「誤嚥してもいいので好きなものを食べさせたい」という謎

Pocket

illust4347.png
高齢になると嚥下機能が低下して誤嚥しやすくなります。
毎年、お正月になると餅を喉に詰まらせた高齢者の悲しいニュースが流れてきます。

スポンサーリンク

◆嚥下障害の症状と原因

嚥下障害の症状としては
・食事中にムセる
・固形物を噛んで飲み込めない
・食事をすると疲れてしまい最後まで食べきれない
・食後に声が枯れたり痰が絡む
・食事量が減ったり偏食になることで体重が減る

などになります。
原因としては
脳卒中や腫瘍や炎症や外傷や歯の欠損などの原因の場合もありますが、高齢者の場合は長年嚥下機能(舌や咽喉頭および食道など)を使ってきたことによる機能低下が主な原因となります。

◆嚥下障害が引き起こす病気

嚥下障害になると
「誤嚥性肺炎」を起こしやすくなります。
飲み込んだものが上手く食道に流れず肺に流れてしまうことで肺炎を引き起こします。
食べ物や飲み物だけでなく、自分の「唾液」でも誤嚥を引き起こすことがある為、何かを口にしなくても常に肺炎になるリスクがあります。
その他にも、上手く咀嚼出来ないまま嚥下することで
・消化不良
・消化不良による下痢や便秘

なども起こりやすくなります。

◆嚥下障害のある人への対応

gohan.jpg
嚥下障害のある人に対して介護施設では
・主食をお粥やミキサー状にする
・おかずを刻んだりミキサー状にする
・水分や汁物にとろみをつける
・食事摂取のスピードに注意する
・食事姿勢や角度に注意する
・食後の口腔内の食物残渣物の除去

などの対応が行われます。
利用者の健康管理と誤嚥を防ぐための対応になります。
しかし、形を得ない食べ物やとろみのついたお茶は見た目も美味しそうに見えませんし、実際味も美味しく感じません。
そこでよく家族などから言われるのが
「もう高齢で先は長くないのだから、誤嚥してもいいので好きなものを食べさせてやりたい」
という希望です。

◆家族が希望すればいいのか

free-illustration-ojiisan-kurumaisu-irasutoya.jpg
こういう希望はどの施設や病院でもありがちです。
しかし、もし万が一
「何かあった場合誰がどう責任を取るのか?」
という問題があります。
もちろん、家族の希望なのですから家族に責任を負って貰う必要があります。
責任の所在が明らかになっても
「人道的にどうなのか?」
という問題が出てきます。
家族が希望し責任を負うにしても、明らかに誤嚥のリスクが高まる行為を介護職・医療職・リハビリ職・栄養士として、それ以前に人間として見過ごせるか、ということです。
現状では
「その人らしい人生」
「好きなものを食べれる楽しみや生きがい」

という観点から家族の希望があれば好きなものを食べて貰っているというのが一般的となっています。
本人の意思疎通が可能ならば、本人の希望が最優先されるのですが、介護施設などでは認知症等で意思疎通が取れない利用者も多いので最終決定は家族が行うことになります。
しかし、それは家族の希望であって本人の希望ではありません。
本人の希望が不明なのに家族が希望する所に闇が存在するのです。
(スポンサーリンク)

◆最終的には想像と自己満足の世界

virus_seki.png
好きなものを食べて満足するか、喉に詰めたり誤嚥性肺炎になったりするかはリスキーなチャレンジになります。
本人の表情や摂取状態で喜んでいるかそうでないかはわかるにしても、大体はムセます。
健康な我々でも飲み込む時に気管の方に入ってしまい、むせ込んだことが経験があるかと思いますが
「ムセると物凄く苦しい」です。
息も出来ず顔を真っ赤にして気管に入ったものを出そうと咳をします。
しかし、高齢になるとその咳嗽(がいそう)機能も低下しているので、今まで聞いたことの無い音が聞こえ肺に流れていきます。
今までに聞いたことの無い音とは、文字で表現しにくいですが
「キュプキュプゴキュキュプ…」
「ヒュ~キュプゴキュゴキュヒュ~…」

という喉から気管(そして肺)に入っていく音です。
ビックリして慌てて職員を呼びに来る家族もいますが、起こるべくして起こった結果と言えます。
覚悟していたことなので
「最期に好きなものを食べれて良かった」
「きっと喜んでいるだろう」

という想像と自己満足で自らを慰めるしかありません。
そういう行為を批判しているわけではなく、そう思えるのならそういう選択肢もありだろうということが言いたいのです。

◆「自分ならどう思うか」という考え方

publicdomainq-0009066vfu.jpg
常に心掛けていることですが
「自分ならどう思うか」
ということを考えています。
もし私が利用者の立場で、嚥下障害があった場合
「いくら好きなものであっても誤嚥したりムセたりする食事はやめて欲しい」です。
長生きしたいとか早死にしたくないとかということではなく
「誤嚥してムセたり肺炎になって高熱が出るのは苦しいので勘弁願いたい」
というのが本音です。
いくら過去に好きだったものだろうと、自分に苦しみを与えるような食事は「即刻大っ嫌い」になります。
これはあくまで私の個人的な考え方なので、世の中の人達の中には他の考え方や価値観があるかもしれません。
しかし、食事や味の好みが年齢とともに、又は何かのキッカケで変化していくのはよくあることです。
「その人らしい人生」と言いながら過去に縛られしがみついているのは一体誰なのか、ということをゆっくりと考えてみることも大切かと思います。


介護職員ランキング