「今日で東日本大震災から7年」今も7万3千人が避難生活を送っている

Pocket

house-10391.png
2018年3月11日
本日で「東日本大震災」から丸7年が経ちました。
「もう7年か」と感じるか「まだ7年か」と感じるかは人それぞれでしょうが、『3.11』を風化させてはいけないと個人的には思っています。
『今日のお花』ブログ紹介「アイリンブループロジェクト」をご存知ですか?』の記事も書いた通りです。

スポンサーリンク

◆まだ7万3千人が避難生活

gahag-0063591827-1.jpg

2万2千人以上が犠牲になった東日本大震災から、11日で7年になる。住居や道路、鉄路などまちの形は整備されつつあるが、人々の暮らしやコミュニティーの立て直しは道半ば。東京電力福島第一原発事故の傷痕はなお深く、廃炉作業は緒に就いたばかりだ。
 復興庁によると、被災者のための宅地を造る「高台移転」は90%、災害公営住宅は93%が完成した。国道や鉄道も100%近くが復旧、再開している。防潮堤は計画の92%で着工し、うち半分近くができあがった。今も約7万3千人が避難生活を送っている。
 7年が経ち、インフラを中心にまちの姿が再興する一方、人口の流出に歯止めがかからない。岩手、宮城、福島の3県は震災前と比べて約25万人減少。沿岸部を離れ、別の地で生活を再建する被災者が増えている。観光目的の宿泊者数は3県とも震災前の水準に及んでいない。
 原発事故に遭った福島では、4町村で避難指示が一斉に解除され、間もなく1年になるが、帰還者は少ない。農業産出額も回復していない。避難生活に伴う精神的苦痛に対して支払われてきた賠償は、避難指示がおおむね解除されたとして、3月分で終了する。
【引用元】朝日新聞社 3/11(日) 0:21配信

7年経った現在でも、7万3千人もの人が未だ避難生活を送っています。
徐々に復興しているとはいえ、
・人口も震災前より大幅に減少
・観光客も震災前の水準には及んでいない

というのが現実です。
「難生活に伴う精神的苦痛に対して支払われてきた賠償は、避難指示がおおむね解除されたとして、3月分で終了」
という現実も首を傾げてしまいます。
まだまだ環境的にも、精神的にも苦しんでいる人達が大勢いらっしゃる中で、私に出来ることは
・決して忘れない
・風化させない
・ブログ記事を書く

ことくらいなので本日はこの記事を書きました。
(スポンサーリンク)

◆検索は応援になる

jordskaelv_teaser-KZm3Hw30x1N_suk03eFIAw.jpg
今朝、出勤する前に気づいたのですが、
Yahoo!JAPAN(ヤフージャパン)』のホームページで
『「3.11」と検索すると、おひとりにつき10円が東北復興のために寄付されます』
というキャンペーンをやっているのを知りました。
決して私はヤフーの回し者ではありません。
ただ純粋にご紹介したかったので書かせて貰いました。
私は出勤前にこのキャンペーンを知り、
即座に「3.11」と検索をしました。
本来ならそのままブログ記事でご紹介をしたかったのですが、如何せん仕事だったもので記事を書く時間が無く、帰宅してから書いています。
「3.11」という日が終わるまであと数時間しかありませんが、もしこのキャンペーンをご存知ない方で、ご賛同される人は検索してみて下さい。
繰り返しになりますが
「検索は応援になる」キャンペーンは
Yahoo!JAPANで「3.11」と検索をすると、ひとりにつき10円がYahoo!JAPAN及び応援パートナーより東北復興に寄付されます。

そういう応援方法、支援方法があっても良いと思います。
最後になりましたが、
東日本大震災でお亡くなりになられた方々には心より哀悼の意を表します。
そして未だ苦しんでおられる方々が1日も早く「本当の復興」を遂げられるよう心よりお祈り致しております。


介護職員ランキング