【ニュース】横浜 保育士不足で「保育園休園」保護者困惑

Pocket

illust2191.png
横浜市の保育園が保育士不足の為、休園することになり、37人の園児が3月いっぱいで転園を迫られているというニュースです。

スポンサーリンク

◆ニュース概要

横浜市の認可保育園が保育士不足のため休園することになり、園児37人が今月いっぱいでの転園を迫られています。市は、受け入れ先を確保しているとしていますが、保護者からは困惑の声が上がっています。
 この問題は、横浜市鶴見区の認可保育園が、保育士不足のために段階的に休園することを決めたものです。1歳と2歳の園児については来年3月まで1年間は残ることができますが、3歳から5歳の園児37人は今月いっぱいで転園を迫られています。
 保育園は保護者に対し、今月3日と5日に説明したということですが、突然の休園に保護者からは困惑の声があがっています。
 「用紙を渡されて、きのう知りました。何で今なの。2月ぐらいから行政と何回も打ち合わせしていたと。何でその時伝えてくれなかったのと」(保護者)
 「子どもの環境が変わるのはちょっと可哀想」(保護者)
 保育士不足で保育園が休園するのは異例で、保育園は取材に対し「保育士の補充ができず、このような事態になって申し訳ない」と話しています。
 「今回のことについて、市としても、重く受け止めている。相談窓口を設けながら、それぞれ保護者の方に出来るだけ寄り添った形での支援をしていきたい」(横浜市の担当職員 小田繁治氏)
 一方、横浜市は、今回の問題について転園する園児37人の受け入れ先は確保出来ているとしたうえで、出来るかぎり保護者の意向に沿えるようにしていきたいとしています。
【引用元】TBS NEWS 3/8(木) 15:40配信

◆保護者への説明が遅すぎる

介護職員と同様に人材不足に悩んでいる保育士ですが、
「37人もの園児が転園を迫られる」
という事態にも関わらず保護者への説明のタイミングが遅すぎると感じます。
3月の上旬に説明を行っていることから
「1ヶ月も猶予がない」
というのは問題です。
保育士不足の切迫性はもっと早くからわかっていたことなのに
・対応や判断が悠長だった
・なんとか乗り越えられると安易に考えていた
・早くに情報を流すと必要以上の不安感を保護者に与える可能性があった

という事業所のやり方や考え方は
介護士不足に悩む介護事業所にも同じことが言えます。
そのやり方で、
「園児や保護者に必要以上の不安と負担を与えてしまった」
という結果は大変お粗末なものであったというのは間違いありません。
どの業界であれ、今回の保育園や市の
・考え方
・やり方
・対応方法
・説明のタイミング

を反面教師として今後に活かしていって欲しいと思います。
(スポンサーリンク)

◆タイミングは悪かったにせよ判断は正しかった

転園を迫られてしまうことで
・保護者の不安や負担
・園児の不安やストレス

が当然あるかと思います。
残念な結果と言えますが、
もっと最悪なのは
「保育士不足のまま運営を続けてしまう」
という判断です。
もしそのまま保育園の運営を継続していたら
・園児の事故などのアクシデント
・マトモな保育ができない
・園児の成長過程での悪影響

などが発生する可能性が非常に高くなります。
そのような事態が発生してからでは「取り返しがつかない状況」になってしまいます。
現状では保護者や園児に負担が掛かるものの
「最低最悪の事態」
を避けることができたのは
正しい判断だったと言えます。
介護業界に話を振りますが、
「人員不足でも運営を続けてしまっている」
という事業所が非常に多いです。
介護業界は「最低最悪の事態へまっしぐら」と言えます。
介護事故や事件を多発させる前に、他業界や他産業から見習うべきことは多いのではないでしょうか。

◆保育士不足の原因

休園となった原因が「保育士不足」なのですから、原因を解消すれば問題はなくなるはずです。
介護士不足と同じように保育士不足も深刻な社会問題になっています。
何故、保育士は不足しているのでしょうか。
・社会的地位が低い
・給料が低い
・労働時間が長い
・将来性が無い
・過剰な要求をする保護者が増えてきた

という介護士によく似た原因が考えられます。
要は「割に合わない」のです。
割に合わない職業は割に合う職業になるように均衡を保てば人材不足に歯止めがきくはずです。
介護士不足もそうですが、今までそういった問題を
・おざなりにして
・スポットを当てず
・改善させず
・業務負担と対価の均衡を保たず
・権利者意識を振りかざし

追い詰めていったのは誰でしょうか。
賃金の改善も少しずつは対策をしていっているようですが、介護士の「処遇改善加算」然りで、
「全く間に合っていない」
というのが現実です。
物事には全て
「原因があって結果がある」
のです。


介護職員ランキング

コメント

  1. めど立てたい人 より:

    公務員も大概でしょうが、多分、まだ公営だからこそできた判断ではないでしょうか。
    逆に言えば、記事の通りに民間は平然と劣悪を突き通す。突き通せてしまう。
    保育はわかりませんが、老人施設運営はどんどん民営化してますからね…
    いろいろ端折りますが、ベーシックインカムをご存じですか?(前にも伺ったような気がしますが、定かではないです)
    ちなみに、財源は別に税金でなくとも運営できるようですが。
    (いろいろな案がありますが、管理人さんの理想的なBIを思い浮かべてほしいです)
    BIへの期待されていることの1つに、「生活費が賃金に依存しないため、嫌な労働をしなくてすむ」というのがあります。
    これは、介護が素晴らしいなんて頭がお花畑の人たちにとっても利益しかないのですがね。
    でも、頭がお花畑の人々が本当にほしいのは、入所者のためでもなく、金でもないことが浮き彫りになることをおそ

  2. 山嵐 より:

    >めど立てたい人さん
    こんにちは~
    コメントありがとうございます^^
    そうですね、民営だったらまだまだ劣悪を貫き通していたかもですね。
    現状でのベーシックインカムは生活保護等くらいしかありませんね。
    今後、労働者にもBIが導入されるとしたら素晴らしいことですね(あまり期待はしていませんが)。
    介護の世界もAIやロボットがほぼ全てを担うようになれば、我々は働かずして現状と同水準(一種の文化的で最低限度な生活を営む水準ほどにしかなりませんが)の給付を受け取り、時間を自由に使える時代が来れば心躍りますね。
    財源の確保で頓挫しそうですが。