「城崎マリンワールド」をおすすめする3つのポイント(口コミ・レビュー)【介護職員の兵庫県旅行記(2)】

Pocket

兵庫県旅行記の第二弾です。
城崎マリンワールド(公式ホームページ)」に行ってきました。
口コミ(レビュー)を書きたいと思います。

スポンサーリンク

◆交通アクセスや施設情報

〒669-6192 兵庫県豊岡市瀬戸1090番地
TEL:0796-28-2300

Googleマップ

車をご利用の場合
・大阪 池田ICから   約2時間30分
・神戸 西宮北ICから  約2時間10分
・岡山 岡山ICから   約2時間50分
・京都 沓掛ICから   約2時間40分
・姫路 砥堀ICから   約2時間00分
・鳥取から       約1時間50分

北近畿豊岡自動車道 日高神鍋高原ICより約40分
京都縦貫自動車道 京丹後大宮ICより約60分

【出典】城崎マリンワールドHP

駐車場も完備されており「普通車で駐車料金700円」でした。
機械でバーが開閉する無人タイプの駐車場ではなく、係員が一台一台車をとめて、お金を徴収する古風な駐車場でした。

【入園料金】
[一般]
・大人      2,470円
・小人(小・中学生) 1,230円
・幼児(3才以上)   620円

【営業時間】
通常は9時~17時
(夏期7/20~8/31は9時から18時まで)

◆おすすめポイント①「テーマが面白い」

どの水族館だって「お客様を楽しませたい」という思いは同じかと思います。
城崎マリンワールドのテーマが面白いと感じたのは
「水族館以上、であること」
というコンセプトです。

水族館の枠にはまらない
面白いこと、楽しいこと、素敵なこと、はじめます。

「以上」ってなんだ?
何が何より「以上」なんだ?
いま、そう思いましたね。
城崎マリンワールドは、いまあなたが思った「?」、つまり「以上」のことをはじめます。
つくります。
面白さ、楽しさ、体験、発見……
いろんなことが水族館のイメージと違う。
誰もが持っているイメージからはみ出た面白いこと、楽しいこと、素敵なことをたくさん提供します。
水族館以上、であること。
それは私たちのテーマ。
城崎マリンワールドを水族館だと思ったら、大間違いですよ。

(城崎マリンワールドHPより引用)

最後の一文
「城崎マリンワールドを水族館だと思ったら、大間違いですよ。」
とは何とも大胆不敵で挑戦的な発言でしょうか。
想像するだけでワクワクしてしまいますね。

(スポンサーリンク)

◆おすすめポイント②「毎年変わるショーの内容」

イルカやアシカショーはそこそこ大きな水族館ならどこでもありますが、城崎マリンワールドのショーは毎年テーマを決めてショーの内容を変えています。

同じシーズンでもバージョンアップすることもあるようです。
「いつ来てもいつ見ても同じ内容」
というマンネリからの脱却です。
来園者を飽きさせない工夫をされています。




見ごたえ十分でした。

ただ、客席はテント式の屋根があり日陰にはなっているものの、この季節の屋外の気温は30度を優に超えるため(恐らくこの日は35度も超えていました)、風がないととにかく暑いです。
汗が噴き出てきますので、熱中症には十分ご注意下さい。

◆おすすめポイント③「釣って食べられる」


私だけでしょうか。
水族館に行くたびに、魚やカニやエビを観賞中に
「美味しそうだなぁ」
「刺身もいいけど天ぷらにしても良さそうだなぁ」

などとイケナイ妄想をしてしまうのは。

なんせ、私は魚介類が大好きなので尚更です。
釣り好きな人は「釣ってみたいなぁ」などと思うのかもしれません。

しかし「水族館は鑑賞する場所」という初心に帰り邪念を振り払うわけですが、「城崎マリンワールドを水族館だと思ったら大間違い」でした。

釣り堀があり、アジを釣ることが出来ます。
竿1本(エサ付き)650円でアジ釣り体験ができます。

時間は無制限ですが「針糸が切れれば終了」です。

ネタバレを書きますが、針糸は強く引っ張ると切れる(というかほどける)ように結んであります。

ですから、上手に釣り上げないとすぐに終了です。
しかし安心して下さい。
1匹も釣れなかったら近くにいるスタッフがお情けでもう1回針付きの竿を貸してくれます。
もっと安心してもらう為に下の写真をご覧ください。


(指が写り込んでしまいましたが)魚影がめちゃくちゃ濃いのです。

スタッフが釣り方もレクチャーしてくれますし初心者でも、ほぼ確実に釣れます。

そういう私は

まずは小さいアジが3匹。


その後もどんどん釣れました。

まだまだ釣れそうだったのですが、1時間も釣っているとこれまた汗が止まりません。

自己判断で途中で終了し、近くで釣ったアジを天ぷらにしてもらいました。


1匹50円で天ぷらにしてもらえます。

私は1200円支払ったので、24匹釣ったことになります。
釣りたて揚げたてのアジの天ぷらは格別のお味でした。
(ビールが飲みたくなりましたが、運転があるので我慢しました)

◆1日中遊べるが早々に引き上げました

館内の全てを体験したりショーを見たりすると恐らく1日では回り切れません。
十分の楽しめるボリュームがあります。

しかし、なんせこの猛暑です。
(そのお陰もあり混雑は避けられましたが)

開園早々の9時過ぎに到着しましたが、13時半頃には汗だくになっていたので、16時にチェックインする予定だった旅館へ電話すると
「14時からお部屋にご案内出来ますよ、お待ちしています」
という快いお返事を頂けたのでお言葉に甘えて14時にチェックインすることにしました。

まだまだ回りきれなかったのですが、暑さには勝てませんでした。
また時期を変えて再訪したいと思います。

【関連記事】
城崎温泉に旅行に行ってきました(思ったこと3つ)【介護職員の兵庫県旅行記(1)】
城崎温泉「西村屋ホテル招月庭」をおすすめする3つのポイント(口コミ・レビュー)【介護職員の兵庫県旅行記(3)】
神崎農村公園「ヨーデルの森」をおすすめする3つのポイント(口コミ・レビュー)【介護職員の兵庫県旅行記(4)】