冬でも暑くて汗をかく介護職員

Pocket

今日は今年初めて雪がチラついた日でした。

年末には「大寒波」が到来するとも言われています。

そんな中、季節はずれな話になりますが、介護現場は暑いのです。

「寒い寒い」と言われる季節ですが、介護職員として働いていると「半袖でも大丈夫」と言っても過言ではありません(実際、入浴介助は冬でも半袖で行います)。

認知症の利用者で、「暑さ」や「寒さ」がわからなくなってしまった人もいますが、「それとは全く違うものの、状況だけ見れば大差がない状態」なのです。

スポンサーリンク

暖房が入っている

冬なのですから、当然施設内にはエアコンの暖房を入れています。

基本的に暖房を21度設定にしていますが、外気温の冷え込み状態によってそれでも室温が21度を保てない場合があるので「室温が21度」になるように調整しています(浴室や脱衣所はまた別な室温調整ですが)。

室温21度というのが暑すぎず、寒すぎず「丁度いい温度設定」になります。

但し、この温度は「普通に生活している人」に対する設定になります。

「動き回っている介護職員にしてみれば汗をかく暑さ」になります。

実際、私は今日汗をダラダラかいてきました。

それは「夜勤での離床介助」です。

介護職員にとって室温21度は暑い?

確かに私は「暑がり」な方なので、すぐに汗をかきます。

離床介助をする際に「便臭」がしたので、オムツ内の排便の処理をした後に利用者を離床させました。

その後、立て続けに3人の利用者の離床介助を行ったあと、汗が吹き出し止まらない状態になっていました。

居室のカーテンを開けると雪がチラついており、その景色を眺めながら、汗が止まらない季節はずれな自分に対してこう思いました。

「介護職員にとって室温21度は暑い」

というか

「介護職員は夏でも冬でも暑い」

「暑いのが介護職員」

それでも冬の方がマシ

「冬でも暑い」

とは言うものの、暫く安静にしていたり、窓を開ければ汗がすぐに引きます。

夏だったらそうはいきません。

じっとしていようが窓を開けようが汗が止まりません(窓を開ける方が暑くなりますね)。

私は、利用者を共同生活室へ誘導した後に、換気と自分のクールダウンも兼ねて居室の窓を開けました。

冷たい外気が入り込んできて一気に汗が引きました。

そして、室温21度の共同生活室へ戻ると「やっぱり暑い」のです。

暑いながら、冷房(室温)28度設定の夏の介護現場よりは「やはりマシ」なのです。

介護現場でありがちな「二極化」

早出で出勤してきた職員や、介護業務に入らない他職種の人は口を揃えて「寒い寒い」「寒くなったねぇ」などと言います。

当然、制服の上に上着を着ています。

そんな中、こちらは「暑い」のです。

上着さえ不要です。

冬の介護現場ではこうした「二極化」がみられます。

「寒い寒いと言って上着を着込む職員」「暑い暑いと言って汗をかいている職員」の二通りです。

冬は寒いものですから、普通は前者です。

後者は大体が介護職員です。

寒いと言っている他職種を卑下し、汗をかいて暑いと言っている介護職員を贔屓しているわけではなく、「介護現場の二極化は特徴的だなぁ」と単純に思うのです。

ですから、ひとつの指標として「冬に上着を着ていない職員は十中八九、介護職員」だと言えます。

最後に

私は現在、夜勤明けでこの記事を書きました。

今年一番の寒さと言われ雪がチラつく今朝に汗をダラダラかいている自分をフト冷静に省みて思うままにつらつらと書いています。

悪意も他意もありません。

私と同じように冬でも汗をダラダラかいて働いている介護職員の皆様、そして「私は寒がりで冷え性だから冬は汗なんか出やしないわよ」という介護職員の皆様も本当にお疲れ様です!

最後までお読み頂きありがとうございました。

記事が「面白かった」「及第点はあるかな」「まぁ良かったんじゃない?」「またブログ記事が更新されれば見に来てあげてもいいよ」と思って頂ける方は下のランキングバナーをクリックして頂くと、私のランキングポイントが加算されます。

ランキングが上がると記事更新のモチベーションが上がりますので、是非とも宜しくお願いします^^