いているだけ」

という経営者がなんと多いことでしょうか。
もっと穿った見方をすれば
「売上が上がっているからこのままでいい」
と内心思っている無能な経営者もいるのではないでしょうか。
「自分には経営手腕がある」
と勘違いしている典型です。
しかし、人員不足を放置すると退職者に歯止めがきかなくなり、最悪の場合
・介護事故や事件の発生
・経営不能
・倒産

という事態を招きかねません。
そういう『リスク管理』ができる人が、本当の意味で「経営手腕がある」と言えます。
(スポンサーリンク)

◆対策と対応で無能さがわかる

人員不足の事業所が
・募集をしても応募がなく
・退職者に歯止めがきかない場合

どういう対策や対応が必要でしょうか。
【考えつく改善策】
①人員不足で売り上げた「浮いた利益」は職員へ還元
②応募がない、退職が続く原因を突き止め改善する
③新規利用者の受け入れをストップする
④1~2ユニット又はフロアを閉鎖し「他のユニットやフロアに職員を集約」して人員不足を解消する

等々、色々ありますが
『こういう対策をしていない事業所は無能』です。
【関連記事】
退職者続出の介護業界の経営者が無能な理由は?

◆何故、対策しないのか?

理由は考えなくても一目瞭然です。
「自分だけは損をしたくない」
「売上を下げたくない」
「世間体や体裁が悪い」
「無能と思われたくない」
「現状を受け止められていない」
「受け止める能力がない」
「対策をする能力がない」

という保身と能力不足による醜い理由にほかなりません。
要は「無能なくせに図々しい」のです。
こういうことを書くと
「介護業界が悪いわけではなく事業所が悪いのだ」
「そんなブラック事業所は転職だ」

という声がまた飛んできそうですが
「介護業界にブラック事業所が多数存在し、それを容認している介護業界も悪い」
と言えるのではないでしょうか。
なんせ、介護業界で石を投げればブラックに当たるのですから。


介護職員ランキング

コメント

  1. デイちゃん より:

    高齢者は増えていくけど、若い人は減っていくので、どこの介護施設も人不足になっていきますよね。
    介護保険がはじまって18年、ヘルパー2級をとって介護の仕事をはじめた人も、かなり年齢が上になってますからね。
    「体力的に肉体労働はもう無理」って人も増えてるんじゃないでしょうか。
    経営者というか現場に入らない管理者は、別にスタッフがいなくなろうが自分は関係ないんですよ。
    自分は現場の仕事しないから。オムツもかえないし、入浴介助もしないし、夜勤にも入らないし。
    人が足りなくても見て見ぬふり。というか見ない。で、売り上げとか数字だけ見て、無駄な会議をして時間をつぶしてる。
    「人が足りないんで~」とか言うんならさ、無駄な会議やめて、現場に入ったら?
    「訪問のヘルパーいないんで」って言うんなら、自分でサービスに出たら?
    あなたたちが座って無駄な会議するかわりに、現場に出てオムツ交換したら、確実に売り上げは上がると思うけど。
    あなたたちが経営に関する研修(笑)を受けるかわりに、デイの送迎に出たら、確実に人件費が削れると思うけど。
    で、相変わらず、「スタッフがいないんで」「知り合いに声かけて」って言ってくる。
    でもさあ、デイに新人が入っても、すぐ〇〇が足りないんで~って他に異動させるじゃん。で、それでデイの人が足りなくなったら、他の事業所でいらない人を押しつけるじゃん。
    そうなんです。最近気がついたんですが、デイに人を入れてはいけないんです。
    新人入れて、教育して、一通り仕事ができるようになった・・・ら、すぐ訪問とか福祉用具とかに異動させる。
    で、そのかわりに、グループホームの使えない奴を押しつけてくる。
    なので「デイはもう人員配置基準も満たせない」「運転手とか事務員とか介護職に数えても配置基準違反で減算になる」とかいう状態のままにしないとダメなんですよ。
    仕事は終わらないでしょう。
    事故も起きるでしょう。
    でも「スタッフが全員退職届出したので、来月から営業不能です」って状態にならないと、会社はこりないんです。
    そして、そろそろそのXデーは来そうですよ。(笑)

  2. 山嵐 より:

    >デイちゃんさん
    こんにちは~
    コメントありがとうございます^^
    「臭いものには蓋」とはよく言ったもので、管理者や経営者にとったら「利用者も現場スタッフも蓋」をされているのでしょうね。
    うちもXデーが近そうですが、今まで散々スタッフの自己犠牲で乗り切ってきたので、幹部はまだ涼しい顔をしていますね。
    どこの事業所も大差はないですね。