「綺麗ごとばかりの研修」でも会社から打診があれば受講した方が良い理由

Pocket

35920-documents-symbol.png
介護業界には民間資格も含め様々な資格や研修が存在します。
【参考記事】
民間資格が異常に多い介護業界の闇と改善策

スポンサーリンク

◆今までの介護業界の資格と研修

現在の大筋の資格と研修は
・初任者研修
・実務者研修
・介護福祉士国家資格

の3つになろうかと思います。
介護職員として働いている場合、「介護福祉士国家資格がほぼゴール」と言える最高潮の資格でした。
その後は
・介護支援専門員(ケアマネ)資格
・社会福祉士国家資格

などに波及していくかどうかは「自分次第」な所がありました。
ほかにも細々した民間資格や研修などがありますが、上記の「王道資格」さえ押さえておけば特に問題はない状態です。
なんせ、民間資格を取得したり研修を受講したところで
・資格手当がつかない
・使い道がほぼ無い
・綺麗ごとばかりで苦痛
・時間とお金が掛かりすぎる
・会社負担で行くと嫌な思いをする

というデメリットの方が大きかったのです。
【参考記事】
長ぁ~い長ぁ~い高尚な研修の裏で利用者が泣いています
介護事業所の社外研修における不毛な時間とは?直行直帰できる?

◆数々の研修の打診を断ってきた

pawahara_man.png
そんな状況だったので
「もう研修も受ける気はない」
と頑なになっていました。
今まで何度か事業所から研修受講の打診がありましたが、全てお断りしてきました。
・ユニットリーダー研修
・喀痰吸引研修
・認知症介護実践者研修

等々…
受講するチャンスがあったにも関わらず、受講しませんでした。
(ちなみに喀痰吸引は経過措置の資格は持っています)
「ちょっとそれは、今になって少し後悔しています」
今になって思えば
「綺麗ごとばかりの研修でも受講しておけば良かった」
と思っている自分がいます。
その理由を書いていきたいと思います。
(スポンサーリンク)

◆研修を受講しておいた方が良い理由

shinsyakaijin_man2.png
一番大きな理由が
「国が研修修了者を配置するよう推奨してきた」
ということです。
つまり「加算」です。
役に立たない研修でも修了者がいれば事業所が加算を取れるのです。
加算が取れるということは「職員としての価値が上がる」ということです。
そこには人間性だとか資質だとか能力は関係ありません。
加算という名の「お金」を多く取得できる存在である、という点で価値が上がるのです。
価値の高い職員ほど、事業所は欲しいはずです。
そうなると、現在の職場に貢献できるだけでなく
「万が一の転職にも有利に働く」
というメリットがあります。
ですから、後悔先に立たず状態の私がいるので、皆さまには先にお伝えしておきたいと思います。
「会社から研修受講の打診があれば受けておいた方が良いです」

◆今後機会があれば受講したい

indextenbin.png
研修は資格のように「試験」がないので、レポートや課題を提出すれば修了することが出来ます。
つまり、受講すればほぼ全員が修了できるのが研修になります。
ですから
「また機会があれば行きたい時に自分で取りに行ける」
と高を括っていたのですが、大きな問題が2つあります。
①受講するには事業所の推薦が必要なものが多い
②受講費用が高額

という問題です。
微々たる加算を取るために高額の受講費を集める胴元のやり方は
「本当にいけ好かない」
のですが、介護業界がそういう搾取方針を固めているので、今後も介護業界で働いていくのならば
「研修を修了しておく方が無難」
だと感じています。
そういう搾取方針に従わざるを得ない状況は、嫌気が差してきます。
そもそも、介護福祉士と介護支援専門員資格を取得完了してしまい、自分の方向性さえ定まっていません。
今後も自分が介護職員としてやっていくのか、ケアマネに職種替えをするのか、また別の道へ進むのか、路頭に迷っています。
「しっかりしろよ!」
と叱咤激励が飛んできそうですが
「どの道を選択しても崖下へ導かれる現状の介護業界には迷子が沢山いる」のではないでしょうか。
【参考記事】
介護施設の仕事で目標を見失っている理由とは?

◆まとめ

index111.jpg
今後も介護業界で働いていきたいと考えている皆様は、私を反面教師として
「会社から研修受講の打診があれば受ける」
ということをされた方が良いと思います。
最近では介護福祉士の上位資格になる「認定介護福祉士」なる資格まで投入されようとしています(既に試験的に投入されている地域もあるようです)。
課金アイテムを次々と作り出し
「高額な課金をしないとクリアできないゲームと同じ状態なのが介護業界」なのです。


介護職員ランキング

コメント

  1. アングラー より:

    課金の例えが的確過ぎて笑ってしまいました、秀逸ですね(笑)
    そうですね、受けられる研修は受けた方が良いですね。実践者受ける前は、研修受けさせてもらえる人を凄いなと思いましたが、受けてからは有り難みが失せました。こんなもんかと。
    でも確かに転職の事考えたらそこだけはほんとにメリットありますね!

  2. 山嵐 より:

    >アングラーさん
    こんばんは~
    コメントありがとうございます^^
    介護業界も課金制になってしまいましたね。
    現場で頑張っていなくても、研修だけ受講している人の方が価値が高い業界に成り下がってしまっています。
    研修も大切ですが、現場で汗水垂らして一生懸命働いている人が報われる業界であって欲しいものです。

  3. ダメ人間 より:

    こんばんは。
    (短いスパンで)業界内にて転職を繰り返しているので、職員全員が対象の研修は受けた事はありますけど、山嵐さんがおっしゃっている様な研修の経験がないのですが、費用って事業所持ちなんですかね?また研修修了後は、レポートなどの提出は義務です?
    今回の記事の様に研修もそうですが、事業所によって資格取得時に費用のバックアップがある所もありますよね?
    職場見学時にこのネタに関してを聞いてるんですけど、殆どが「無いに等しい」状態ですわ。
    でも逆に考えてみたら、「お金や時間を提供してやっただろ?」とバカな役職に恩をきせられたり、一定期間の勤務が必須になる形ですから、退職の事を考えたら、超~辛いですけど100%自腹の方がいいかもしれませんね。
    訳が分らない人間が多過ぎる福祉業界なんで、職場の人との関わりは超~最低限でいいです。自己防衛の為に。
    ただ(ビックリマンシールのキラシールなみにレアな存在ですが)、まともな人もいてその様な人は退職後も連絡を取り会話の中で、とてもためになる事を教えてくれたりしますが、冗談抜きでレアですねww

  4. 山嵐 より:

    >ダメ人間さん
    こんにちは~
    コメントありがとうございます^^
    事業所の推薦で行く場合は受講料は事業所持ちで出勤扱いで受講させてもらえる所が多いかと思います。
    資格取得の場合は、バックアップがあるかないかは半々くらいでしょうか。
    なんせ、資格の場合は枠がなくて(受講したい意思があれば誰でも受験できる)、研修の場合は枠がある(事業所から2名まで等)ので、研修の方がバックアップ率が高いかと思います。
    確かにバックアップがある場合は恩着せがましい部分もありますね。
    100%自腹で自由に受験の方が良い部分もありますが、やはり受講料が高額なものは出費が結構な痛手になります。
    1万~2万円くらいならともかく、加算の対象となる研修は10万円~がザラにあります。