あわら温泉旅館「政竜閣」をおすすめする5つのポイント(口コミ)【介護職員の福井県旅行記(3)】

Pocket

81544.jpg
福井県あわら市に位置する、あわら温泉街にある「政竜閣」という旅館に泊まってきました。
公式ホームページは『あわら温泉 政竜閣』です。
旅館の口コミ(レビュー)を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

◆アクセス方法

所在地:〒910-4127
福井県あわら市西温泉1-102
Googleマップ

TEL:0776-77-3100
FAX:0776-78-7542

access-car.png
access-train-air.png

■送迎について

 当館の無料送迎は、えちぜん鉄道のあわら湯のまち駅までとなっております。
 送迎をご希望の場合は、JR芦原温泉駅から「東尋坊行きのバス」で、
 えちぜん鉄道あわら湯のまち駅までお越し下さいますよう宜しくお願い致します。
 なお、大人5名様以上ならJR芦原温泉駅までお迎えにあがりますが、要予約でお願い致します。

■周辺マップ

seiryumap.png
【出典】政竜閣ホームページ

温泉街の一番奥の方にある中規模の旅館です。
車で行く場合は、看板も立っていますが、結構細い道も通っていったので、カーナビがある方が安心です。
(スポンサーリンク)

◆おすすめポイント

81529.jpg
部屋へ入るとサービスの和菓子が用意してありました。
「蒸しきんつば」おいしかったです。

おすすめポイント① 欄間(らんま)が芸術的

蒸しきんつばもおいしく頂きましたが、部屋へ入って最初に目を引くのが「欄間(らんま)」です。
欄間とは、天井と、鴨居(かもい)または長押(なげし)との間に、通風・採光のため格子(こうし)や透かし彫りが取り付けてある所のことですが、この透かし彫りが素晴らしく芸術的でした。
81543.jpg
81542.jpg
3Dのように立体的に彫ってあります。
この欄間はこの旅館の自慢のひとつのようです。

おすすめポイント② 客室にカラオケBOXがある

私が選んだプランの特徴の1つで「カラオケBOX付きの客室」に泊まりました。
館内にも1時間3000円(2018年4月現在)でカラオケBOXがありますが、客室についているので宿泊代に込みで好きな時に好きなだけカラオケができます。
81530.jpg
BOX自体はこじんまりしていますが、5人くらいは余裕で入れます。
もちろん、防音対策もされているので客室の外まで音が漏れてしまうということもありません。

おすすめポイント③ 客室に温泉露天風呂がある

私が選んだ客室プランのもう1つの特徴は「温泉露天風呂付きの客室」になります。
館内にも大浴場や50分3000円(2018年4月現在)で貸切家族風呂がありますが、私の選んだ客室には温泉露天風呂があるので、時間を気にすることなく24時間入浴可能です。
81537.jpg
81536.jpg
外から見えないよう囲いがしてあります。
お湯は循環式で清潔が保たれています。
81532.jpg
上の画像の左側にあるカーテンの間の扉から脱衣所を通り露天風呂へ行けます。
81534.jpg
洗い場もあります。

おすすめポイント④ 「舟盛+カニ一杯」又は「舟盛+特上ステーキ」

旅館の愉しみのひとつである「夕食」
せっかくの旅行で夕食をケチりたくないので、部屋食で舟盛とカニ一杯又は極上ステーキ付きのプランにしました。
81545.jpg
プランに標準装備されている「舟盛」です。
81544.jpg
こちらはトップ画像にも使っていますが「カニ一杯」です。
カニ味噌が沢山入っていて濃厚で大変美味しかったです。
81548.jpg
こちらが「極上ステーキ」になります。
実はあまり期待していませんでしたが、想像以上に肉が柔らかかったです。
大変おいしく、ペロリと頂きました。
81547.jpg
小鍋の中にもとろけるお肉が入っていて大変満足な夕食となりました。

おすすめポイント⑤ 朝食も部屋食

旅館の食事と言えば、夕食のクオリティに捉われがちで、あまり朝食に言及したものを見掛けませんが、「朝食」のクオリティも私にとっては重要です。
多くの旅館の朝食は
・ビュッフェ的なところでバイキング
・レストランや個室で提供

になるかと思います。
もちろんバイキングは好きなものを好きなだけ食べれるので、メリットもあるのですが、私は今回「朝食も部屋食」にこだわりました。
81549.jpg
「部屋食の朝食」
ここにあと白ごはんと味噌汁が付きます。
私にとっては「もうそれで大変満足」です。
部屋でゆっくりと食事をすることが出来ました。
ちなみに事前に頼んでおけば、焼き魚をカレーに変更できる「朝カレー」という朝食プランもあるようですが
「やっぱり朝食は和食でしょ」
という和食派の私はカレーは注文しませんでした。

◆恒例(?)のトイレチェック

前回の記事『越前松島水族館のレビュー』では、トイレ(便器)の綺麗さに感動しました。
「感動」というと大げさですが、水族館の建物自体が昭和チックだったのに対して便器だけはガッツリ平成だったので、そのギャップが大きかったのだと思います。
今回泊まった旅館「政竜閣」のトイレもチェックしてみました。
81541.jpg
水洗ウォシュレット付きの綺麗なトイレでした。

◆肝心のサービスは?

旅館に到着後、すぐにフロントマンが車へ近寄ってきました。
雨が降っていたので傘もさして下さり行き届いたサービスでした。
ただ、あまりにも案内が早すぎて、車内の荷物を準備するのに焦ってしまいました。
靴は旅館の玄関で脱いで、スリッパに履き替えるシステムです。
その後、フロントで記帳等をするのかと思いきや、そのまま仲居さんに客室へ案内されました。
記帳や館内の案内は、客室で仲居さんがするシステムのようです。
食事時間は希望した約30分前に電話が鳴り
「お食事の準備をしても宜しいでしょうか」
と言われ
「あれ、30分早いな」
と思いましたが、部屋食なので準備に30分前後掛かるのです。
準備が終わり食べ始める時間は希望した時間キッチリでした。
なるほど、納得です。
ですからもし大浴場に行っていたり館内外を散策に出掛けて部屋を空ける時は
「食事開始時間の30分前には食事の準備が始まる」
ということを計算に入れておきましょう。
スタッフの方々は気さくな人ばかりで、気持ち良く利用することが出来ました。


介護職員ランキング

コメント

  1. デイちゃん より:

    こんにちは。
    最近は、旅館のサービスってかなりいいですよね。悪いとネットで広がるからかな・・。
    私もごくたまに友達と温泉旅館などで泊まったりしますが、サービスのよさには目を見張ります。
    そうそう、私は、エアコンのクリーニングをそろそろしなくちゃと思って、全国展開してる清掃業者にたのんだんですよ。したら、その対応と言うか、ものの言い方とか、本当に丁寧で。
    サービスってこういうことだよね・・・。
    それに比べて私のデイのスタッフのものの言い方は、お客様に対するものじゃないよね・・と思いましたね。
    介護ってやっぱり世間一般のサービス業とは異なるものなんですね。

  2. 山嵐 より:

    >デイちゃんさん
    こんばんは~
    コメントありがとうございます^^
    「ネット」とか「口コミ」とか「評判」が存在するってとても重要なことですね。
    サービスを受けた人や世間の人が公平な(そうではない時もありますが)判断をするのですから、必然的に改善をして企業努力するという良い循環が生まれますね。
    介護業界もそういうことをしたら良いのに、と思います。

  3. デイちゃん より:

    介護サービスって、県などが調査して情報の公表をする制度があったと思うのですが、あれは一体何だったんでしょうね。
    でもま、今の私のデイ、評価されたら、もう最低ランクだわ。
    口コミサイトなんてできたら、すごいことになるわ。
    頭がしっかりしてる利用者さんが、使徒をめちゃ嫌ってるんだけど、その理由を聞いたら、「初対面で、いきなり私の頭をぽんぽんたたいて、おはよ~とかめちゃなれなれしい態度で。そのあとも上からものを言ったりとかするから大嫌い。」だって。
    もう非常識・意味不明・仕事しない・仕事できない使徒がいる限り、スタッフの質に関する評価は最低点ですね。(笑)
    でも会社も、あんなひどいスタッフを平気で雇ってる。
    利益や売り上げとか、数字しか見ないからさ。馬鹿だね~。
    だってその利益や数字を出してくれるのは現場なんだよ?
    金を稼げるのは現場だけなんだよ?
    なのに現場をおろそかにしてる。あんなひどいスタッフ雇って放置かよ。
    私は今日も、使徒が利用者さんに失礼なふるまいをしてるのを、白い目で見守るのでした。(笑)
    そうそう、運動会は、誰も考えるスタッフおらんしと思って、全部段取り考えて道具も用意したんだけど、常勤さんが「私が全部準備したよ。〇〇(私)さんは来ないと思ったから数に入れてないけど。」と言うので、私は休むことにしました。
    せいぜい事故のないように、がんばってくださいね。(笑)

  4. 山嵐 より:

    >デイちゃんさん
    こんにちは~
    コメントありがとうございます^^
    情報の公表制度ありますね。
    ものすごく表面的なものというか、当たり障りの無い内容ですね。
    1年に1回の生存確認に近いものだと思います。
    介護サービスの口コミサイトもどこかにあったような気がしますが、会員登録が必要だったりほとんどサイト利用者がおらず書き込みが全く無かったり自作自演っぽい書き込みしかなかったです。
    運動会、数に入れられていなかったのですね。お任せしておけばいいと思いますよ^^

  5. ダメ人間 より:

    こんにちは。
    ①口コミサイト
    高齢者業界の口コミサイト、自分が色々と検索して見つけた物はどちらかと言えば、家族・利用者側の視点の感じがします。
    ただ職員=労働者側が書き込んだと思われる物もありますし、ある程度の規模の法人でしたら一般の転職市場の口コミサイトにも、書き込みが見られますね。
    ただ山嵐さんがおっしゃっている様に、
    ・会員登録が必要
    ・殆どサイト利用者がおらず書き込みが全く無い
    ・自作自演っぽい書き込み
    がありますけど、自分は就活で気になる=必要&興味本位な面で登録し、サイト自体の書き込みが少ない中で、検索して書き込みが見つかった時はラッキーと思ったり、業界経験者だったら直感というか自作自演の書き込みは、何となく分る気もします。
    デイちゃん や 山嵐さんがおっしゃっている「県などが調査して情報の公表をする制度」、情報の公表先ってどのサイトになりますか?もしかしてWAMNETでしょうか?
    自分が住んでる街の行政では、独自でサービス事業者第3者評価を行っている様で、検査結果は行政サイトで公表されており、WAMNETに掲載されてない事業所もありますね。
    ②情報そのもの
    情報公表という部分では、介護サービス情報公表システム=事業所側からの情報になりますけど、
    ・経験年数5年以上の従業員の割合
    ・各職種の採用者 と 退職者数
    ・各職種の業務に従事した経験年数
    等など自分としては参考になる点もありますが、情報記入日=新鮮度の度合いの問題もあったり、この情報を鵜呑みにし痛い目にあった事があるので、今は参考程度に見る様にしてます…。
    また勤務先の職場にいるCMやNSに、互いにちゃんとした信頼関係が確立されているならば、ある程度の本音で事業所の情報を得る事が出来たり、情報を得る機会がそのもの限られますけど、行政が設置&運営している保健所の保健師さんに、事業所の情報を聞くという方法もあったりと。
    後者は親族に公的機関で働く人がおり、その方を経由した形で地域内の事業所にて評判が良い所を聞いた事があります。
    結局は情報って『 考え方・主観など等にかなり左右されてしまう面 』が、どうしてもあると思います。
    例を上げるとしたら、車のガソリンが半分しか入ってない状態でも、
    ・まだ半分も入ってる
    ・もう半分しか入ってない
    という感じで、前者が良い方向で捉え後者は悪い方向で捉えてますが、同じ事でも色々な視点で見る事は、何となく大切だと思うのです。

  6. 山嵐 より:

    >ダメ人間さん
    こんにちは~
    コメントありがとうございます^^
    「情報の公表」に関する根拠法令は
    【介護保険法】
    第115条の35(介護サービス情報の報告及び公表)
    1.介護サービス事業所は、都道府県知事に厚生労働省令で定められる情報(基本情報、運営情報)を報告しなければならない。
    2.都道府県知事は、当該報告を受理したときは、調査を行い、その結果を公表しなければならない。
    3.虚偽の報告、又は調査を受けず、若しくは調査の実施を妨げたときは、指定又は許可の取消をすることができる。
    上記になるかと思います。
    公表ページは
    http://www.kaigokensaku.mhlw.go.jp/
    厚生労働省の上記URLで検索することが可能です。
    しかし、検索されればわかりますが、本当表面的なことばかりです。
    「第三者評価」は私の事業所でも受けています。
    それを受けると行政の定期的な実地指導をスキップできるというメリットもあるようです。
    そうですね、多角的な視点は大切だと思います。
    どの角度から見ても「アレ」な介護業界ですが、私もできるだけ先入観を持たないようにはしています。
    だからと言って鵜呑みは危険ですね。