「挨拶をしない、返さない人」が多い介護現場の実情

Pocket

介護業界が他の業界と比べて異質な理由のひとつとして「人間関係」がありますが、まず感じるのは「挨拶をしない、返さない人が多い」という社会常識では考えられない状態が普通にある、ということです。

以前の記事でも触れましたが、本当に嘆かわしい姿です。

少し大胆なタイトルになってしまいましたが、 どの職場であっても どの家庭であっても どの地域であっても どの場面であっても ...

スポンサーリンク

不快感とともに仕事が始まる

挨拶は一日をスタートさせる上で欠かせないものです。

「おはようございます」

「こんにちは」

「こんばんは」

「お疲れ様です」

他にも退勤する際には

「お先に失礼します」

「お疲れ様でした」

など、職場内で挨拶を使う場面はたくさんあります。

すごく基本的で普通なことなのですが、介護現場ではその挨拶がスッポリ抜けています。

いや、以前から見たらまだマシになってきた方なのかもしれませんが、それでも挨拶をしない人はしません。

まず、出勤したら事務所へ行きタイムカードを打刻するかと思います。

「失礼します」と言って事務所に入り、中にいる人達に向かって「おはようございます」と一礼します。

当然、あいさつは返ってこないので、そのままタイムカードを打刻し「失礼しました」と言って退室します。

私は一日の中でこの30秒ほどの時間が一番嫌いです。

挨拶をしても返してもらえない空間に自ら行って、「ちっ、挨拶もしやがらねぇ」などと不快な気分になるだけの時間だからです。

そして不快な気分のまま一日がスタートします。

そして、それが介護現場の実情になります。

挨拶を返してもらえない悪循環

ユニットへ行くと、介護職員同士は挨拶をします。

挨拶無しで同じようにイヤな思いをしているもの同士まで挨拶をしなくなったら本当に終わりです。

もちろん、介護職員の退職理由の上位が人間関係だからと言って「挨拶を返して貰えないから辞めます」という理由の人はいないでしょうが、そういう基本的なことが出来ない不快感だとか気分の悪さが蓄積していくのは間違いありません。

挨拶をしない、返さない人は、上司や事務所職員が多いのですが、新人職員などがそういう状態に慣れると「挨拶をしないのがスタンダードなんだ」という勘違いと思い込みをしてしまい、益々「挨拶無し」に拍車が掛かります。

そこまで思わないにしても「どうせ挨拶を返してもらえない」と思うだけで委縮してしまい、声も小さくなってしまいます。

蚊の鳴くような声で挨拶をされても聞こえなかったり気づかなかったりするので、事業所の「挨拶をしない、返さない状態」も「気分の悪い状態」も改善することはありません。

そういう私も「挨拶さえできない人達に何でこっちから挨拶をしなけりゃならないんだ」と憤り、「挨拶しないでやろうか」と悪魔の囁きが聞こえたこともありますが、それでは上司や事務所職員たちと何ら変わらなくなることに気づき、ミイラ取りがミイラになる手前で考え直しました。

しかしそれでも「挨拶をしても返して貰えないのに挨拶をする」という「挨拶搾取」は気分の良いものではありません。

見返りを期待しない考え方

「自分がしたのだから、相手にもして欲しい」

というのは見返りを求めているようにも見えます。

他の多くの場面ではこういう「過度に見返りを求めない」という考え方は必要だと思いますが、その考え方は「あいさつ」にも共通して言えるのでしょうか。

確かに、挨拶にも見返りを求めなければイライラしたりイヤな思いをすることも無くなるのかもしれません。

ひょっとしたら、既にそういう気持ちで挨拶をしている人もいらっしゃるかと思います。

とても低レベルで悲しい話なのですが、最終的にはそういう自己防衛をしていかないと、自分の身がもちません。

但し、「挨拶搾取」をされていることに変わりはありませんし、その状態が続くことで事業所の雰囲気や現状が良くなることもありません。

挨拶の見返りを求めていなくても、事業所が「何故、人が入ってこないんだろう」「何故、職員がどんどん辞めていくんだろう」「人が足りないから残業して」等と言ってくると否が応でも思い出してしまいます。

「挨拶さえマトモに出来ない事業所に人が定着するわけないでしょう」

何故、そういうことにピンとこない上司や経営者が多いのでしょうか。

挨拶無しの事業所に共通する仮説

他事業所の統計やアンケートを取ったわけではありませんが、多くの介護事業所で「挨拶無し」や「挨拶をしない職員が多い」ということを耳にします。

介護職員の退職理由の上位が「人間関係」であることを考えると

「職員同士の挨拶が少ない事業所」=「人員不足の事業所」

という仮説が立てられます。

ちなみに私の事業所も万年、人員不足です。

もっと言えば、多くの事業所で人員不足という事実から見て、「介護業界全体で挨拶が出来ない事業所が多いのではないか」という結論が導き出されます。

たかが、あいさつ

されど、あいさつ

人員不足と挨拶の関係性が明らかになれば、挨拶を推奨する事業所が増えていくのかもしれません。

※「挨拶を推奨」って情けない状態ですが、介護業界って結局、そのレベルなのだと言えます。

皆様の事業所では、職員間の挨拶はどんな感じでしょうか?

そして、やはり人員不足でしょうか?

「挨拶はちゃんとできているのに人員不足だ」という事業所があれば教えて頂きたいです。

まとめ

介護業界に長く身を置いていると「挨拶をしないのが常識」ということに慣れてしまいそうで怖くなります。

「あいさつをしても返して貰えないトラウマ」さえ生じかねません。

しかし、上司や事務所職員をよく観察していると「利用者」「家族」「来客者」「社会的地位の高い人」「職業ステータスの高い人」に対しては笑顔で元気よく挨拶をしているのを見掛けます。

つまり、介護職員や部下や目下の者に対しては「挨拶をしなくてもいい」という非常識なダブルスタンダードがスタンダードとなっているように思います。

まずは経営者や上司から挨拶に対する意識改革が必要です。

コメント

  1. デイちゃん より:

    こんにちは。
    私の事業所は、あいさつは必ずするんですよ。
    でも万年人不足なので、「あいさつはしても人格最低の人ばっか」ってことなのかもしれませんけど。(笑)

    で、昼でもスタッフが事務所入るたびに、事務所にいる人が「お疲れ様です」とか言うからさ、事務所にいる人は結構めんどくさいんじゃない?って思ったり。
    他の介護掲示板で、「スタッフが事務所に出入りするたび、事務所にいる人はあいさつするので、仕事が途中で止まっちゃう」みたいな書き込みありました。
    あいさつするなら、相手の目を見てちょっとおじぎとかせないかんから、まあ何回もしてたら仕事の効率は下がるわな。
    なので、タイムカードは別の部屋におけばいいのにって思ったり。

    管理人様の事務所も、そんな感じかもしれませんね。いちいちあいさつしてたら仕事の効率下がるわ・・みたいな。いやそんなことないか。

    • 山嵐 より:

      >デイちゃんさん

      こんばんは~
      コメントありがとうございます^^

      あ、それはあると思います。
      事務所は何人も職員が出入りしますからね。

      でもそうなると今度は挨拶をする人を選んでくるんですよね。
      上司や肩書きのついている人には挨拶をするけど、他の人にはしない、とか。
      忙しい時はしない、とか。
      で、それでもOKになるとだんだん、忙しさを理由に結局しなくなる、とか。

      おっしゃるように、「だったらタイムカードを別の部屋に置け」ということになるのですが、それもせず。

      だから「いっそのこと初めから挨拶なしにしてしまえばいい」と思ってしまうのは、私の性格の極端さなのかもしれません(笑)

  2. とも より:

    こんばんは
    うん、まったくうちの特養も同じですわ。
    私自身「あいさつですらできない人間には何もできない」という固定観念があるからかもですが…。手をとめなくてもあいさつぐらいしなさい、と思います。しない人に限って言い訳キャンペーンが始まります、「相手を見ないから失礼だ」「片手間みたいなあいさつは失礼だ」と。

    うちの特養であいさつをしないのはやっぱり事務室ですが、男性事務職はカピバラさん(なぜか似てるんですよ笑)だからあいさつできないのは仕方がないと思うことにしてます。

    • 山嵐 より:

      >ともさん

      おはようございます。
      コメントありがとうございます^^

      やはり同じような状況ですか。
      他の業界では経験したことがないことだったので、最初は面喰いますね。

      カピバラさんなら仕方がないですね(笑)

  3. ショートスタッフ より:

    こんにちは、我が事務所にも下々にはあいさつしない偉い風な人がいますよ。
    その人も”挨拶していると仕事の手が止まる”のかもしれませんね!

    現場は24時間、挨拶どころか同じ話を傾聴しながら少人数で仕事まわしてますけど

    現場には聖徳太子がそろっているのかもしれません。

    • 山嵐 より:

      >ショートスタッフさん

      こんにちは~
      コメントありがとうございます^^

      やはりそちらにも同じような人がいますか。
      現場職員の方がそういう意味ではハードでキャパシティの広い仕事をしていますよね。

  4. ピョンピョン丸 より:

    初めましてコメント失礼致します。

    私のいる事業所の特養の方は挨拶しない方多いです。実際最近入られた良い感じの看護師さん、「挨拶しない、そんなので連携図れる?無理でしょう」と言って三週間でお辞めになりました。
    私の部署は和気あいあいとしていますが、かなりの人不足の特養へ配置転換させられたら間違いなく辞めます。
    やはり礼に始まり礼に終わる。と言う言葉通り親しき仲にも礼儀ありだと思います。
    同じ仕事するのにあんなギスギスした環境で働いて何が楽しいのだろう?
    とずっと不思議でしたが、やっと謎が解けました。

    • 山嵐 より:

      >ピョンピョン丸さん

      はじめまして、こんにちは~
      コメントありがとうございます^^

      挨拶くらいしようよ、などという幼稚園生でもわかることを福祉従事者に問うていかなければならないのは情けない現実ですね。
      誰でも気分良く働きたいものです。

      職員同士がギスギスしているのに良い仕事ができるはずもありませんし、愛想を尽かして辞めていく人もいるでしょうね。
      十中八九、挨拶の無い事業所は人員不足です。