「リゾートヒルズ豊浜 蒼空の風」をおすすめする7つのポイント(口コミ)【介護職員の三重県旅行記】

Pocket

89019.jpg
今回の旅行は三重県を中心に観光してきました。
宿泊したのは三重県鳥羽市の南側に位置する漁師と海女のまち「相差(おうさつ)町」の温泉旅館になります。
「相差」という地名が読めずに、ずっと「そうさ」と読んでいましたが、道路標識のローマ字が「Osatsu」となっており
「「そうさ」ではなく「おさつ」と読むのか」
などと感心しながら宿泊しましたが、実際には「そうさ」でも「おさつ」でもなく
「おうさつ」と読む
ということを恥ずかしながら後になってから知りました。
とにもかくにも、今回は相差町の
リゾートヒルズ豊浜 蒼空(そら)の風(公式HP)」
という温泉旅館に宿泊してきましたのでレビューを書きたいと思います。

スポンサーリンク

◆おすすめポイント①「露天温泉付き客室」

またまた旅館選びのこだわりとして
「露天風呂付きの客室」
をセレクトしました。
ここで特筆すべきは
「客室の露天風呂のお湯にも温泉が使ってある」
ということです。
露天風呂付き客室には大きく分けて2種類あって
①普通のお湯の露天風呂
②温泉のお湯の露天風呂

になります。
つまり、24時間いつでも(実際には24時間も宿泊していませんが)貸し切り状態で温泉に入ることが出来るのが
「露天温泉付き客室」
になります。
これはとても嬉しいポイントです。
88974.jpg
露天温泉への入り口です。
88976.jpg
ドアを開けると洗い場があります。
シャワー、シャンプー、リンス、ボディソープ、洗顔用ソープ、ピーリングジェルが完備されています。
88975.jpg
浴室と浴槽はこんな感じになっています。
サッシを開ければ露天になります。
これからの季節は虫などが入ってくる可能性が高いので、サッシを閉めれば密室になり虫の侵入を防ぐこともできます。
壁面についている操作盤で温度調節等も可能です。
とても満足のいくお部屋でした。

◆おすすめポイント②「客室からの景色が綺麗」

お部屋の場所にもよるのでしょうが、客室から海を一望出来ました。
89024.jpg
海が近いということは、私が大好きな「魚介類も新鮮で美味しい」という期待が膨らみます。
それだけではありません。
水平線に沈む夕日と翌朝昇る朝日を拝むことも出来ました。
89017.jpg
こちらが夕日です。
綺麗なオレンジ色でした。
89032.jpg
こちらが朝日になります。
右側に映っている建物は部屋についている温泉です。
多少は建物と被ってしまいますが
「客室温泉のベランダから撮影すればもっと綺麗に見えたかな?」
と後になってから思いました。
(スポンサーリンク)

◆おすすめポイント③「夕食が豪華&部屋食」

私の旅館選びのこだわりポイントの2つ目が「部屋食」です。
※本来は夕食提供場所はダイニングRIVERA(リベーラ)ですが、1名に付きプラス1000円で部屋食に変更できます。
そして、さすが海女と漁師のまちだけあって、魚介類が豪華で新鮮で素晴らしく美味しかったです。
89011.jpg
ドーン!と舟盛と伊勢海老のお造りが出てきました。
88983.jpg
89013.jpg
88987.jpg
88982.jpg
89014.jpg
アワビの肝のソース和えも絶品。
88991.jpg
鯛の香草蒸しは丸々1匹出てきました。
スープも絶妙な美味しさで、締めの「鯛釜めし」にかけてお茶漬け風にすると美味しすぎました!
美味しすぎて箸が止まらず、鯛釜めしの写真を撮るのを忘れるくらいです(笑)
88985.jpg
追加一品料理の「アワビのお造り(5400円)」です。
庶民派の私にとって。アワビ1つで5400円はビビりますが、実はこれ予約時に無料サービスのクーポンを使いました。
ですから、実質無料で食べることが出来ました。
コリコリでとても美味しかったです。
88993.jpg
最後に香物とお吸い物とデザート(マンゴーゼリーとメロン)でフィニッシュです。
ごちそうさまでした。

◆おすすめポイント④「遊びごころ満載の館内」

この旅館では色々楽しめる独自の遊びごころが館内に沢山あります。
89034.jpg
89010.jpg
89007.jpg
無料で24時間利用できる「ハンモック」です。
1階フロアにあります。
89028.jpg
89027.jpg
こちらも1階フロアにある「足湯のドクターフィッシュ」です。
もちろん無料で利用できます。
約10分ほど足を浸けているとドクターフィッシュが足の角質を食べてくれてツルツルになります。
ドクターフィッシュさんの勤務時間は7時~22時となります。
介護職員に劣らない長時間労働おつかれさまです。

◆おすすめポイント⑤「温泉のお湯がとろとろの美肌成分&温泉に詳しくなれる」

89031.jpg
こちらの資料は各部屋に常備されているものと思われます。
「温泉ソムリエ野村の温泉豆知識♪」
とあります。
「そもそも温泉ソムリエ野村って誰だよ?」
という疑問が浮かんできそうですが、私は知っていました。
知っていると言っても、話をしたこともお会いしたこともありませんが、私が一方的に知っているだけです。
この野村氏とは、この旅館の常務取締役です(同姓の別人かもしれませんが、恐らくそうだと思っています)。
何故、知っているかと言うと、私は旅館を予約する際に事前に色々な情報を集めます。
そういう性格なのと、調べていると楽しいということもあります。
今回の旅館についても色々調べている中で「楽天トラベル」や「じゃらん」等の有名な旅館仲介業者の口コミひとつひとつに丁寧に返答していらっしゃったのが「野村常務」でした。
まず、そこに好感が持てたことと、その内容も非常にスマートで、それでいて従業員への愛に満ちた内容ばかりでした。
ありがちなのは、従業員の不備をけなした上で利用客の言い分を立てたり、社交辞令的な改善をお約束する内容が多い中で、野村常務は「利用客も従業員も立てる」というコメントを多くされていました。
「私が絶大な信頼を置いているスタッフです」
「優秀なスタッフを私も心強く思っております」
「スタッフに確認した所、〇〇と申し上げておりました。食い違いの無いよう改めて周知致します」

等々、確認もしっかりされています。
もちろん、お客様本位であるべきですが、全てに媚びを売られるのもまた違うと思いますし、介護業界も見習って欲しい点だと思います。
「そういう上司の下で働いている従業員は幸せだろうなぁ」
「幸せな従業員がサービスを提供してくれる旅館に泊まりたいなぁ」
「皆、どんな顔をして働いているのかな」

という好奇心にも似た感情が生まれ、この旅館に泊まる決め手のひとつとなりました。
残念ながら旅館でも野村常務にお会いすることはありませんでしたが(こちらもあえて声を掛けていませんが)、皆さまとても良い顔で良いサービスを提供して頂きましたことを申し添えておきます。
さて、温泉成分の話になりますが、この旅館の温泉はどのお風呂もトロトロの温泉のお湯です。
湯上りも肌がツルツルしているのがハッキリとわかります。
この成分の秘密は「pH(水素イオン指数)」にあるようです。
資料の内容を記憶だけで思い起こして少し抜粋しますが
「pH6~8以下は中性ですが、pH8以上は弱アルカリ性となります。pH8以上あるとトロトロの温泉になります。蒼空の風の温泉成分はpH9.3あるので、トロトロのお湯になり、美肌・美白効果が抜群です」
石鹸水がpH10、アンモニアがpH11、漂白剤(ハイター等)がpH13ということですので、pH9.3のこの旅館の温泉成分は「限りなく石鹸に近い成分」ということになります。
石鹸を肌にまとったままは皮膚に良くないように感じますが、肌から浸透していくので洗い流す必要はないとのことでした。
とても勉強になりました。
詳細は「温泉ソムリエ野村の温泉豆知識」でどうぞ。

◆おすすめポイント⑥「貸切露天風呂(温泉)も堪能できる」

部屋に温泉がついていますが、温泉旅館に来たなら色々な温泉に入ってみたい願望が出てきます。
45分2000円(税別)というプラスの料金が発生してしまいますが、私は追加料金を支払って利用してきました。
※事前の予約は出来ず、チェックイン時に先着順で予約
88995.jpg
ここから貸切露天風呂「天空の湯」に行きます。
88996.jpg
洗い場はこんな感じでした。
89000.jpg
89003.jpg
89001.jpg
外の景色や街明かりも見える露天でした。
薄明りの落ち着く雰囲気の中、ゆっくりと貸し切り露天温泉を堪能させて頂きました。

◆おすすめポイント⑦「朝食にも心くばりあり」

部屋食大好きな私ですが、この旅館は朝食の部屋出しはしていないようだったので、郷に入っては郷に従いダイニングRIVERA(リベーラ)で朝食を頂きました。
89036.jpg
89038.jpg
これは「あおさの茶わん蒸し」です。
中に白玉が入っていました。
89040.jpg
89044.jpg
伊勢海老をダシにした贅沢なみそ汁です。
それらプラスこちら。
89043.jpg
「昨晩使った鯛のアラを煮つけにしました。こちらサービスです」
と言われ鯛のアラ煮が出てきました。
気の利いた心配りです。
朝から魚三昧です。
魚大好きな私は大満足でした。

◆交通アクセス

住所:〒517-0032 三重県鳥羽市相差町1471
Googleマップ

TEL. 0599-33-6000 / FAX. 0599-33-7003
無料駐車場50台分完備しています。
駐車場から旅館の玄関まで約50mほどの急な坂道がありますが、送迎車で往復してくれます。
立地の悪さをものともしないサービスの質が「本当のおもてなし」と言えるのだと思います。

◆まとめ

index111.jpg
野村常務への私の思いは届いていないのかもしれませんが、やはり「人望」とか「人柄」とか「第一印象」って本当大切だと思いました。
旅館を決める最終的な決め手となったのですから間違いありません。
ちなみに、恒例のトイレチェックもしました。
88978.jpg
水洗でしたが、まぁ「普通」です。
特筆するに至りませんでしたが、肝は
・立地
・建物
・設備

などの「ハード面の新旧」だけではなく
・気持ちや心配りがあるか
・掃除が行き届いているか
・従業員に笑顔はあるか
・誠意のある対応をしてもらえるか

という「ソフト面」がとても重要だということを再認識できました。
このことは、介護業界にも通ずるものがあると感じています。
「従業員がサービスの提供に専念できるような環境を創り上げるのが上司や経営者の務め」だということは、業界の枠を超えて考えていかないといけない問題だと思います。

コメント

  1. 美遊☆彡 より:

    はじめまして。
    ランキングからお邪魔しました。
    三重県民として喜んでいただけて嬉しいです。
    海の幸がとっても美味しい地域です。
    またいらっしゃってくださいね。

  2. 山嵐 より:

    >美遊☆彡さん
    はじめまして、こんばんは~
    コメントありがとうございます^^
    三重県は海の幸がとてもおいしくて観光地やレジャー施設も色々あるので良い地域ですね^^
    是非、また行きたいです。