城崎温泉「西村屋ホテル招月庭」をおすすめする3つのポイント(口コミ・レビュー)【介護職員の兵庫県旅行記(3)】

Pocket

今回の兵庫県旅行では城崎温泉の西村屋ホテル招月庭に宿泊してきました。
このホテル旅館は「西村屋本館」の別館にあたります。

本館の方は創業150年の老舗で登録有形文化財に指定されている城崎のみならず兵庫県下で知らぬ人はいないほど有名で由緒正しき旅館のようです。

本館は格式高く「フォーマル」なイメージがありますが、今回は本館よりも「カジュアル」なイメージの別館(招月庭)を選択しました(私の勝手なイメージです)。

早速、口コミ・レビューを書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

◆交通アクセスは?

【城崎温泉 西村屋ホテル招月庭】
〒669-6101 兵庫県豊岡市城崎町湯島1016-2
TEL:0796-32-3535(代表)
FAX:0796-32-4457

Googleマップ

「城崎マリンワールド」から車で約15分の距離にあります。
遊んですぐにチェックインできるのは便利でありがたいですね。

駐車場は旅館の前の道を挟んだ反対側(そこが一番最初に目にとまる場所)にあり
「横断歩道もない道路を横断するのか」
「しかも案内員も誘導員もいないな」

と不安になりましたが、車を降りようとした時に他の車が旅館の敷地内に入っていくのを見掛け
「あれ、中まで入れるのかな」
と思い恐る恐る敷地内へ車で進入し玄関前まで行くと、玄関前と建物の下に駐車場がありました。

そこには係員がいて建物の下に車を誘導してくれました。
猛暑の中、屋根の無い所に車を駐車すると車内がサウナのように熱くなってしまうのですが、お陰でそうならなくて済みました。

初めて利用(宿泊)する時は、駐車場の場所がわかりづらいので注意が必要です。

◆おすすめポイント①「敷地内にプールがある」

旅館の敷地内にプールがあります。
通常のチェックインは15時からなのですが、あまりの猛暑で城崎マリンワールドを早々に切り上げ、旅館に事前に電話を入れた上で14時にチェックインさせてもらいました。

時間がたっぷりあるので、早速プールを利用しました。
部屋に携帯(スマホ)を置き忘れてしまった為、写真が撮れなかったので画像は公式HPからの出典になります。

五万坪の広大な森林に包まれた木漏れ日のガーデンプールでお子様との楽しいひとときをお過ごしくださいませ。
小さなお子様も安心の浅めのプールもございます。
【営業期間】2018年7月14日(土)~8月30日(木)
【遊泳時間】9:00~17:30
【利用料金】宿泊の方は無料
宿泊以外の方は大人1,000円、お子様600円(1名あたり・税込)
【設備など】プールサイドに更衣室あり
水着やタオル、浮き輪などはご持参ください
浮き輪用空気入れはフロントまで

【出典】西村屋ホテル招月庭ホームページ

宿泊者は無料で利用できます。
しかしプールとは言え、なんせ猛暑だったので1時間程で切り上げました。

◆おすすめポイント②「露天風呂付き客室」

私が宿泊する旅館のセレクトポイントの定番です。
客室に露天風呂がついています。



すだれが掛かっており外から丸見えになることもありません。

もちろん、すだれを上げれば外の景色を見ながら湯船に浸かることができます。
お湯加減は結構熱めで(体感で41度~42度くらい)、長湯をするとのぼせてしまいそうだったのでサッと浸かる程度にしました。

好きなタイミングで入れるので露天風呂付き客室はオススメです。

難点を言えば
・温度調節ができない
・水道はあるがシャワーも洗い場もない
・洗い場がないのでボディソープもシャンプーも置いてない

ということでしょうか。

部屋に普通のお風呂もついていて、そこには色々なアメニティが完備されていましたが、位置的に露天と普通のお風呂は客室を挟んだ場所にあり
「普通のお風呂で体を洗ったあとにタオルを巻いて和室の客室を通って露天風呂に浸かる」
というのもどう考えてもおかしいので、別々に行う必要があります。

(スポンサーリンク)

◆おすすめポイント③「夕食が部屋食、量も丁度いい」

これもこだわりたいポイントです。
夕食は部屋食で提供して頂きました。

お品書きです。







揚げ物だけ写真を撮るのを忘れて食べてしまいました。

コース料理で順番に来るのですが、食欲の勢いに抗えませんでした。

「量やボリュームが物足りないかな?」
と最初は思いましたが、食べ進めていくうちに
「結構お腹いっぱい」
という状態になりました。

お腹がはち切れるほどでもなく、かと言って追加で何か欲しくなるわけでもなく
「本当に丁度いい満腹感を得られる料理内容」
でした。

特筆すべきは「味」です。
魚介類も新鮮なのでしょうが、食材本来の自然の味を活かしながら上品で丁度いい味付けになっていました。

揚げ物を撮るのを忘れてしまうくらいお箸が進みました。

◆その他諸々

その他、感じたことを書きます。

「担当の仲居さんが好感が持てた」

担当して下さったのは恐らく私より若い仲居さんでしたが、とても落ち着いた雰囲気を醸し出されており、口調や言葉のトーンも丁寧且つ上品でとても好感が持てました。

「飲用できる水道があるのは嬉しい」


ちょっと画質が暗くて見にくいかもしれませんが、お部屋に飲用できる水道が備わっていました。
「この水道のお水は安全に飲用できます」的なことが書いてあります。
お湯が沸かせる湯沸かしポット(ケトル)もありました。
飲用水にもお金が必要な所も多い中、ありがたいサービスです。

「朝食はバイキング」

いつもは部屋食だったり食事処で定食を頂くことが多いのですが、今回の旅館ではバイキングでした。

宿泊客もそんなにいなかったようで、混雑もしておらず、好きなものを好きなだけ行列に並ぶことなくスムーズに堪能できました。

和洋30種類以上のメニューがあり、全部少しずつ食べたかったのですが、さすがに全部食べる前にお腹がいっぱいになりました。

「トイレはウォシュレット付き」



恒例の(?)トイレチェックですが、最近はどこもウォシュレット付きで綺麗なトイレばかりですね。

逆に汚いトイレを探す方が大変なのかもしれません。
こちらのトイレも掃除が行き届いており、清潔に使用できました。

◆まとめ

この猛暑の中の温泉もなかなか悪くはありません。
但し、長湯は禁物です。

早めのチェックインにも対応して頂きましたし、料理のお味にも大変満足しました。
もう少し涼しくなれば、またお邪魔したいと思います。

【関連記事】
城崎温泉に旅行に行ってきました(思ったこと3つ)【介護職員の兵庫県旅行記(1)】
「城崎マリンワールド」をおすすめする3つのポイント(口コミ・レビュー)【介護職員の兵庫県旅行記(2)】
神崎農村公園「ヨーデルの森」をおすすめする3つのポイント(口コミ・レビュー)【介護職員の兵庫県旅行記(4)】