「全てのトラブルは不適切なケアが原因?」そう言い切れる人は現場を知らない人

Pocket

介護の教科書や参考書などで「全てのトラブルは不適切なケアが原因」という文言をよく見掛けます。

この文章をそのまま受け取ると

「つまりはどう足掻こうが現場で起こったトラブルは全て介護職員の責任」

ということになります。

もしそうならば「ちゃんちゃら可笑しい」理論になります。

スポンサーリンク

不適切なケアとは

確かに介護現場では不適切と言われるようなケア方法やケアとは言えないような対応をしている介護職員も存在します。

利用者に対して介護職員側から暴言を吐いたり、暴力行為や介護放棄などがあれば「不適切どころがケアとさえ言えない」ということになります。

そういう態度の対応をしていれば、利用者ともトラブルになるでしょう。

これは誰もが理解できることです。

しかし、普通に対応をしていても、相手が認知症者だったり、権利者意識の強い利用者だったりすれば、トラブルに発展することは往々にしてあり得ます。

ここで言う「不適切なケア」とは、暴言や暴力のような虐待(と言えるような)事例を指すのか、普通にケア業務を行っていてもトラブルが発生してしまったことを指しているのか、若しくはその両方かが定かではありませんが、「全てのトラブル」と書いてある以上、その両方が該当するものと推察します。

「普通のケア」でもトラブル?

相手が認知症者や権利者意識の強い高齢者であれば、普通に接していてもトラブルに発展するリスクは十分にあり得ます。

もちろん、綺麗ごとを言えば「その利用者の状態や性格に合わせたケアを行っていればトラブルは防げた」という判断ができるかもしれません。

しかし、それはあくまでも結果論です。

どんなに細心の注意を払っていても「トラブルが発生する時は発生する」のです。

ですから、「普通のケア」だけをあげつらって「不適切なケアだった」と評するのは少々傲慢な考え方だと言えます。

いつも「特別」を求める介護業界

利用者や家族の権利者意識もそうですが、教科書や専門書に至っても、介護職員に求められているのは「専門性であり特別なケア」になります。

しかしよく考えて欲しいのですが、介護職員に対する待遇や処遇は「特別」どころか「普通以下」のものになります。

最低の待遇で最高のサービスを求める方に無理があるのです。

【関連記事】

介護業界では、これまで「職員の資質の向上」だとか「利用者本位」という名のもとに、利用者に対して至れり尽くせりのサービスの提供...

大体が現場を知らない人

「全てのトラブルは不適切なケアが原因」

そんなことを言っていたり書いている人の経歴を調べてみて下さい。

大体の人が現場を知りません。

もちろん、制度や関係法令やガイドラインなどの知識は豊富かもしれませんが、実際の現場に殆ど入ったことがなく、見聞きしただけの情報で机上の空論を述べているに過ぎません。

そりゃ、制度や情報についても我々よりも詳しいでしょう。

我々が現場に入っている間にいくらでも情報を集めることができるのです。

常に動いている現場に入っている我々にとっては、豊富な情報を持っている人は「先生」や「講師」と崇めたりする存在になるのかもしれません。

しかし、介護現場で本当に活きた情報を持っているのは我々介護職員なのです。

そんな「先生」方には、お金を取ってでも我々の現状を知って欲しいと思うのですが、現状では、「現場職員が現場を知らない先生方にお金を払っている」のが相当闇深いと感じます。

まとめ

「全てのトラブルの原因が不適切なケア」のはずはありません。

その理論でいくと「トラブルが起これば、ケアが全て不適切だった」ということになりかねません。

介護職員を追い詰める理論ばかりに踊らされたり、自己犠牲を払わされる前に、「おかしいことはおかしいと言える勇気」を持つことが大切です。

大体が、現場経験の乏しい人物の発言です。

気にする必要もなければ、お金を払う必要は全くありません。

本当におかしいのは、現場を知らないのに高尚なことを言う人物であり、最低の待遇で最高のサービスを求める制度そのものなのです。

最後までお読み頂きありがとうございました。

記事が「面白かった」「及第点はあるかな」「まぁ良かったんじゃない?」「またブログ記事が更新されれば見に来てあげてもいいよ」と思って頂ける方は下のランキングバナーをクリックして頂くと、私のランキングポイントが加算されます。

ランキングが上がると記事更新のモチベーションが上がりますので、是非とも宜しくお願いします^^

コメント

  1. めど立てたい人 より:

    不適切もいろいろありますが、《「ちょっと待て」を使うな》は理解できない。

    健常者?たる我々でさえ、奴らの言うニュアンスでは受け止めないし、そもそも認知症老人自体が幼い頃から「自分」や周りが使ったりしていた言葉なのに。

    第一、待てと言う「指示?」や時間(時計)の認識ができず、すぐに忘れるか延々リプレイが認知症なのに何言ってんだ。って話です。

    記事からズレますが、今も虐待の4分類?ってあるのでしょうかね?

    身体?、精神?、経済?、社会?

    民間資格しかもっていませんが、その講義で出てきました。当時も鼻で笑いましたが、経済的虐待・社会的虐待はまさに国/行政そのものです。

    もっと広げれば、「福祉“業界”」なんて存在し、表向きでも成り立って?る時点でその(略)虐待の権化ですし。

    • 山嵐 より:

      >めど立てたい人さん

      こんにちは~
      コメントありがとうございます^^

      いわゆる「スピーチロック」というやつですね。
      「言い方とどれくらい待ってもらうのかを伝えればスピーチロックにならない」という考え方もあるようですが、そんなの正直こっちだってわかりませんしね。
      「人員不足が解消するまでお待ちください」とでも言うしかありませんね(冗談ですが)。

      我々だって日常生活の中で、同じように「少々お待ち下さい」という言い方はよくされることです。
      それが何故、介護現場ではダメなのかがイマイチよくわかりませんね。

      虐待の分類は「身体的」「心理的」「性的」「経済的」「介護放棄」の5つでしょうか。
      よく考えると虐待をされているのは職員の方なのかもしれませんね。

  2. デイちゃん より:

    こんにちは。
    私のデイはおかしなスタッフばかりで、不適切なケアをするどころか、不適切なケアすらしないですよ。
    奴らは、利用者ほったらかしで、ずっと座ってる。利用者に声もかけない。茶もださない。利用者は寝てたり、死んだ魚の目をしてじーっと座ってる。
    そんなんで利用者なんて増えるわけないでしょ。

    ・・・と思ったら、着々と利用者が減ってきた。
    もともと重度は、在宅じゃいれないから、入所したりロングショートに行ったり入院したりして減る。
    自立してる軽度の人は、つまらないから、「他のデイに行きたい」と来なくなる。
    結局来てるのは、「在宅無理なんだけど金がないから入所できなくてしょうがなくデイ利用」っていう、介護3以上の重度ばかり。

    管理者が、クリスマス会とかイベントして利用回数を増やせとか言うけど、ふだんあんなに利用者ほったらかしてるんじゃ、結局減っていくよね。
    「イベントには休みのスタッフも出て何かだしものをしろ」とか管理者が言ってたけど、もちろんスルー。ま、私はしようと思えば手品とか劇とか何でも企画できますけど、サボりスタッフは困るよね~。レクの技術ないから。(笑)
    ま、管理者はイベントする前に、ふだんのサボりスタッフの態度を注意しないとね。サボりがなおったら、いくらでもイベント出てあげますよ。イベント自体計画してあげますよ。私がすれば大うけまちがいなしだから。アッハッハ。

    • 山嵐 より:

      >デイちゃんさん

      こんにちは~
      コメントありがとうございます^^

      介護放棄も不適切なケアだったり消極的な虐待でしょうね。
      レクの技術は私も未熟なので少々耳の痛いお話でした(笑)

      • デイちゃん より:

        こんにちは。
        昔は、スタッフが、AKBとかモー娘。とか熱心に練習して、だしものをしてたんですが、利用者はポカーン&寝てたりしてて。
        利用者はつまんない&スタッフはしんどいで、結局誰も得してないじゃん?と思い、最近は必ず利用者が参加するだしものにしています。
        例えば劇をするなら、利用者さんにも出演してもらうとか。もちろん演技やセリフは難しいんだけど、そこはアドリブで大丈夫な台本にして、笑いがとれるようにうまくナレーションで誘導するんですね。ちなみに台本&ナレーションは私。
        例えばシンデレラの劇なら、男性利用者さん3人とスタッフ3人が合コンするって設定にして、お互いに自己紹介して最後にマッチング~みたいな。普通の女のスタッフは「私は結婚してるので」でお断りで、女装したじいさんスタッフが「私は〇〇さんと結婚します」と熱い抱擁を~で終わり、みたいな。
        利用者さんも参加するし、スタッフも準備があまりいらないんだけど(ほぼぶっつけ本番)、結構もりあがるので、まいっかと思っています。
        ちなみに私は絶叫手品とか得意です。ステッキが一瞬であらわれたりとか数字をテレパシーであてるとか手品グッズももっています。(笑)
        が、今回は残念ながら、私の出番はないようです。
        いつも椅子に座って楽してるスタッフ達にやっていただきましょう。イベントはデイスタッフの能力の最大の見せ場ですからね。

        • 山嵐 より:

          >デイちゃんさん

          こんばんは~
          返信ありがとうございます^^

          コント風でセンスがありますね。
          さすがにそこまでのシナリオがあるイベントは圧巻です。

  3. とも より:

    こんばんは
    全てのトラブルは介護職員のせいって話を聞くと頭痛がしますね笑
    不適切なケアが悪いのは分かりますが、適切なケアを行わせてくれない利用者はどうすればいいんでしょうね笑
    講師の方には、具体的な方法を実際に見せてほしいものです。
    カスハラもいいとこの介護業界、一度録音して警察にでも持っていきましょうか笑
    脅迫罪、強要罪、暴行罪、傷害罪、いやあ罪状がいっぱいですね。
    認知症だから仕方がないなら、家族に責任とらせれば…嫌なら即利用禁止にしないとですね。

    • 山嵐 より:

      >ともさん

      こんにちは~
      コメントありがとうございます^^

      そうなんです、頭痛がします(笑)
      犯罪行為さえ容認する治外法権な業界は目を醒まして欲しいですね。