女性介護職員の離婚率が高い理由

Pocket

20151102-011.png.jpg
女性介護職員の離婚率について、確かな統計があるわけではありませんが、私の周りの状況や見聞きした情報によると、非常に高い確率で離婚されている職員が多いように感じます。
反面、男性介護職員の離婚率は低いようです。
何故、女性介護職員の離婚率は高く、男性介護職員の離婚率は低いのでしょうか。

スポンサーリンク

◆男性介護職員の離婚率が低い理由

49932b31-473a-4c58-b520-11c1371e799f.png
「男性職員の寿退社」が相次ぐ類い稀なる介護業界』の記事にも書いたように
「そもそも介護職員のまま結婚を決意できる男性が少ない」
という現実があります。
つまり
・結婚するなら転職する
・低賃金なので結婚が出来ない

ということになります。
それでも介護職員のまま結婚をする場合は
・配偶者(妻)の理解がある
・介護職員のままでも生活していける人生設計が立った

ということになるかと思います。
収入に関しては、今後も大きな増収は見込めないものの、今より大きく減ることはまずありません。
減りようがないほどの低空飛行なわけですが、言いようによっては「安定収入」と言えなくもありません。
その上で「問題ない」と判断して、更に「奥さんの理解」があれば鬼に金棒です。
「金の切れ目が縁の切れ目」
と言いますが、最初からお金が切れ切れなことを承知の上での結婚なので、男性介護職員の離婚率は低いのかもしれません。
(スポンサーリンク)

◆女性介護職員の離婚率が高い理由

o0781078014081712887.png
女性の場合は、男性と逆で離婚率が高い傾向にあります。
男女ともに結婚を機に介護業界から去っていく人が多いのですが、女性の場合は
「離婚を機に介護業界に入ってくる人が多い」
ということが考えられます。
つまり、今までは旦那の扶養に入っていたり、フルタイムで働く必要が無かった人が、離婚を機に
「ある程度収入を得ないと生活をしていけない」
という状況に追い込まれ介護業界に入ってくる(又は出戻ってくる)のです。
介護業界は低賃金ながら、夜勤を月に5回程度こなせば手取り20万円も夢ではありません。
(20万円が夢の金額となる時点で悲しいですが…)
誰でもすぐにフルタイムで働ける敷居の低さが「離婚後の女性の受け皿」になっているのです。
ですから女性の場合は
「介護職員だから離婚率が高いのではなく、離婚したから介護職員をしている」
ということが言えます。

◆それ以外で離婚する女性介護職員

publicdomainq-0009066vfu.jpg
介護職員として働きながら、ある日突然離婚する人も少なからずいます。
やはりそれも男性より女性の方が多いです。
女性の場合は名字が変わることで周囲にも知られやすいので、あえて名字をそのままにしている人もいらっしゃいますが、それでも噂や情報が回るのは早いので周囲に知られることになります。
そういう離婚の理由は人それぞれでしょうが
「性格の不一致の問題」
が大半でしょうから
「そういう判断をする人が女性介護職員には多い」
ということが言えます。
結婚や離婚は選択肢のひとつであって、その良し悪しや価値観は各々が決めれば良いと思いますが、介護職員のみならず介護業界全体で女性の離婚率が高いように感じています。


介護職員ランキング

コメント

  1. ダメ人間 より:

    女性の職員って、待遇がかなり良い所=例えば事業団系・3セク系などは、若くて未婚の人もいるらしいですね。まぁ新卒で入職したケースですかね。
    自分が今まで勤務してきた法人は従業員数は3桁ですが、同族社福か2施設しかない医療法人とか、どこの街にでもある事業所って感じですけど、本当にバツ歴あり とか シングルマザーの女性職員は多いです。
    その原因は山嵐さんがおっしゃる通り、「  誰でもすぐにフルタイムで働ける敷居の低さ  」だと、自分も思いますよ。
    また社福が保育園を経営してたり、事業所内に保育所があったりした場合、職員は優先的に安価に利用可能なメリットやら、住宅手当・家族手当までバッチリ手当がある所なら、該当する女性がハードルの低さもあって、入職する可能性が高まると思いますし。
    ただ賃金だけみたらとりあえず、贅沢は出来なくてただ生きる事が可能なだけの賃金ですけどね。
    ただ「誰でもすぐにフルタイムで働ける敷居の低さ」、これって男性にも該当すると思いませんか?
    何かを間違って入職してしまった新卒は除いて
    ・自分みたいな介護職でしか採用されないダメ人間=訳あり人間
    ・リストラされ正職で雇ってくれるのは、介護しかなかったオッサン
    等など、そういう人の雇用の受け皿にもなってますが、凄い言い方を悪くすれば、B枠=同和対策と似た感じかと。
    この様な職員に加えて、頭の中がキラキラ系の福祉バカな職員が混ざると、もう訳わからなくなる時ありますし。

  2. ダメ人間 より:

    長くなってしまうので、別けて投稿させて頂きます。
    それ以外で離婚する女性介護職員、思い出せばいるにはいました。
    ただそのような人 と ×あり or シングルマザーの人 を比較した場合、圧倒的に後者の方が多いと感じるのは、気のせいでしょうか?
    看護職の場合、働きながら離婚する とか ×あり=独り身でも、普通に生活出来ますよね。ってか、そうゆう人も多いですけど。
    ただ介護職で働きながら離婚した場合、いきなり金銭的な窮地に陥る可能性が高いと思うんですよね。
    実家に帰る事が出来るのなら、親から何かしらの援助を受ける事が出来る可能性があるので、窮地のレベルも薄いとは思いますけど、その様な事がない時は転職のリスクを踏まえると、そのまま介護職を続けるというのがベターなんでしょうかね?

  3. 山嵐 より:

    >ダメ人間さん
    こんばんは~
    コメントありがとうございます^^
    結局、敷居の低さは男女問わず何らかの問題を抱える人の「受け皿」になっている感は否めませんね。
    問題は皿で受けてからの待遇とか能力次第のキャリアパスの有無でしょうか。
    もうそんなものも無くして「福祉は一切合切自己犠牲で成り立ち何も文句や愚痴を言わず働け」というのならばこのままでも別にいいと思います。
    そこに「サービスの質」だとか「自立支援の追及」だとか「利用者本位」だとか「プロ意識」だとかいうことを持ち込んでくるから「やってやるから対価を出せ」ということになってくるのだと思います。
    キラキラ系に関しては周りにさえ迷惑を掛けなければ自由にやってくれたらいいと思いますが、迷惑を掛けるからカオスになってきますね。
    「離婚後の入職」と「働きながら離婚」の割合は統計を取ったわけではないですが、私の印象では半々くらいかなぁと思っています。
    働きながら離婚した場合でも介護職を続けている人が多いように思います。
    それがベターかどうかはわかりませんが、年齢的にも能力的にも他業種への転職はやはりリスクが大きいという判断なのでしょうね。
    それに女性なら、再婚相手次第では再浮上も可能でしょう。