介護職員の給料で毎月いくら貯金ができるのか?

Pocket

money_kyuryou_bukuro.png
いくら介護職員が薄給でも貯金や貯蓄がないと将来が不安になります。
今回は、介護職員が月にどれだけ貯金ができて、その貯金額を増やすにはどうしたら良いのかを検証していきたいと思います。

スポンサーリンク

◆手取り18万円(標準的な介護職員の月収)の場合

介護職員の標準的な手取り月収18万円をモデルに考えていきます。

支出

家賃     60000円
食費     30000円
光熱費    10000円
水道代    3000円
通信費    10000円
生命保険   10000円
日用品    3000円
交際費    10000円
嗜好品    10000円
娯楽費    5000円
教養費    5000円
自動車維持費 10000円
支出合計:166000円
残金は14000円となり、その分が月の貯金額になります。
しかし、突発的な出費などに対応するといともたやすく飛んでいく金額になります。
また、介護職員にありがちなのですが、このなけなしの1万円程を増やそうとパチンコ等のギャンブルに投機して負けて失ってしまうパターンも多いようです。
余裕資金が少ないと増やしたくなるのが人間の性(さが)ですが、ギャンブルは負ける確率が高いのでオススメしません。
そうなると、貯金額を増やすには「支出額を減らす」必要があります。

◆削れる出費は?

publicdomainq-0009066vfu.jpg
大胆に出費を削り支出額を減らしましょう。

家賃

都会では1Kでも家賃60000円を超えてくるでしょうから、田舎を選択する必要があります。
手取り18万円の水準では住宅ローンも組めません。
可能なら風呂トイレ共同の家賃30000円くらいの物件を見つけましょう。
それで30000円節約できます。
【参考記事】
介護職員は新築の家を購入し「一国一城の主」になることは可能なのか?

食費

毎日入浴介助や残業でヘトヘトでしょうが、寝る間を惜しんで自炊をしましょう。
職場には弁当を持参して下さい。
外食なんてもってのほかです。
1日に使える食費は飲料代も含めて700円以下に抑えて下さい。
これで10000円節約できます。

光熱費

電気代やガス代です。
出来るだけ電気やガスを使わないようにしましょう。
夜はろうそくの火を使い家中のコンセントも抜いておきましょう。
ろうそくを倒して火事を起こさないように細心の注意を払って下さい。
これで3000円の節約になります。

水道代

これは普通に使っていても基本料で収まると思いますが、節約に心掛けましょう。

通信費

携帯代金やインターネットの通信料等です。
携帯電話はガラケーにしましょう。
パソコンは高額ですし通信費も掛かるので介護職員の間は諦めましょう。
これで7000円の節約になります。

生命保険

医療保険や養老保険やがん保険や年金保険等です。
これは削れるというか、実際保険を掛けていない独身職員が多いです。
既婚者は加入割合が高くなります。
保険を解約すれば10000円の節約になります。

日用品

筆記用具や洗剤やシャンプー等です。
節約できる部分は節約しましょう。

交際費

飲み会代金やデート費用等です。
出来るだけ飲み会は断り、可能ならば相手に払ってもらいましょう。
それで10000円節約できます。

嗜好品

酒やタバコやコーヒーやお菓子等です。
全部やめましょう。
それで10000円の節約になります。

娯楽費

趣味の為に使うお金です。
介護職員ならお金の掛かる趣味は諦めましょう。
それで5000円の節約になります。

教養費

自分の勉強の為に書籍や教材を買ったり、研修に参加するための費用です。
図書館を利用したり無料の研修にのみ参加しましょう。
それで5000円の節約になります。

自動車維持費

ガソリン代や自動車保険料や修理代等、車を維持するために必要なお金です。
毎年自動車税も掛かり、2年に1回車検が必要です。
介護職員は自動車を買うなんて贅沢です。
安い軽自動車は修理代で余計に費用がかさみます。
ですから、介護職員は自転車で移動しましょう。
健康にも良いです。
これで10000円の節約になります。
以上で、ナント合計10万円の節約が可能になります。

◆価値観の違いはあれど

o0781078014081712887.png
大胆に出費を削減する内容を書いていて、イヤになりました。
我ながら「実行不可能なこと」を書いているからです。
わざと極端なことを書きましたが、節約する為には「断捨離」が必要不可欠です。
真面目に考えて、本当に削れそうな出費は
・食費
・交際費
・嗜好品
・娯楽費
・教養費

の中から10000円~15000円程でしょう。
そうなると
「手取り18万円の介護職員の余裕資金は2万円~3万円」
というのが常識的な範囲ではないでしょうか。
それでも「心もとない金額」であることには変わりありません。
もちろん、人それぞれ削れるものや削れないものが異なってくると思います。
何が必要で何が不要かは、個人個人で価値観が異なりますが
「与えられた環境と収入によって枠が決められてしまう」
ということが言えます。
生活保護の支給額が
「健康で文化的な最低限度の生活を営むに値する金額」
だとするならば
その金額に限りなく近い(若しくは負けている)介護職員の収入は、貯蓄に値しない収入と言っても過言ではありません。
生活保護は貯金をしてはいけない、又は貯金の上限が決められています。
つまり、生活保護と同水準の収入で貯金をしようとすると
「健康で文化的な最低限度以下の生活」
をしなければならないことになります。
それが現状で介護職員が置かれている環境と待遇になります。
(スポンサーリンク)

◆収入を増やすという選択肢

money_5000.png
節約上手な人や実家暮らしの人は現状の収入でも蓄えが可能かもしれません。
しかし、普通の生活をしながら家賃を払って生活していこうとするならば、正直節約だけでは限界があります。
そうなると「収入を増やす」ということを考えねばなりません。
まず、思いつくのが「副業」ですが、介護業界は満足な収入を与えていないにも拘わらず「正職員は副業禁止」の事業所が多いです。
早出や遅出や夜勤など、様々な勤務体制があるため、副業をされることによって、全ての勤務に対応出来なくなることを恐れているのが理由のひとつです。
しかし、それならば副業しなくても満足ができる収入を与えてくれれば良いのですが、それもしないのが介護業界の図々しさです。
そうなると
・残業手当
・夜勤手当
・役職手当
・昇給
・勤続10年以上の介護福祉士に月8万円政策

くらいしか収入を増やす方法がありません。
どれも「棘(いばら)の道」になります。

残業手当

毎月残業を40時間すれば40000円程度の残業手当が貰えるでしょう。
その40000円を貯金に回す方法です。
しかし、介護現場での40時間の残業は相当過酷です。
身体を壊さないよう気をつけて下さい。

夜勤手当

現状で毎月5回程度の夜勤の回数を増やす方法です。
他の職員の兼ね合いもあるので上司に相談が必要です。
しかし、仮に夜勤が2回増えても1万円程度しか手当が増えず、過酷な夜勤に対して「割に合うか」ということは十分に熟慮して下さい。

役職手当

これは会社が決めることなので自分ではどうにもなりません。
ただ介護リーダーレベルなら誰でもすぐになれます。
それ以上の昇格はフン詰まり状態なのと、綺麗ごとを言い続ける必要があります。
【参考記事】
介護業界で出世したかったら綺麗ごとを言い続けよう
他業界で言うリーダーと「介護業界のリーダー」は全く異なるもの

昇給

介護業界でも毎年少しずつ昇給していきますが、毎年1000円~2000円程度の塩らしさです。
昇給にこそ大胆さと図々しさが欲しい所ですが、それは叶いません。
「勤続10年経って今より基本給1万円~2万円アップ」
程度の昇給になります。

勤続10年以上の介護福祉士に月8万円政策

「とにかく10年間は耐え忍びなさい」という政策です。
しかも2019年10月から開始予定なのでまだ始まっていません。
余談ですが、この政策は「事業所の柔軟な運用」を認めているため、私の事業所は「全職員(他職種含む)で均等に割って支給する」旨の通達がありました。
1人当たり1万円前後になるかと思います。
危惧していた状況が現実になりそうです。
本当に夢のない業界です。
【参考記事】
「勤続10年以上の」介護福祉士に月8万円支給しても改善にはならない
上記方法で増えた金額を貯金に回すことが出来ます。
但し、それは「生活水準を現在よりも向上させない」という前提です。
利用者のQOL(生活の質)を向上させる前に、介護職員の生活水準をどうにかして欲しいものです。

◆ボーナスで息継ぎをする

pose_peace_sign_man.png
節約をして月2万円~3万円の貯金が可能だとしても、車のローンがあったり、車検タイミングが重なったり、何らかの返済があると貯めても貯めてもすぐに切り崩さなくてはならなくなります。
若しくは「全く貯金が出来ない」という状況も発生します。
毎月毎月、過酷な業務と酷な収入で回遊魚のように泳いでいる介護職員ですが、年2回のボーナスで何とか息継ぎをして新鮮な空気を吸うことができます。
まとまった金額を貯金したり、買いたかったものを買ったり、旅行に出掛けることができます。
ボーナスがあるという点は生活保護と違う所です。
ですから、正職員なのにボーナスが無かったり、著しく低い事業所で働くことは
「限りなく奴隷制度に近い働き方」
と言えるのかもしれません。

◆まとめ

・標準的な介護職員の貯金額は月1万円程度
・節約をすれば月2万円~3万円の貯金が可能
・ローンや返済を抱えていると貯金が出来ない
・突発的な出費や車検タイミングが重なるとすぐに貯金を切り崩さなくてはならない
・健康で文化的な最低限度の生活を断捨離すれば月10万円以上の貯金が可能
・介護職員は収入を増やす方法が限られている(どれも棘の道)
・年2回のボーナスが唯一の息継ぎタイム

ここで申し上げておきたいのは
「固定費(家賃や通信費等)を安く設定すれば貯金が可能」
「介護職員の現状の収入でも節約次第で貯金が可能」

と言う人と意見をぶつける気はありません。
現状で貯金可能な人や満足している人は、そのまま生活していけば良いと思います。
私が言いたかったのは
「介護職員でも今より生活水準や質を上げたい」
「介護職員でもゆとりのある生活がしたい」
「介護職員でも無理なくより多くの貯蓄がしたい」
「選択可能な枠が広がる職業でありたい」

ということに本旨があります。
手取り18万円のモデルで考察しましたが、世の中には手取り15万円以下の介護職員も多数います。
夜勤や残業をしなければ「人並み(より少ない可能性あり)の給料」が貰えないという業界全体の体質を根本から考えていかないと、いつまで経っても人材不足は解決しないことでしょう。


介護職員ランキング

コメント

  1. 現役保険営業マン より:

    こんばんは。
    数年前に、結婚を機に低収入の解消が見込めない介護職員を辞めて、別の業界に転職する男性職員が多い、という記事を新聞で見たことがあります。
    今も変わっていないようですね(大汗)。

  2. 山嵐 より:

    >現役保険営業マンさん
    こんばんは~
    コメントありがとうございます^^
    いつまで経っても変わらないものですね。
    「Never change」とは介護業界の為の言葉なのかと錯覚してしまいます。