「老害となりつつある介護職員」とどう折り合いをつけていくか

Pocket

l_011.gif
私のユニットに70歳を超えても尚現役の介護職員がいます。
心身ともにまだまだ元気で、その体力と気力は本当に尊厳に値します。
私が勤めている法人が設立された当初から在籍されているので、勤続年数は30年を超えます。
60歳で定年(現在の定年は65歳)となった後も嘱託職員として10年以上勤務されています。
介護の経験年数から言えば、私は足元にも及びません。

スポンサーリンク

◆尊敬すべき点

illust2191.png
同一法人に30年以上も在籍しているだけで尊敬に値します。
ユニットリーダーもされていましたし、介護職員と生活相談員の兼務も経験されてきました。
70歳を過ぎた今でも
・夜勤以外の勤務は全てこなす
・体操とレクリエーションを毎日行う
・入浴介助を毎日5人~8人平気でこなす
・パソコン業務からも逃げず進んで行う
・移乗や排泄介助もバリバリ行う

等々、普通の70歳代の職員なら逃げ出しそうな業務も当然のようにやってくれます。
うちの法人では理事長と同じ在籍年数になるので、その職員より先輩は存在しません。
だからと言って威張るようなこともしないので、分をわきまえたスタッフなのです。
そんな人物に「老害」という言葉を使うのは大変申し訳ないのですが、やはり高齢になるにつれて年相応の困った状況が出てきました。
(スポンサーリンク)

◆困っている「老害」

illustrain10-kaigo24.png
本人は恐らく悪気はないでしょう。
悪気が無く困った行動をするのは「サイコパス」と言えますが「その職員は以前はそんな人では無かった」という点で「老害」と言えます。
具体的に言うと

①仕事の優先順位を無視するようになってきた

最近特に「体操」に命を賭けていらっしゃいます。
自分の健康管理も兼ねて、私生活で体操教室やダンス教室に通われています。
そこで習った体操をユニットで利用者と一緒にやってくれるのですが、その回数が多すぎます。
人員不足の状況なので、1日1回で御の字なのですが
・朝の体操
・午後の体操&レクリエーション
・夕の体操

と、1日3回も体操の時間があります。
そのお陰で他の職員の業務負担が増えたり、残業をしなければならなくなってきました。
うちのユニットはショートステイなので、朝は入所者が来ます。
利用者の誘導と荷物チェックをしなければなりませんが、その時間に体操を始めてしまうので他の職員1人でしなくてはならなくなります。
入所人数が多い時は職員1人では大変なので、夜勤明けの職員が残業をして手伝っています。
体操をせずに利用者の誘導や荷物チェックを手伝ってくれれば、夜勤明けの職員は帰れるのですが、どうやら優先順位がわからなくなってしまったようです。
そもそも、ここは「老人ホームなのであって体育大学とか、それに類する何かでは無い」ので、1日に3回も体操はしなくていいと思います。
利用者もクタクタになります。

②言われたことを忘れるようになった

優先順位を無視した体操について他の職員からも苦情が出ていたので本人に直接
「人員不足なので、優先順位を考えてやって欲しいです」
「必要な業務が終わったあとの空いた時間に体操しましょう」

と言いました。
「そりゃそうだ」
と返答がありました。
その後しばらくは体操のタイミングと頻度は丁度良くなっていましたが、またすぐに元の通り1日3回に戻りました。
年相応の物忘れで、言われたことを忘れてしまったのでしょうか。
何度も同じことを言う必要があります。

③水分摂取の鬼になった

水分摂取は大切です。
高齢者の場合は知らぬ間に脱水になり命に関わることにもなります。
しかし、過剰に摂取させるのも問題です。
老害職員は
「体操をしたら汗をかくから、たくさん水分を摂取しましょう」
と言って「体操と水分摂取のコンボ」をぶち込んできました。
・15時のおやつ時に水分400㏄
・夕の体操後に水分200㏄
・夕方時に水分400㏄
・寝る前に200㏄

という具合に15時から寝るまでに1200㏄もの水分を摂取させようとします。
多量の水分を摂った利用者は
・夜間の尿量が増える
・夜間にトイレに行く回数が増える

ということになります。
夜間にトイレに何度も行くことで
・転倒のリスクが高くなる
・ゆっくり寝れなくなってしまう

という副作用が発生します。
利用者も大変ですが、ワンオペ夜勤者も大変です。
全利用者が多量頻回に尿が出て、転倒のリスクまでついてきます。
「水分を全く飲ませるな」とは 言いませんが、適切なタイミングに適度な量を摂取して欲しいと思います。

④プライドが高くなった

元々、ユニットリーダーをしていて他のどの職員よりも先輩なので、いくら70歳を超えようが嘱託職員になろうが、良い意味で責任感があります。
「まだまだ若い者には負けない」
「年老いた自分を見せたくない」

という高いプライドがあるのでしょう。
パソコン業務もやってくれるのですが、実際、入力ミスや入力漏れが結構あります。
後から見直して訂正する方が手間なので、この際パソコン業務はやって貰わなくてもいいのですが
「パソコンやっておくので置いといて下さい」
と言っても
「大丈夫大丈夫、帰るまでにやってしまうわ」
と言ってパソコンの前からどいてくれません。
まさか
「いつも間違いだらけなんで、やってもらうと余計手間なんです」
とは言えません。
高いプライドを傷つけてしまうからです。

◆「老害職員」とどう折り合いをつけるか

publicdomainq-0009066vfu.jpg
世の中の介護事業所にはもっとひどい「老害職員」がいることでしょう。
私のユニットの職員は良い所も十分にあると思っているので
「すぐさま排除」
という選択も心苦しいものがあります。
しかし、現に他の職員にも迷惑や負担が掛かっている以上、何らかの対応が必要になってきます。
本来ならば、老害職員は1人の人員配置として頭数に入れず、それ以外の職員で勤務のシフトを組み
「嘱託職員が来てくれれば御の字」
「嘱託職員が来てくれれば体操やレクが充実する」

というプラスアルファの存在であれば他の職員への被害は少なくて済みます。
しかし、現状では後期高齢者間近な老害職員さえも1人の貴重な人員としてシフトに織り込まれているために、「老害被害」が発生しやすい環境になっています。
正に「排除したくても出来ない存在」となってしまっています。
介護業界の人員不足が解消すれば大方解決するのですが、恐らくこのまま人材は集まらないでしょう。
現状で出来る折り合いのつけ方は
・言ったことを忘れている時は、その都度伝える
・「良い所」を活かせる業務をしてもらう
・過剰に負担を背負わず割り切って仕事をする
・老害被害に遭わないように身のこなし方を習得する

ということになるかと思います。
正に『「現状維持」を目指すしかない介護職員と介護業界の闇』が存在するのです。


介護職員ランキング

コメント

  1. デイちゃん より:

    こんにちは。
    話を聞いてると、その老害スタッフは、軽度認知機能障害の疑いがあるのではないでしょうか。
    年齢もそれなりですので、これからは改善は難しいでしょうね。
    あと、スタッフの評価って相対的なものなんですよ。
    ひどいスタッフがいても、さらにひどいスタッフが入ってくると、「ああ〇〇さんはまだマシだったんだ・・」ってなるものなんですよね。
    なので、その老害スタッフよりひどいスタッフを思い起こし、「ああ老害さんは~してくれるだけまだマシだわ」と思えば、少しは憎しみが減るような気がします。(笑)
    今後の対策としては、
    (1)老害スタッフは、軽度認知機能障害が重度化しないか、観察する(笑)
    (2)老害スタッフが体操するたびに、よりひどいスタッフと比べて「あの人よりましだ」と納得する(笑)
    でどうでしょう。(笑)

  2. 山嵐 より:

    >デイちゃんさん
    こんばんは~
    コメントありがとうございます^^
    そうですね、観察は行っています^^
    現状の人員配置ではそういう状況の事業所も多々あるかと思います。
    そうやって自分を守りながら働いていくしかないですね。

  3. デイちゃん より:

    私のデイも、67歳の介護スタッフとナースがいますが、まあ物忘れがひどいですねえ。
    利用者の名前が覚えられないし、しなきゃいけない仕事をし忘れてたり、今何をしてたかわからなくなったりとか、もう認知症だね・・というレベル。
    しかししかぁし!!
    新しく送り込まれてきた使徒レベルな新人。もうすごすぎた。過去最強かもしれない。
    ・利用者の名前が覚えられないのは当たり前、利用者を間違った名前で呼び続ける
    ・血圧60/30とか普通に書いてる、しかもまだ来てない人のところに(笑)
    ・入浴介助中、必ず行方不明になる
    ・入浴は、自立してる利用者を全介助し、一般浴槽のへりに座って利用者とだべってる
    ・管理者が注意してもスルー
    ・利用者が怒ってもスルー
    ・他のスタッフが注意すると舌打ちをする
    ・他のスタッフが、使徒に仕事をさせようと、「これやって」「あれやって」と指示すると、「私だけにやらすな!」と逆切れ
    ・重度は完璧スルー、身体介護ははいっさいしない
    ・食事介助だけは積極的にするも(座って楽できるかららしい)、利用者をむせさせまくり
    ・経口摂取不可の利用者の前に普通にお茶を置く、とろみ必要な利用者が覚えられない
    ・初対面の利用者に、〇〇ちゃんと呼びかける、しかも名前まちごてるし!
    ・五本指ソックスを利用者がはこうとしてたら、「あんたこんなめんどくさいんはいて!」などと言い、利用者が激怒
    ・利用者に靴をはかせるも、左右逆にはかせてて、利用者が転倒しそうになる(前代未聞)
    ・個人情報のテスト(誰でもうかる簡単なもの)に永遠にうからない
    ・契約書をまともに書けず、何回も書き直し
    ・頭のしっかりしてる利用者にはすぐに「こいつ異常者や」と見抜かれ、介護拒否
    ・認知症のある利用者にも、「私、あの人きらい」と、本性をすぐに見抜かれる
    ・利用者の鼻に指をつっこみ、牛!(鼻輪のつもりらしいわ)と言っていた(ドン引き)
    などなど、驚愕・ドン引きの連続です。
    が、使徒本人によると、ヘルパー経験は15年くらいだそうです。
    「私あんたより長いで?あんた何年?私のほうが仕事できるで?」とほざいてました。(笑)
    なので、その使徒に比べれば、じいさんスタッフのほうが、まだできる仕事があるだけましですね。
    今までは、じいさんスタッフにイライラしてましたが、使徒が入ってきてから、じいさんスタッフにイライラしなくなりました。
    この使徒、いつまでいるのかな?
    私はおもしろくて、見てるとあきないのですが、他のスタッフ&利用者はみんなイライラがマックスになってますね。
    あ、ちなみに、使徒は性別は女なんですが、キラキラしてますね。爆笑
    長文失礼しました。

  4. 山嵐 より:

    >デイちゃんさん
    こんにちは~
    コメントありがとうございます^^
    内容から推測するとそのキラキラスタッフは「サイコパス」ですね。
    そういうとんでも職員って大なり小なりどこにでも存在しますね。

  5. デイちゃん より:

    どうもです。
    サイコパスってなんか、知能が高いイメージがあるんですが、その使徒は知能は高くないので、単なる異常者になってますね。
    使徒が、暴言暴力がある利用者(最近はおさまってる)の洗髪をしてたら、「お前、耳に水がはいっじょるやろが!!」と利用者が怒鳴ったんですよ。
    でも使徒はスルー、「はいはい、大丈夫ですよ」
    利用者「水がはいっじょる言よるやろが!!」
    使徒「はいはい」
    利用者「いい加減にせえ!!くらっしゃげるぞ!!」
    使徒、無言でスルー。
    そう、この使徒、どんなに怒られても、どなられても、スルーなんです。
    なので、暴力暴言がある利用者とかの介助には向いてるかもしれませんね。
    でも介助方法がいちじるしく不適切だし、そもそもどなられないように介助するのもスキルだと思うし。
    結局、いらないのかな・・・。
    ま、とんでもない事件事故がおこったら(もうおこってるけど)首なのかな。
    どこまでかきまわしてくれるか、楽しみです。

  6. 山嵐 より:

    >デイちゃんさん
    反社会性のある精神病質にあてはまればサイコパスの可能性がありますね。
    普通の業界ならそんな職員は即刻クビか何らかの処分があるでしょうが、事故か事件が発生するまで泳がせる介護業界もなかなか闇が深いですね。

  7. デイちゃん より:

    私は、使徒が全く仕事しない・できないので、注意したら、使徒が「私はあんたより長いんやで?あんた何年?私のほうが仕事できるんやで?」とのたまったんで、いったん引いて、その使徒を罠にはめるべく動き出したんですが。(笑)
    でも罠にはめるまでもなく、使徒は、自分から周りに敵を作りまくってますねえ。
    頭のしっかりした利用者さんには、「あんた、早く〇〇しよう!」って注意されてるし。
    他のスタッフは、使徒徹底マークって感じで、聞いてる私がちょっと胸が痛くなるほど、使徒にあれこれ言ってるし。
    「そんな危険なやり方やめて!?」「次これして」「前そうするなって言うたやろ?」とかとか。
    ま、使徒は完全スルーなんだけどさ、でも周りが敵ばかりだとちょっと嫌な感じだよね・・・。
    でも使徒をこき使おうとすると、使徒が「私だけに言うなよ」「あんたは何してるの?」とか反発してくるんです。
    で、私は使徒には「すいませんけど、〇〇してくれますか?私は〇〇するので」と言うようにしています。
    で、ちょっとでもしてくれたら、「どうもありがとう」って言ってますね。
    私は使徒がはがくて、もう4月末でやめてやろうかなって思ってたけど、使徒がかきまわすのがおもしろくなってきて(笑)、とりあえず5月の運動会まではいようかなって感じですね。
    運動会は誰もやり方わからないし、最後のご奉公で私が一人でやってあげます的なね。(笑)

  8. 山嵐 より:

    >デイちゃんさん
    おはようございます。
    コメントありがとうございます^^
    人間、恨みを持つとどういう行動に出るかわかりませんので注意が必要かもしれませんね。
    以前、職員用のポットの中に下剤を混入させたヘルパーの事件があったのを思い出しました。