「C型肝炎」が高齢者に多い理由とその対応方法

Pocket

20160802_1733440.png
介護施設などの介護事業所を利用する際は「共通健康診断書」という名の健康診断結果の提出が求められることが殆どです。
その理由は
・利用者の健康状態の把握
・利用者の感染症の有無

を確認するためです。
特殊な医療処置や日常的な急性期の治療が必要な場合を除き、感染症に罹患していようが大体の場合は受け入れをされます。
あくまで、利用者本人の状態の把握と、感染症がある場合は感染症対応をする為の情報であり、余程のことが無い限り受け入れを断られることはないはずです。
但し、感染症の中でも結核症状があり排菌状態にある場合は、介護事業所を利用している場合ではなく、専門機関での治療と感染拡大を防止する対応が必要な為、普通に考えて利用できません。
そういった感染症の中で、結構高齢者に多いのが「C型肝炎」です。
C型肝炎の罹患者でも利用は出来ますが、介護事業所としても感染症対策が必要になってきます。

◆C型肝炎とは

publicdomainq-0009066vfu.jpg

1. C型肝炎およびC型肝炎ウイルスとは
C型肝炎とはC型肝炎ウイルス(HCV)の感染により起こる肝臓の病気です。HCVに感染すると約70%の人が持続感染者となり、慢性肝炎、肝硬変、肝がんと進行する場合があります。肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれ予備能力が高く、自覚症状がないまま病気が進むことがあり、HCVの感染がわかれば、症状がなくても必ず詳しい検査(精密検査)をして、治療を含めて対処を検討する必要があります。
現在日本では約100万人程度のHCV感染者がいると考えられています。その中には感染がわかっていない人やわかっていても通院されていない人が多いのが現状です。慢性肝炎、肝硬変、肝がん患者の60%がHCV感染者であり、年間3万人が肝がんにより亡くなっているため、多くの人にC型肝炎についての正しい情報を知っていただくことが大切です。
【引用元】国立研究開発法人 国立国際医療研究センター 肝炎情報センター
http://www.kanen.ncgm.go.jp/cont/010/c_gata.html

C型肝炎は「HCV」という表記をされます。
我々が常日頃受けている健康診断の血液検査にも「HCV」という項目があるかと思います。
その項目が「+(プラス)」となっていれば陽性(感染している可能性大)で、「-(マイナス)」となっていれば陰性(感染していない)ということになります。
当然、利用者の「共通健康診断書」にも同じ項目・表記があります。
C型肝炎の症状や治療方法などは割愛しますが、もし感染してしまい治療するとなると長期間掛かり治療費も高額となります。
治療を怠れば命にも関わってきます。
インフルエンザやノロウイルスのように短期間で保存的治療でも大部分は軽快する感染症とはちょっとワケが違います。
ですから、我々職員も含め、他利用者に感染させない対応が必要になってきます。
(スポンサーリンク)

◆C型肝炎の感染経路

nurse_cap.png
C型肝炎の感染経路の多くは「血液感染」になります。
他にも
・母子感染
・性行為

なども感染経路として考えられていますが
「感染率は低い」
とされています。
血液感染の多くは

①針刺し事故

看護師等の医療従事者が、感染者に注射針を刺した後の針を処理する際に誤って自分に刺してしまうことで感染リスクが高まります。

②入れ墨やタトゥーを入れる

入れ墨やタトゥーは針を刺して入れていきますが、その針を滅菌されていない状態で使いまわした場合に感染する可能性があります。
現在は、衛生管理がちゃんとできている場合が多く、針を一人一人使い捨てするような対応もされているので、感染リスクは昔よりは低くなっていると言われています。
しかし、全ての彫師や業者がそうとは限りませんので注意が必要です。

③ピアス針の使い回し

これも入れ墨やタトゥーと同じで、ピアス穴を開ける器具が十分に消毒されていないと、感染リスクが高まります。
但し、他人の血液を直接触るようなことが無い常識的な社会生活
・普通の共同生活や集団生活
・入浴(銭湯や温泉含む)
・握手や抱擁
・食器の共用

などでは感染することはほとんどありませんので過度な心配や恐怖心を持つ必要はないのでご安心下さい。
しかし、介護現場では
「他人の血液を直接的に触る場面」
があったりします。

◆介護現場のリスク

illustrain10-kaigo21.png
介護現場では様々な場面で利用者が「出血」します。
・転倒、転落、滑落時の外傷
・表皮剥離や裂傷や切り傷や擦り傷や掻き傷
・鼻血
・歯槽膿漏
・褥瘡(じょくそう)の傷(床ずれのことです)

等々
そうした出血を触ったり処置したりする時は、必ず手袋(グローブ)が必須です。
【関連記事】
介助の時に手袋(グローブ)を着用するのは常識
もちろん、こちら(介護者や処置者)の血液や傷口に直接触れることが無ければ感染リスクはさほど高くないので過剰に恐れることもないのですが、指先等に「ささくれ」や「さかむけ」があったり、「傷がある」場合は特に注意が必要です。
ですから、『アラフォーになり感じる様々な変化や気づき』という記事に書いたように、「介護職員にとって指先の傷はリスクを増大させるので禁忌」と言えます。
利用者にとっても、C型肝炎感染者がいた場合、出血している利用者同士の接触を避けるような対応が必要です。
例えば
「入浴の順番を考慮する」
等になります。
感染している利用者には申し訳ないですが、入浴を一番最後にするようにしています。
他の利用者への感染リスクを最小限に抑えるためです。
しかし、高齢者は入れ墨やピアスを入れている人はあまり見掛けないのに、何故結構な高確率でC型肝炎感染者がいるのでしょうか。

◆高齢者にC型肝炎が多い理由

koshi_magari_obaasan.png
高齢者にC型肝炎感染者が多い理由として
「昔は医療機関でも注射針を使い回していた」
という理由が大きいと思います。
それは一切、自分(本人)の責任ではありません。
普通に病院等に行って注射や採血をされるだけで、感染してしまう時代だったのです。
手術などで輸血を受けた際は、針からの感染だけでなく、他人の血液から感染してしまうこと(輸血後肝炎)もありました。
それだけウイルスとか衛生面に無頓着な時代を過ごして来られたのです。
しかし、感染されている多くの高齢者はC型肝炎の症状は特に無く、治療もされていないのにお元気で過ごされている場合がほとんどです。
感染しても自覚症状がない「不顕性感染」の人が多く、一見して感染者だとは誰もわかりません。
だからこそ「共通健康診断書」を確認して、プライバシーやデリカシーに配慮しながら情報を共有し、適切な対応を取ることが介護現場の最前線で働く介護職員の専門性だと言えます。
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

介護職員ランキング