ワンオペ夜勤は過酷「でも夜勤入れて下さい」と言わざるを得ないのが介護業界

Pocket

夜勤.jpg
私のユニット(ショートステイ)の勤務表は、私ともう1人のユニットリーダー(兼介護主任)の二人で、隔月で交代交代で作成しています。
職員の中でも
・早出が好きな人
・日勤が好きな人
・遅出が好きな人
・夜勤が好きな人

職員によって様々です。
そういった個々の希望や適性を考えながらシフトを組んでいるのですが、この前若い職員からこう言われました。
「恋人と結婚したいので夜勤を沢山入れて欲しいです」
要は
「結婚をしたいので、お金を沢山稼ぐ必要があるので夜勤手当で給料を増やしたい」
という意味になります。

スポンサーリンク

◆過酷な夜勤を増やさないと人並みの収入にはならない

money_kyuryou_bukuro.png
今まで何度も当ブログ記事で書いているように、ワンオペ夜勤は相当過酷な業務になります。
ニュースで流れるような介護施設での事故や事件の殆どは、夜勤帯での出来事が多いです。
確かに日中業務と比べて椅子に座っていられる時間も多いですが、その時間は書類作成やパソコン作業に充てる必要があります。
そんな過酷な夜勤を自ら志願する最大の理由は
「夜勤手当で給料を水増ししないと人並みの収入が得られない」
ということがあげられます。
人並みの収入の定義は人によって違うかもしれませんが
「手取りで20万円前後」
だと思って下さい。
恐らくその金額でも他業界から見れば低いかと思います。
夜勤を1回でも多くするか、残業を何十時間もすることくらいしか介護業界では給料を人並みにする方法がないのです。
ちなみに、夜勤を1回もしなかった場合の介護職員の手取りは15万円~18万円程度になります。

◆夜勤回数は他職員との兼ね合いが必要

l_011.gif
そうは言っても、夜勤回数を増やして欲しいという希望があっても、ほいほい受け付けることは難しくなります。
1ヶ月の日数が平均30日として、30回の夜勤を職員同士で取り合うことになるからです。
1人の夜勤回数を増やせば、誰かの夜勤を減らす必要があります。
「こっちを立てればあっちが立たず」
という状況なのです。
そうなると減らされた職員にしてみれば収入が減るので「死活問題」になるのです。
「夜勤は過酷なのでやりたくない」
という本音がある一方で
「でも夜勤が無いと今まで通りの生活が維持出来ない」
という究極の選択をさせられているのが介護職員の現状になります。
かと言って、この若い職員に
「夜勤回数は増やせない」
と伝えた場合、結婚資金を貯めることが難しくなるので、最悪の場合転職していってしまうかもしれません。
しかし残念ながら、そんな状況でもどうすることも出来ず
「若い人材が定着しない」
「職員がすぐ辞めていく」

と嘆いている摩訶不思議な業界が介護業界と言えます。
運良く「夜勤回数減らして欲しい」と希望する職員がいた場合のみマッチング可能な、人並みの収入を得る方法になります。
(スポンサーリンク)

◆夜勤回数を減らして欲しい人

publicdomainq-0018017ckj.jpg
夜勤回数を減らして欲しい人とはどのような職員でしょうか。
・夜勤で肉体と精神をすり減らし過ぎてお金より体調の安定を求める人
・実家暮らしで少しくらい収入が減っても問題がない人
・少ない収入でも問題の無い年金受給者や扶養控除が必要なパート職員や富豪

つまりは
「介護職員の収入だけで自分や家庭を支えていこうとすること自体に無理がある」
というのが現状と言えるのかもしれません。
未だその域を出ないのが介護業界の現実なのです。
そんな現状では、人材など集まるわけがありません。
そのことについては今までも何度も書いてきましたので、今回は割愛させて頂きます。

◆夜勤回数を増やしてあげよう

pose_peace_sign_man.png
今回は運良く「夜勤回数が減っても良い」という職員がいたので、その職員の分を若い職員に回すことが出来ました。
これで万事解決、と言いたいところですが、ワンオペ夜勤は本当に過酷なので、その若い職員が結婚資金を貯める前に体を壊してしまわないかが心配になります。
その職員だって現状で
「給料が30万円、40万円欲しい」
と言っているわけではありません。
「人並みの収入である20万円を確保するために過酷な夜勤を増やして欲しい」
と言っているのです。
リスクを増やしてたった20万円ぽっちしか得られない夢の無い業界なのです。
こんな方法でしか人並みの収入を得られない介護職員という存在は我ながら悲しくなった出来事でした。


介護職員ランキング

コメント

  1. とも より:

    こんにちは
    いつもコメントにお返事ありがとうございます
    夜勤の回数、切実な問題です。回数によって手取りが変動しますし、私の勤務先は明けが公休なので、夜勤が増えるのは丸一日の休みが減ることにもなってしまうので、兼ね合いが(´TωT`)
    1週間に3回夜勤があった時は、勤務表を二度見しました笑体(心も)を壊してもいけませんし、だましだまし日々を乗りきりました(;^_^A
    主さんも読者さんもお体に気をつけてくださいね

  2. 山嵐 より:

    >ともさん
    こんばんは~
    お返事遅くなり申し訳ございません。
    コメントありがとうございます^^
    明けが公休の夜勤って8時間労働の夜勤でしょうかね。
    たまに16時間拘束で形だけの無駄に長い休憩時間を設定している事業所もありますし…。
    本当、騙し騙し働かないと身も心も守れない時がありますよね。
    利用者を守る前に自分を守りましょう^^