介護職員の夜勤出勤前の過ごし方

Pocket

介護施設の多くは、16時間勤務のワンオペ夜勤が常態化しています。

1人で翌朝まで乗り切らなければならない責任感と使命感と重圧があり、日勤帯の出勤前よりも夜勤出勤前はナーバスになりがちです。

大げさな言い方になりますが「リングに上がる前のボクサーの気分」です。

スポンサーリンク

◆夜勤出勤前の過ごし方

人それぞれ家族構成やライフスタイルが違うので、夜勤前にどのように過ごされているかは違ってくると思います。

朝起きて、そのまま仮眠を取らずに出勤すると「24時間以上起きている状態」になるために、体力的にも眠気的にも朝までもたない可能性があります。

しかし、ご家庭の都合ややらなければならない私生活上の用事があり、ごく稀にそういう出勤をされる人もいらっしゃいます。

本当にご苦労様です。
痛み入ります。

そういう人も含め、夜勤出勤前の過ごし方として
①朝起きてそのまま仮眠を取らずに出勤
②朝起きて昼頃から仮眠を取ってから出勤
③朝方まで夜更かしをして明け方頃から出勤前まで睡眠を取って出勤
④前日の夜から出勤前まで長時間の睡眠を取って出勤

の4パターンがオーソドックスかと思います。

独身の若い職員は④の人がよくいます。
若い頃って本当によく寝れますし、「寝続ける」のも体力が必要になってくることがその理由になろうかと思います。

◆体内時計も狂ってくる

ちなみに私は日によって②と③のどちらかの過ごし方をしています。

出来るだけ夜更かしをしてから寝ようと思うのですが、睡魔に勝てず夜寝てしまうことがあります。

自分のルーティンが崩れ
「しまった、夜寝てしまった」
と後悔する時があるのですが
「普通は夜は寝るものです」

夜勤をしていると、ルーティンも体内時計も常識外の感覚になってきます。

あるあるですが、目覚めた時に
「今が何日何曜日の午前なのか午後なのかわからない」
ということがよくあります。

健康にも良くない勤務形態なのでしょうが、すぐどうこうなることもありません。
年々蓄積されていって徐々に健康を蝕んでいくのでしょう。

人間は目に見えないものには恐怖を感じないのです。

◆まとめ

この記事は、夜勤出勤前に自分の心情を15分で書き上げた記事です。

皆様は夜勤出勤前はどのように過ごされているでしょうか?

それでは行ってきます。

コメント

  1. MASK より:

    お疲れ様です。
    自分は③か④ですね。
    一人気ままに生活してるので自由ですw
    夜勤は17時半~10時半ですが、
    雑用は済ませておきたいので16時過ぎに出勤します。
    昔は夜勤明けで寝たら翌日だった・・とかありましたねぇ。
    12時と17時にキンコンカンコンとチャイムが鳴るんですが、
    12時かぁ~・・って起きたら17時だった!って事もありました。
    精神的、肉体的に負担かかりまくりですものね。。
    突然死したらどうしよう・・とか、たまに考えちゃいます。

  2. 山嵐 より:

    >MASKさん
    こんにちは~
    コメントありがとうございます^^
    夜勤前の睡眠時間12時間超え派ですか、お若いですね。
    生活リズムの狂いってすぐどうこうなるもんじゃなくて、蓄積されていって「ある日突然」ってことがあり得ますもんね、怖いです。

  3. とも より:

    こんにちは
    まさしく今日夜勤です。
    私は、②の過ごし方してます。22時から7時までの短時間夜勤だからかもです。
    朝起きて、午前中は休日みたいに過ごして、13時ぐらいから仮眠、夕方起きて出勤します。
    ちなみに夜勤中は、ここ見たりコメントしたりしてますよ。

  4. 山嵐 より:

    >ともさん
    こんにちは~
    コメントありがとうございます^^
    プラスの人員扱いの夜勤ですかね。
    その勤務が一番良いですね、書類もはかどりますし。
    明けの日が公休になってしまうのだけが難点ですが。
    私は夜勤明けでネット上を彷徨っている最中です(笑)
    夜勤頑張ってきて下さい^^