【介護業界で働いている皆様へ】職場で上司や利用者から受けたパワハラ・セクハラの現実を教えて下さい

Pocket

介護業界は他業種に比べて「パワハラやセクハラの被害」が多く、「人間関係が劣悪」と言われています。

「どの業界、業種でも同じようなものだ」
という声があるのも事実ですが、やはり元々「奉仕の精神」から始まった「福祉」にはまだまだ「仕事としての福祉の精神」との棲み分けがハッキリと確立できておらず「排他的」で「独特」のハラスメントが潜んでいると認識しています。

ちなみに、私は『理不尽とパワハラに耐えるのが介護業界の常識』の記事で書いたようなパワハラを受けた経験があります。

他にも細々としたパワハラやモラハラなど、不快な思いをしたことが何度もあります。
同じように「ハラスメント」で悩んでいる皆様が多数存在していると思っています。
そこで、今回はこの記事のコメント欄を開放して、皆様の体験や現状や事実をお伺いしたいと思います。
(開放と言ってもいつもと同じ状態ですが)

【質問】
あなたが今までに同僚や上司や利用者や家族から受けたパワハラ・セクハラ等のハラスメントの経験や実体験の現実を教えて下さい。

スポンサーリンク

◆アンケート詳細

①投稿の仕方

・この記事のコメント欄に詳細を記入して下さい。
・記事下の「コメントを書く」ボタンを押してください。
・投稿者名(名前)は匿名やハンドルネームや仮名でOKです。
・メールアドレスやホームページアドレスは空欄(未記入)でも投稿可能です。
・スパム等の悪質な投稿を防止するために認証コードを設定しています。
・常識の範囲内でマナーを守って投稿して下さい。

②投稿の内容と目的

・介護業界で働く全ての職種の人が対象です(職種を記載して頂くとありがたいです)。
・介護業界内でご自分が経験した、若しくは見聞きした事実のみを投稿して下さい。
・パワハラやセクハラを含む全てのハラスメントを対象とします。
・相手が上司、同僚、利用者、家族等は問いません。
・全国各地の介護業界におけるハラスメントの独特さや陰湿さを知る目的です。
・体験談を投稿してもらい当ブログを通じ考察したり世間に広く発信したいと考えています。

(スポンサーリンク)

③投稿への返信について

・基本的にブログ管理者(山嵐)は投稿に対する返信はしません。
・返信をご希望の方は、その旨をご記載下さい。

④投稿後にブログ記事に掲載されるタイミングと管理者権限について

・スパムや悪質な投稿を防止する為、管理者が内容を確認後に記事内に公開されます。
・概ね24時間以内に対応しますが、内容によっては投稿を承認しない場合があります。
・投稿内容に不適切ワードがある場合は管理人権限で削除したり伏字にする等の編集、訂正をした上で投稿する場合があります。
・こちらに書き込まれた内容を当ブログ内で二次利用する場合があります。

⑤投稿後の変更や削除依頼

・ご自身の投稿について変更や削除を依頼される場合は、再度その旨を記載した投稿を行うか当ブログのメールアドレスまでご連絡下さい。
・投稿者ご本人の確認が取れ次第早急に対応致します。
・変更又は削除依頼の投稿又はメールは記事内に公開致しません。

⑥アンケート期限とその他の事項

・このアンケートに期限は設けていません(無期限)。
・ここに取り決めの無い事項については、協議の上、柔軟に対応致します。お気軽にどうぞ。

(開始日:2018年6月28日~)

コメント

  1. 赤と緑の悪魔 より:

    こんにちは。いつも『あるある』と思って読ませて頂いております。実際文章にするとなかなか上手く伝えるのが難しいのですが、いくつか実体験を書いてみました。
    ・社会福祉法人で現場経験、相談員経験ありで単独型ショートステイに転職。施設長と相談員(=私)が先に決まっていたせいか後から来た管理者の当たりが酷かった。
    ①相談員の仕事はさせてもらえず、100%現場勤務を命じられ家族等に相談員と名乗るだけで後で注意受ける。なのに説教時は相談員の体で『他の施設の相談員は〜』と説教される。
    ②8時間夜勤で夜勤明けが休み扱いのタイプで夜勤が月6~7回、公休が月1~2回。ある時希望を出さなかったら最大50数日、公休の間が空けられた。
    ③施設長に叱られると私のせいだと後で怒りの説教。話し合う余地は与えられず。
    ④相談員として期待外れ、実力不足と降格。
    ※①の経緯があって相談員の名刺がほぼ手付かずで残ってます。笑
    厚いオブラートに包んで、書けそうかなと思うものを挙げてみましたが、こうして書いてみるとパワハラなのかその職場・上司がダメダメなのか線引きが難しいですね…

  2. すぅ より:

    はじめまして。すぅと申します。性別は女性です。
    大卒後、介護業界へ入り6年目の現在も介護職として在職中です。今の職場は7月末に退職しますが(笑)
    記載するエピソードは、わたしが新卒1~2年目に体験したものです。やはり介護職をしていると、セクハラやパワハラからいかに逃げるかが課題のひとつになるのかもしれませんね。
    一つめは、入職一年目の夜勤中のことです。緊急でショートステイとして入ってきた男性の方(認知症はなし)からセクハラを受けました。その男性は大腿部の骨折をしており、ベッド上で尿器等を使用した排泄の介助が必要でした。
    何度か排泄介助を要請するナースコールがあり訪室しましたが、男性は訪室するたびに局部を出しながら『やっぱり、いい』と断るのでした。夜勤中にそのようなことが5回あり、男性は断りの言葉を言いながらニヤニヤしていたのがとても気持ち悪かったです。翌朝、なんだか気持ち悪すぎて頭からシャワーを浴びたまましばらく動けませんでした。
    二つめは、二年目のやはり夜勤中の出来事でした。
    そのときは入所されている男性でやはり認知症はない方でした。
    その男性は持病のため、足を近々切断しなければならない状態で、少し精神状況が通常とは異なってはいました。
    定時の巡回のために訪室したところ、『痛くて辛いんだ。慰めてよ。』『なんて柔らかい手なんだ』と手の甲をとられて、なめたりキスをされました。夜勤明けにそのことを看護師に報告しましたが(男性が痛い、と言っていたので内服薬の変更などの検討をしてもらえたらと思ったのです)、看護師からは『それが本当なら精神異常ね』と言われて終わり、すごく虚しく感じました。
    そのほかには、隙あらば介助の最中に胸を触ろうとする男性の方もいました。
    更に変わり種(?)は、女性のスタッフから仕事中に胸を触られて『胸おっきいねぇ』と言われたりしました…。同性であったとしても、相手が不快感を感じたらアウトなのだと思います。
    また、これは他の業界でも共通することかもしれませんが、逆マタハラもあるのではないでしょうか。独身職員が妊婦や子持ちの職員のフォローに明け暮れて疲れ果ててるのに、当の妊婦や子持ちの職員からは『当たり前でしょ』と言われたり…。
    一番許せなかったのは、先輩の妊婦の職員のフォローをしていたときでした。毎日、その先輩が入れない代わりに早出や超勤をしていました。それなのにわたしが疲れて風邪で休んだりするとその先輩職員から『あなたの代わりに、◯◯さんが入ってくれたんだよ』と言われたことでした。…あなた(先輩)が体調を崩して早退したときに、その穴を埋めていたのはわたしだったのですが。。。
    いろいろあり、その職場は4年で退職しました。
    なぜ、介護業界以外ではアウトとされていることが、介護業界ではアウトにならないのか、本当に本当に不思議です。

  3. デイちゃん より:

    利用者からのハラスメントとなると、暴言や暴力、セクハラが主だと思うのですが、それ以外にも厄介だと思うのが、意味不明な介護拒否だと思うのです。
    意味不明な介護拒否って、モラハラかなあ。
    私が派遣で働いているとき、ナースコールで呼ばれていくと、じいさんが「お前じゃいかんから他のにかわれ」「お前は新人だろ?お前がやってケガしたら損や損や」だって。
    でも、その施設の看護師さんも、その利用者をできる人とできない人がいるって言ってたから、別に新人が~とか関係ないみたいだった。単なる好き嫌いだけみたい。
    でも有料ホームで働いてる他の人も、「わがままでスタッフを選ぶ利用者がいる。スタッフの3分の2はその利用者の介助ができない。」って言ってたから、そういう困った利用者、わりといるのかも。
    で、その有料ホームは、その利用者のせいでスタッフが離職しまくってる・・・って、どう考えてもその利用者を断った方がいいでしょうにって感じだった。
    デイでも、たまに「入浴は男性スタッフ不可」の人がいますが、だんだん人間関係ができてくると「まあ別にいいわよ」って人がほとんどですし。
    介護スタッフを選ぶって・・・どんな神経なんでしょうね。
    「自分はえらい」「なんでも言うことが通る」とでも思ってるのかしらね。
    それは大きな、か・ん・ち・が・い。
    これからは、ヘルパー頼んでも誰も来てくれないよ?(笑)