介護施設のシフトで「早出出勤」がつらい4つの理由

Pocket

publicdomainq-0018017ckj.jpg
介護施設の勤務体制には、早出や遅出や夜勤などがありますが、今回は「早出出勤」について考察したいと思います。
私の事業所では早出出勤は午前7時から午後4時までの勤務となります。
早く出勤して早く退勤できる勤務形態になるので、職員によって好き嫌いが分かれます。
早寝早起きの習慣がある人にとっては働きやすい勤務時間になります。
そういう意味で、ある程度の年齢(50歳代以上)の職員は早出が好きで、若い職員ほど早出が苦手、という傾向にあるように思います。

スポンサーリンク

◆つらい理由①「早起き」

sleep_yutai_ridatsu.png
そういう勤務体制なのですから仕方がないことなのですが、早出は早起きをしなければなりません。
遅くとも朝6時に起床しなければ間に合いません。
私は早出の場合は朝5時に起きるようにしています。
早起きしなければならないということは、早く寝ないといけないということになります。
6時間の睡眠を取ろうと思うと、逆算して夜は23時~0時には寝なければ寝不足になります。
寝不足のままだと過酷な介護現場を乗り切れません。
毎日同じ生活リズムなら問題がないのですが、日々夜勤等の他の勤務もこなしているので体内時計が狂ってきます。
前日の勤務が遅出だった場合、前日に帰宅してから寝るまでに2時間か3時間しか時間が残されていないという状況になってしまいます。
ですから、出来るだけ「遅出→早出」のセットでは勤務を組まないようにされているかとは思いますが、人員不足の状況と職員のパワーバランスを考えると全く無いとは言いきれません。

◆つらい理由②「朝礼に出なければならない」

ol_01d_r2_c27.png
朝礼の風景は『初出勤の日の出来事(前編)~奉仕の闇~』の記事をご参照下さい。
私の施設では、基本的に早出が朝礼に参加します。
「パワハラの集合体のような朝礼に出席しなければならない」
と想像するだけで精神的にとても負担になります。
ただありがたいことに、最近は現場の人員不足のため、朝礼も簡素化されるようになってきました。
簡素化してもちゃんと成り立っている朝礼なのに、わざわざ揚げ足を取り時間を掛ける今までの人生の罰ゲームのような朝礼はなんだったのでしょうか。
揚げ足を取るから皆イヤになって辞めていき、人員不足になったから揚げ足を取らなくするやり方は、一般的に考えて
「ちょっと意味がわからない」
「初めから揚げ足を取らなければいい」

と思うのですが介護業界って本当に不思議な世界です。
(スポンサーリンク)

◆つらい理由③「冬は出勤時に道路が凍結している時がある」

db0bf9739e98be5e84c9eb8e410babf0.jpg
早朝に出勤するため、自動車通勤をしている人は冬の路面の凍結に注意が必要です。
路面がツルツル状態なので、スリップ事故を起こさないように気をつけて下さい。
また、雪が降る地域の人は、大雪の時も大変です。
早出の場合は自分が到着しないと、夜勤明け1人で利用者の朝食準備や介助をしかければならなくなります。
目覚めて活発に活動し始めた20名近い利用者を1人の職員でみようとすると事故も発生しやすくなります。
くれぐれも事故(通勤事故と介護事故の両方)の無いようにしたいところです。

◆つらい理由④「残業時間が長くなる」

illustrain10-kaigo21.png
早出は16時に勤務時間が終了しますが、人員不足の介護現場では「残業」がついて回ります。
大体、利用者が就寝準備を終え床につく時間は20時前後になります。
つまり
「20時前後までは残業があり得る」
ということになります。
もちろん、日勤者や遅出勤務者も残業するのですが、ゴール(落ち着く時間)が20時前後と決まっているのでマックスの残業は1~2時間以内になります。
しかし人員不足により、その日勤者や遅出が確保できていない場合が往々にしてあります。
そうなると残業をするのは早出勤務者しかいません。
16時が定時なのに、20時まで残業の伸びしろがあるため、3~4時間の残業を強いられる時があります。
朝5時に起きて20時まで勤務して帰宅するのが21時前になります。
もし次の日も早出だった場合は、帰宅後3時間以内には就寝しなければまた寝不足になります。
「何とも長く儚い1日」でしょうか。

◆まとめ

index111.jpg
早出出勤が好きな人もいらっしゃるでしょうし、苦手な人もいらっしゃることでしょう。
ちなみに私も「苦手」です。
早出のメリットは「早く帰れること」のはずです。
しかし、人員不足により必ずしもそうではない現状があります。
「メリットが無いのに朝5時起きたくない」
というのが正直な気持ちです。
「早起きは三文の得」ということわざがあるように、早起きを否定するわけではありません。
「早く起きたからと言って早く出勤したいわけではない」
というニュアンスになります。
皆様は早出出勤、好きでしょうか?嫌いでしょうか?


介護職員ランキング

コメント

  1. デイちゃん より:

    こんにちは。
    「デイは日中だけだから楽~」と思ってる人もいますが、施設の早出同様かなり悲惨ですよ。
    デイって、暗黒の民主党政権の時代に、「レスパイトケアが~」とか馬鹿みたいに言いだして、基本が7~9時間になったんですよ。
    なのでサービス提供時間が7時間30分程度。
    するとその前後に送迎があるので(送迎は提供時間に含まれない、療養型通所介護は含まれる)、送りと迎え1時間半ずつとしてもプラス3時間なので、10時間30分労働時間があるんですよ。
    で、会社はアフォなので、「じゃあ10時間30分労働でお願いします」って言いだしたんです。
    「8時から18時30分までの勤務時間が普通」って、ありえます?
    で、さらに、送迎も遠方の人が多いから、下手すると終わるのが19時・・・片付けが終わってなかったら19時30分・・と素敵な長時間労働になっていますね。(ちなみに昔の管理者は、パートのタイムカードを18時半で勝手におしていました(笑))
    当然、普通の主婦はムリだから、どんどんやめていったんですよ。
    だって家に帰るのが19時じゃ、家族の晩御飯とかどうすんの?ご主人キレるでしょ~よ。
    新しい人も「8時から19時の勤務です」って言われたら、誰も入りませんよ。
    なのに会社は、「どうして人が減っていくんだろう」「どうして新しい人が来ないんだろう」って言ってる。
    バカじゃない?あんた8時から19時まで肉体労働してみなよ?下手したら昼の休憩とれないんだよ?11時間立ってるだけでも大変なのに。利用者重度ばっかりだよ?
    というわけで、私は8時から13時半までの勤務にしています。
    「まともに仕事できる人がいないから、一日勤務にして?」って言われたけど、「だったらやめます」と言って断りました。
    でも今日も、8時から送迎に行って、キューブで利用者12人(重度車いす含む)を、一人でお迎え。
    そのあと機械浴6人入浴。
    そのあと重度寝たきりの食事介助3人。口腔ケアして臥床させる。
    記録を30人全員分書き上げる。
    「デイは日中だけだから楽でしょ?」って思ってる人、私と同じ仕事をぜひしていただきたいですね。
    そうそう、ツク〇から送り込まれてきた使徒、やっとクビになりました。
    これでちょっとは平和になるでしょう。(笑)

  2. MASK より:

    早番で2時間残業経験してますが、3~4時間残業は辛過ぎます><。
    今月の前半、日勤→夜勤→休みの流れでしたが、
    後半は早番→夜勤→休みの流れ。
    ほんとに体のリズムが狂ってきますね。。
    休み→早番となると、起きれるか心配で寝れなくなってそのまま出勤って事も多々あります。
    幸い、家と職場が近いのでゆっくりできますが、5時半起き。
    自分の所も早番は7時~16時です。
    早く帰れるのは良いけど、変な時間に眠くなって寝てしまうパターン。
    翌日夜勤行くのが物凄く億劫になってきます。
    過酷勤務こなしてるのに何で倒れないのかが不思議(苦笑)

  3. 山嵐 より:

    >デイちゃんさん
    おはようございます。
    コメントありがとうございます^^
    デイサービスの場合は基本料に送迎が含まれているので、送迎しなかったら減算になるんですよね。
    お泊りデイだとかレスパイトだとか、本当に色々家族のことを考えたシステムが出来ていきますが、受け入れする体制や職員の確保や待遇を何も考えず闇雲に職員の負担を増やすことで成り立たせていますよね。
    デイサービスも大変だと思います。
    どこも大変です。
    どこも低賃金、重労働、低待遇です。
    「嫌なら辞めればいい」
    なんて言っていた事業所や世間の反応があったから本当に皆辞めていったんですよね。
    今度は「介護士不足だー人材確保だー」って言い出して、本当短絡的だと思います。

  4. 山嵐 より:

    >MASKさん
    おはようございます。
    コメントありがとうございます^^
    さすがに4時間の残業は滅多にありませんが3時間はザラにありますね。
    現場での肉体労働の残業は本当に体力を消耗します。
    体はすぐには悲鳴をあげない構造になっているので、蓄積された疲労やダメージが後々表面化してこないか心配になります。

  5. デイちゃん より:

    通所介護は送迎がサービス料に含まれてるので、もし家族などが送迎したら片道47単位減算になるのですが、ちょっと待って?おかしくない?
    だってさ、送迎はサービス提供時間に含まれないわけでしょ?だったら送迎しようがしまいが一緒じゃないとダメじゃない?
    もしくは、サービス料に含まれるなら送迎もサービス提供時間に含まないとダメじゃない?
    療養型通所介護は基本、看護師が利用者の家に行って、これなら今日利用できると判断して利用者を連れてくるので、送迎がサービス提供時間に含まれるっていう理屈です。は?普通の通所介護もそうでしょ?
    ちなみに、通所介護には、居宅内介助というものが設けられてて、ケアマネが計画に入れれば、重度の方のベッドから車いすへの移乗など、居宅内の介助を30分までサービス提供時間に入れられるっていうのがあります。
    が、これが絵に描いた餅。じゃあその利用者はサービス提供時間が30分短くなるんだから、その人だけ30分早く送れってこと?厚労省ってバカばかりなの?
    ちなみに送迎の減算はなんで始まったかと言うと・・・。
    かしこい民間の業者は、有料老人ホームなどの入居施設の一階にデイサービスを作って、入居者にデイを利用させれば、エレベーターで利用者を移動させればいいだけなので効率がいい~と考えたんですね。
    デイにおける「送迎」という大きなコストを省くメリットは絶大でした。車を保有しなくていい、スタッフが車の運転しなくていい、車の事故はない、なにより送迎にかかる時間を節減できる。
    で、それをはがいましいと思った官僚さんたちが、少しでも民間事業者の利益を減らして苦しめるため、送迎減算を作ったんですよね。
    同じ理由で、同一建物に訪問のステーションを作って訪問介護をする場合も減算がありますよね。
    国は介護事業者を苦しめることばかり考えて、介護事業者はスタッフを苦しめることばかり考える。
    この国の介護に先はないですね。
    結局は、お金がある人は、自分で高い金を払って、国とは関係ない民間の介護事業者のよりよいサービスを受ける。で、その民間の介護事業者はそのお金で質の高いスタッフを高い給料で雇う。
    お金のない人は、国が低コストで行う劣悪な最低限の保護サービスを受ける。給料が安いからスタッフはろくな人が集まらない。
    ・・・みたいになるんじゃないでしょうか。

  6. とも より:

    こんばんは
    私は早番好きです。普段から6時前に起きる体質ですので…30代ですが笑
    残業が比較的少ない、3交代制で夜勤時間が短いからというのもあるからですね、きっと。
    しかし、勤務は平等ということで、早番が苦手な人も私もだいたい同じ回数の早番をこなしています。

  7. 山嵐 より:

    >デイちゃんさん
    こんばんは~
    コメントありがとうございます^^
    そうですね。
    よくよく考えれば、介護業界の法律や法令や法規や通達は、利用者の幸せの追求ではなく、事業所の利益削減のために存在しているような気がしますね。
    ひいては、現場職員を苦しめるものだと言っても過言ではありませんね。

  8. 山嵐 より:

    >ともさん
    こんばんは~
    コメントありがとうございます^^
    そうなんですね。
    私の所は、早出が好きな人は多めにしたり個々の希望を聞きながら臨機応変にシフトを作成しています。

  9. Coyuri より:

    早出が好きです。
    4月に施設を変わり、電車通勤になり自宅から施設まで1時間ぐらいかかります。
    お弁当は前日の夜に作り、4時30分~5時頃に起きてゆっくり支度します。
    早起きは苦手でしたが、この仕事を始めてから起きれるようになりました。
    というより、眠れなくなりました。
    それでも寝過ごさないようにと緊張します。
    早出、日勤(ほぼ無いです。)遅出、夜勤をやってると、
    体内時間が狂いますよね。本当に日にちや時間、曜日がわかりません。
    朝、7時に目が覚めて「あッ!遅刻したぁ!!」って思ったら公休日だったり(笑)
    遅出は嫌いです。
    遅出やるなら夜勤が良いです。

  10. 山嵐 より:

    >Coyuriさん
    こんばんは~
    コメントありがとうございます^^
    私も早出の時は緊張して眠れない時があります。
    寝れても、今度は起きるのがつらいです。
    毎日早出なら生活リズムがつかめるんでしょうが、そうもいかないので尚更ですね。
    夜勤明けで家に帰り寝て起きた時(今がそうですが)、今何日の何時なのか前後不覚になりますね。