利用者からの暴力を容認する人の分類と特徴

Pocket

先日、利用者や入所者から職員への暴力や犯罪行為の実態と、それを容認している事業所や介護業界の闇について記事を書きました。

以前、介護業界では利用者から介護職員への暴言や暴力が日常的に行われており、事業所内も含め業界全体でそれが容認されている現状と...

思いのほか反響が大きく、多くのアクセスとコメントを頂きました(バズるほどではありませんが)。

それだけ介護現場で働いている人にとっては深刻な問題であることがわかります。

スポンサーリンク

暴力を容認する意見

反響が大きかったこともあり、中にはごく一部で暴力を容認するような意見やコメントもありました。

あれだけ多くの情報や実態を盛り込んだ記事を読んでも

「暴力行為の原因は介護職員に問題がある」

「暴力を容認するのが福祉」

「暴力行為の被害に遭いたくなければ辞めればいい」

ということを平気で言ってくる「暴力容認派」が存在します。

今まで何度も言ってきましたし、記事内でも言及していますが

「介護職員に問題があったとしても暴力は許されない」

「やめるのは介護の仕事ではなく介護現場での暴力行為や暴力容認」

というのは法治国家の在り方としては揺るぎない大前提なのです。

「法治国家」という言葉を持ち出すと、憲法に保障されている「職業選択の自由」を持ち出して「イヤなら辞めればいい」と言う人がいますが

「介護職員を続けたくても暴力行為に耐えきれず泣く泣く辞めざるを得ない」

という状況に「保障」と「自由」がどこにあるのでしょうか。

選択肢と権利を狭められ人権を侵害された不自由な状態と言えます。

「暴力を受けるのがイヤなら辞めればいい」

という発言自体に人間の闇を感じてしまいます。

介護事業所は暴力が標準化している反社会的勢力の事務所ではないのです。

暴力容認派の特徴

介護現場の暴力行為を容認する人には大きく分けて三種類あります。

その特徴と併せてご紹介したいと思います。

①実際の現場を知らない人

要は介護職員として現場経験もなければ、利用者から暴力行為を受けたことがない人です。

見聞きした情報や知識はあるかもしれませんが、経験がないので他人事でしかありません。

実際に自分の身体や顔を叩かれたり、噛みつかれたり、えぐられたりして初めて本当の痛みがわかります。

「一度、体験してみて下さい」と言ってもやることはないでしょう。

要は他人事なので無責任なのです。

②異常な権利者意識を持っている人

利用者やその家族で「異常な権利者意識」を持っている人がいます。

「お金を払っているんだから」

「介護のプロなんだろ」

と言って異常な要求をしてきます。

「お金を払っても、他害行為は許されません」

「介護職員はサンドバッグでもなければ殴られ屋のプロではありません」

ということを理解してもらう必要があります。

しかし、常識を持った大人なら「何があっても暴力はいけないこと」ということが理解できるのですが、この場合は理解が出来ないから言ってくるのです。

「認知症だから」「責任能力がないから」と言って何でも許されるわけではありません。

ましてや介護職員の対応の責任にされたら堪りません。

「世間の常識は介護現場の非常識」

「世間の非常識は介護現場の常識」

と揶揄されているように、「何でもあり」だと錯覚した異常な権利者意識だと言えます。

もちろん、丁寧に説明し理解を得ていけるようにプロセスを踏んでいく必要がありますが、それでも理解が出来ないから「異常」なのです。

「介護サービスを利用しない自由もありますよ」

と申し添えておきたいと思います。

③洗脳された介護職員

介護職員として働きながら現に利用者から暴力を受けていても

「寄り添い方が足りなかったからだ」

「耐えて耐えて立派な介護職員にならなくては」

と思っている人がいます。

一見、良い介護職員に見えますが、残念ながら業界や教科書に洗脳されています。

何故なら業界の方針を決めている人も教科書を書いている人も①の「実際の現場を知らない人たち」だからです。

要は机上の空論に踊らされているだけなのです。

暴力に耐えれる人は、介護職の資質よりも「マゾヒスト」の資質の方があると言えます。

キラキラ系はどの分類?

歩くたびに綺麗ごとを吐き、キラキラ輝いているであろう自分が大好きな自己陶酔系は①~③のどれに分類されるのでしょうか。

一見、③のように見えますが、①にも存在します。

現場職員でも、キラキラしたことを言っておきながら自分は直接介護をせず、他の職員に押し付ける人がいるからです。

要は自分に被害は及ばない立ち位置で、口だけ綺麗な事を言うのです。

つまり、介護経験はあるが、利用者から被害を受けた経験がないのです。

それを以て

「介護技術が高いから利用者から暴力を受けることがない」

と自慢気に言う人もいますが、それはただ単に

「暴力利用者の介護をしていない」

若しくは

「暴力利用者と関わる時間が極端に少ない」

かのどちらかです。

そんな仕事ぶりで「寄り添い方が~」なんて言って欲しくありませんね。

まとめ

介護現場の暴力やハラスメントを野放しにしておくことは、職員にとっても利用者にとっても不幸なことです。

職員が辞めていけば人員不足となり、利用者一人ひとりに満足なケアが出来なくなります。

暴力行為が他利用者に及ぶリスクも考えられます。

介護の量も質も低下し環境が悪化していくのは必然です。

「暴力を容認し、イヤなら辞めろ」などと言う人がいなくならない限り介護現場は人員不足や劣悪な労働環境の悪循環から抜け出せません。

以上、つらつらと書いてきましたが、暴力容認派がこの記事を読もうが、議論をしようが、心に届かず響くこともないでしょう。

ですから、この記事は「世の中にそんな人もいるんだなぁ」程度で知っておいて頂けたら良いかと思います。

※リアル現場で暴力容認派に遭遇してしまったらそれ相応の対応が必要ですが。

今後必要なのは、介護現場から暴力を排除できる制度やガイドラインだったり、職員の生命と身体を守る事業所の体制なのです。

ちなみに、この記事も「表現の自由」に基づいて書いています。

いや~自由って本当に素晴らしいですね。

コメント

  1. デイちゃん より:

    こんにちは。
    ふと思ったのですが、障害者が殺人を犯したとしても、責任能力の有無が問われて、無罪になる場合がありますよね?
    殺人が悪いことだという判断能力がないので、責任はないとなるみたい。

    暴力容認派って、「暴力はしょうがないよね~」と思ってるんじゃなくて、「ほら現実に、認知症=判断能力がない=責任能力がないから、暴力をふるっても無罪になるんだよ?法律が許してるんだからしょうがないでしょ?」って思ってるってことでしょうか?

    でもさあ、暴力をふるわれてる人は、権利を侵害されますよね。その権利の保障はどうなるんでしょう。
    例えば、障害者が殺人を犯して、その被害者って、特に何の救済もないような気がするのですが。
    まさか、やったもん勝ち・・なんじゃないですよね。それ、単なる無法地帯ですよね?

    認知症患者は善悪の判断ができなくなってるので、犯罪行為をおこなう可能性がある場合に、犯罪行為をおこなわないような対策を考えるのは、事業所にあり、もしなんかあった場合には事業所が責任をもつ・・みたいな、法律とかあるんでしょうか。
    あまり聞いたことがない。
    だとすると、介護施設で働いてるスタッフって、「もし利用者に殺されても、判断能力がないからって不問にふされちゃうリスクにさらされて働いてるんだね~」って感じですね。こわ~!!
    確かに、たまに犯罪者とか来てるわ。気をつけなきゃ。

    • 山嵐 より:

      >デイちゃんさん

      こんばんは~
      コメントありがとうございます^^

      恐らくそういう考え方なんだと思います。
      法律って刑法だけじゃなく、精神保健福祉法の措置入院とか対応が可能だと思うんですが、現状で介護職員の権利を侵害する対応ばかりですよね。

      介護職員ってそういう意味不明なリスクを背負って働いています。
      事業所が責任を持って欲しいですね。

  2. デイちゃん より:

    連投すいません。
    昔、暴力がすごい高次脳機能障害の利用者が来てたんですよ。でも家族が「薬を飲ませると人格がかわるから」とかほざいて薬は飲ませなくて。
    スタッフは、そいつに、なぐられたりかみつかれたりされてた。しかも車の運転中になぐられるから、命の危険があって。
    で、そいつは、スタッフだけでなく、他の利用者も何人もたたいたりしてた。
    もう無法地帯。そんなデイに利用者来たくないよね~。
    でも当時の管理者は、何もしませんでしたね。で、「〇〇さん(暴力利用者)はこれからエブリデイ来ることになりました」ってうれしそうに言ってた。エブリデイが好きな管理者だった。(笑)
    でも結局なんかしらんけど、急に「薬を飲ませないと来させない」とか管理者が言い出して、家族が拒否して、結局終了になった。あれ一体何だったんでしょうね。
    ちなみに、管理者は、当時はデイの現場には一回も入りませんでした。「私は関係ない」と思ってるから、そんな奴平気でいれられるんですね。超絶バカ。

    あと最近だと、高次脳機能障害で抑制障害の利用者が来たんだけど、これがものすごかった。突然、「キエ~ッ!!!キエ~ッ!!!キエ~ッ!!!」と耳をつんざくような大音量で叫びだす。抑制障害だから、止められないんだね。
    でも家族は服薬を拒否。もう何時間も「キエ~ッ!!!キエ~ッ!!!キエ~ッ!!!」が続いてた。
    あれ、暴力じゃないけど、迷惑すぎて、かなり精神的におかしくなりますよ。耳もおかしくなるし。スタッフが精神をやられそう。利用者も。
    で、そいつもなんかしらんけど、急に終了になった。なんだったんだろ。意味が分からない。

    結局他人に迷惑をかける奴らは、服薬などで迷惑をかけないような状態にするか、または迷惑をかけないように隔離するかしないとダメ。
    日本国憲法では、公共の福祉に反する場合、国民の基本的人権は制限されるって決まりがあるんだよね~。
    だから、認知症患者も、公共の福祉に反する場合は、その権利を制限しないとダメなんです。だって憲法で決められてるんだから。
    もし認知症高齢者の暴力を容認する人がいたら、「あなたは憲法を知ってますか?」って聞いてあげればいい。

    • 山嵐 より:

      >デイちゃんさん

      毎度どうもです^^

      現場に押し付けてしまえば臭いものに蓋ができますからね。
      やはり薬とか入院とか隔離は必要不可欠になってきますね。

      暴力容認派は憲法の「職業選択の自由」を持ち出していましたよ(笑)
      「イヤなら辞めればいい」という主張でした。

      でもその人がネット上の人で本当良かったです。
      リアル現場に存在していたら周りが全員不幸になりますから。

      ちょっとアレな人って本当にいるんですね。