「事故を未然に防ぐのが介護のプロでしょ」→「無理です」

Pocket

時々、勘違いをしている人がいるのですが

「介護施設に預けたら完璧な介護をしてくれるはず」

「介護のプロなんだから事故や怪我が発生するはずがない」

と思っている家族がいます。

結論から言うと

「それは無理です」

「怪我や事故が起こる確率をゼロにはできません」

「我々は介護のプロであって事故を防ぐプロではありません」

ということになります。

スポンサーリンク

何故リスクをゼロにできないのか

リスクをゼロにできない理由は色々ありますが、そもそも「リスクがゼロに出来ないからリスクマネジメントが必要」なのです。

つまり、「必ずリスクが発生する前提で、その被害を最小限に抑えたり、再発防止を目指すため」にリスクを管理していくのです。

もちろん、「事前に予見して未然に防ぐ」という観点も含まれていますが、それを以て「事故や怪我のリスクがゼロになるというわけではない」ということには留意しておく必要があります。

では、何故、リスクがゼロにならないのでしょうか。

理由①「人間の行動を完璧には予見できない」

介護現場は「利用者という人間」を相手にしています。

人間の行動が全てデータやプログラミング等で毎回決まったパターンで動いている機械やロボットならまだしも、予測不可能な行動があったり、想像を遥かに超えた出来事が発生することは普通にあり得ます。

ましてや、介護施設では「認知症者」も多数いるわけですから尚更です。

相手が人間である以上、その行動を完璧には予見できず、リスクをゼロにすることは不可能だと言えます。

理由②「ヒューマンエラー」

相手が人間なら、介護職員も人間です。

介護職員も人間である以上、人為的過失やミスが発生します。

「プロだから」「プロなのに」と言いたくなるのはわかりますが、どんなプロでも失敗やミスは発生します。

お互い、人間である以上100%は存在しないのです。

超一流のプロ野球選手でも「三振」をしたり「エラー」をしたりするのです。

介護職員だって同じなのです。

理由③「人員不足」

介護業界において外せない最大の理由が「人員不足」です。

本来配置されているべき必要人員が配置されていないのです。

もっと言えば、「現在の人員配置基準を満たしていてもリスクをゼロにできる配置とは言えない」という現状があります。

24時間付きっきりの介護ではない以上、リスクをゼロにすることは出来ません。

人員不足であればあるほど、リスクは高くなるのは必然です。

9人のスタメンが必要な野球を5人でやっているようなものです。

エラーが発生するばかりか試合にもならないでしょう。

試合になっていないのが現在の介護現場だと言えます。

リスクがゼロになるわけがありません。

事前に説明する事業所も増えている

転倒や転落や外傷などの介護事故は、十中八九発生する可能性があることは明らかです。

そういう「常識」をわきまえた事業所は「契約書」や「重要事項説明書」などに、「どう頑張っても事故は発生する可能性があるので、その責は負いかねる」という旨の記載をしている事業所もあるようです。

それを納得した上で契約し、利用や入所をするのでトラブルにもなりにくいと言えます。

ちなみに、私の事業所では、その旨の記載はないのですが「口頭で説明」するよう言われています。

しかし、口頭では「言った、言っていない」「聞いた、聞いていない」という水掛け論になり、トラブルや苦情に発展しやすくなります。

早く、全ての事業所や業界が「常識」を持って、契約書等の条文に明記していく必要があります。

口頭説明のリスク

口頭説明には水掛け論というリスク以外に「家族が納得したかどうか不明」というリスクも存在します。

過去にあったパターンで

「入所時に「事故が発生するかもしれない」と伝えられ、とても不安に感じた」

ということを入所後に言ってくる家族もいます。

この場合、普通は

「その説明で納得して契約したんだから何を今更」

という対応で良いはずです。

しかし「常識のないおかしな事業所」は

「不安にさせて申し訳ございません」

「説明が不十分で申し訳ございません」

「誤解を与える説明しかできなくて申し訳ございません」

と言い始め、契約担当者を責め、「苦情」として受け付けするのです。

従業員一人守れない「何でもかんでも家族の言いなり事業所」はまだまだ多く存在していると思っています。

どこまでもおかしな業界はいつまで経っても人員不足なので「どちらにしてもリスクもゼロになんかできやしない」のです。

まとめ

事故を未然防ぐことは大切ですが、現状の介護現場では「ほぼ不可能」だと言えます。

本当に大切なのは「介護のプロとして事故を発生させるな」ということではなく

「被害を最小限に抑えること」

「情報の共有をすること」

「再発防止策を検討し実施すること」

になります。

重複しますが何度でも言います。

介護現場での事故のリスクはゼロにはなりません。

コメント

  1. デイちゃん より:

    こんにちは。
    歩行不安定なんだけど徘徊しまくる利用者さんがデイに来てたんだけど、事故にならないように、デイではスタッフが常についてたんですよね。
    家では転倒しまくってケガだらけなのに。
    でも、骨折して入院したら、病院ではあっさりと両手両足拘束されて、ベッドで寝たきりにさせられてた。

    歩行不安定なのに徘徊しまくろうとする人を、スタッフが常に横について、自由に動かせてあげるとかおかしいですよ。
    そら、人権が~とか、利用者の感情が~とか、あるとは思いますよ。
    でも無理なものは無理。現場ができないって言ってるのに、言うこと聞きなさいよ。

    介護施設も安易にそういう人をいれすぎですね。
    「あ、この人、スタッフがずっと見てないとダメ」なら「スタッフがずっと一人を見守りできないので、入居は無理です」って断らないと。
    その時家族が「事故になってもいいので」と言って、もし書面で約束をかわしたとしても、実際の裁判では無効になるらしいから、簡単に入れちゃダメ。ダメ。ゼッタイ。
    そうなると、「家で骨折したりして動けなくなって寝たきりになったら、はじめて施設にいれてあげますね」みたいになるんでしょうか。これからは。

    • 山嵐 より:

      >デイちゃんさん

      こんばんは~
      コメントありがとうございます^^

      そうなんです。
      無理なものは無理なんです。

      徘徊系は特に困りますね。
      貴重なスタッフ1人が1人の利用者にかかりっきりになることは、現場にとって大きな痛手です。
      でも現状はそういう利用者がどんどん入ってきます。

      付き添い加算でも作って欲しいところです。

      • デイちゃん より:

        付き添い加算なんて作ったら、「加算をとって徘徊いれるぞ」「でも加算とってるから徘徊者の転倒骨折は許されないぞ」とかなりますよ。
        それはたとえば、暴力加算とかセクハラ加算とかわがまま加算も同じなんですよ。
        加算とるからできるわけじゃないんですよ。
        むしろここからは無理!というのをはっきりさせるのが、リスク管理なわけでしょ。
        なんでもかんでもOKって言ってるのはリスク管理ができてないと思うのですが。
        もうとにかく、介護現場は無理なんです。

        • 山嵐 より:

          >デイちゃんさん

          こんばんは~
          返信ありがとうございます。

          「付き添い加算」は1時間500単位くらい取って、「何時間ご入用ですか?」「何時から何時まで職員を付き添わせましょう?」という形をイメージしていました。
          もちろん、何割かは付き添った職員に手当を支給する形で。

          まぁそんな加算は無理でしょうね。
          介護職員処遇改善加算さえ介護職員の手元に満額来ない現状ですから。

          • デイちゃん より:

            付き添い加算とってもスタッフは増やさないから、結局スタッフが1人とられてしまって、他のスタッフの仕事量が増えてしんどくなると思います。
            なので付き添い加算の算定要件は、日中のスタッフの配置を対利用者で1:2にすること、および夜勤の人員を一人増やすこと、とか決めてくれないとね。
            それでも、いない人をいたことにしたりして加算をとりそうですけどね。
            現場に入らない課長さんが付き添ってくれればいいけど!

            そうそう、もう契約解除したんですけど、暴言・暴力・わがまま・セクハラがすごかったじいさんがいたんですよ。
            で、そのじいさん、急に意味不明に怒鳴りだすんだけど、脳梗塞だったから、情動失禁でしょ?って思ってたんですが。
            あれ、よく考えると、高次脳機能障害の抑制障害なのかなあ。
            抑制障害だから当然、薬物療法と行動療法が必要だったんだね。
            当時は、「情動失禁だから、関わり方でなんとかして」って感じだったけど。
            やっぱり、関わり方よりも、医療的な対処が必要だと思いますけどね。

          • 山嵐 より:

            >デイちゃんさん

            こんばんは~
            返信ありがとうございます^^

            そうですね、まずはどう考えても人員確保ですね。

            暴言暴力やセクハラ利用者を関わり方でどうにかするなんておかしな考え方ですよね。
            本来なら、警察沙汰で塀の中です。
            「病気だから仕方がない」と言うのなら、医療機関へどうぞ、となるはずです。

            福祉や介護は「生活の質の向上」を履き違えて、「犯罪行為も許すことが福祉だ」という方向に走ってしまったことに人員不足等々の根本的な原因があるのかもしれませんね。

  2. サイモン より:

    家にいてくれなくて、一応健康を保って生きていてくれるだけで、
    それ以上何を望むのだろう?
    この人を毎日家でみることなんて下手したら共倒れかもしれない!
    と思わせる利用者は結構いる。
    施設に預けるときは、罪悪感と同時に一種の開放感を得ていただろうに。
    仮に施設側の不手際で事故にあったとしても、
    おそらくその利用者を自分で介護をしていれば、それ位ではすまなかった場合の方が、
    かなり多くの割合を占めるのではないか?
    かなり気をつけていても事故は起こるのだ。
    わざわざ説明しなくても分かりそうなものだが、
    定説通り、我が施設でも、施設に面会に来ない家族ほど理解がない。

    • 山嵐 より:

      >サイモンさん

      こんばんは~
      コメントありがとうございます^^

      人間の欲深さというか、何なんでしょうかね。
      家族だけでなく、上司がこういう考え方だと働きづらさこの上なし、ですね。

  3. アングラー より:

    状態が落ちていることを知らない人、ろくに面会来ない人ほどクレームつけるのは世の常ですわ…

  4. めど立てたい人 より:

    キラキラお花畑がよりこの認識を持っていません?まるで人間は死なないとでも思っているかのようなそぶりで。

    一応は説明をしようという動きはあるのですね。でも、やはりそういことを知らない家族や興味のない(=手放せればいい)家族の方が多数なのか、勤め先のキラキラお花畑はそうした説明等をしていないという噂があります。
    実際、極一部の家族はキラキラお花畑に不信感をもち現場に耳を傾けているとか。(ただし味方ではなく攻撃態勢)

    「ヒヤリハットだの事故報告が(沢山)上がる介護施設は良い施設」と嘘吹き、対処方法まで現場に押しつけておきながら、自分の気に入らないことは無視という無駄の。

    あがれば上がったで、「どちらも起こすな!」と業務命令が下り、減れば減ったで「少なすぎる仕事してない!」とヒステリー起こして(増やすよう)業務命令が下るキラキラお花畑の自己満足。

    仮に人手不足以外のキラキラお花畑が気に入るような対処方法が完遂された場合、ヒヤリも事故も減らなきゃおかしいのにそれは頭にないご様子。

    • 山嵐 より:

      >めど立てたい人さん

      こんばんは~
      コメントありがとうございます^^

      キラキラ系や上司によくいますね。
      現場へのしわ寄せと押し付け感マックスのストレスフルな業界ですよね。

      実際、キラキラ系ばかり集めたユニットを作り、ケア方法や人間関係を観察してみたいですね。

  5. とも より:

    こんにちは
    今回は恥ずかしながら私の勤務先の特養のポンコツ介護職員たちを例に、山嵐さんに反論させていただきます。
    ①予見できない
    「気づかんかった」と言う職員がいますが、まずおしゃべりばかりで見ていない。サッカー界で有名な「QBK(急にボールが来たので)」状態です。予測が立てられない職員がいます。
    ②ヒューマンエラー
    内視鏡手術ミス、癌の見落とし、電車のオーバーランもヒューマンエラーです。重大性は違うかも知れませんが、施設内で起きる、誤薬、食事形態ミスも同じでは?
    仕事場だということを忘れてる職員もいます。
    ③人員不足
    「人がいないから」が口癖の働かない人は人数が増えても働きません。そんな人がいても、現場の実人数は変わりません。

    ※書いてて自分の勤務先が情けなくなりました。たぶん、山嵐さんみたいに事故の原因を分類して考えてる方は「予見が難しいから、こうしよう」「ヒューマンエラーが起きるから、起きにくくするためにこうしよう」「人員不足だから、できることできないことをはっきりしよう」など考えて、極力事故を減らしているのだと思います。

    • 山嵐 より:

      >ともさん

      こんばんは~
      コメントありがとうございます^^

      反論と言いますか、①~③に書かれているような職員も実際に介護現場には存在します。
      それらも含めて「無理です」ということになるのではないでしょうか。

      もちろん、最終的には重大な過失があったり、安全配慮義務違反や予見可能性について総合的な判断(裁判になれば判決)が必要になってくる場合がありますが、それらも含めて今の介護現場や介護業界では「事故をゼロにすることは無理」でしょうね。

  6. MOCO より:

    アルツハイマー型認知症の利用者さん。徘徊が激しくて困ってます。
    徘徊だけならマシですが、施設の備品を触ったり移動させたり、目に付くものがとにかく気になるようです。
    最近は居室の洗面台に放尿、放便…共有トイレの備品も出したりぐちゃぐちゃにしたり。
    会議用の大きい移動式ホワイトボードを後ろ向きで動かしてたり。
    都度、ヒヤリハット、事故報告を書いてますがキリがありません。
    夜中もほとんど休みません。
    どれくらい眠っているのかの統計を取り、薬を出してもらってます。
    頓用で不穏な時用に…でも副作用としてふらつき転倒のリスクもあるとの事で
    恐くて飲ませられません。
    入院してもらいたいです。

    • 山嵐 より:

      >MOCOさん

      こんばんは~
      コメントありがとうございます^^

      「入院してもらいたい」という切実な思い、痛い程わかります。
      介護現場では到底不可能なことをやらされています(やらされているのではなく、「やらせて頂いている」と言わされる風潮にも嫌気が差しています)。
      普通の介護職の大部分が「介護現場では無理」だと思うことの殆どは本当に無理なことです。
      早急に業界や事業所や上司の対応が必要です。

  7. 匿名 より:

    頷き過ぎて頸椎損傷しそうな記事、いつも楽しく拝見しています。

    介護者の不安を解消する質問サイトなるものがいくつがありますよね
    私も仕事の参考になればと訪問しているのですが(”あんしん”なんちゃらさんとか)
    時折ぶっ飛ぶようなモンスター系の質問(クレーム)があり
    ああ、うち(職場)の家族様でなくて良かった・・・と隣の芝生の荒れっぷりを眺めながら我が施設の庭を愛でて(雑草が生えていますが)おります。

    我が施設でもショートのレベルにない重度のロングご利用者様が日夜問わず・・・
    受診の度に「今度こそ入院からのレベル落ちで、寝たきりでお帰りください」と心の中で唱えてしまいます。そうすれば特養入所も近づきますのでwin-winかと。
    介護に携わる者としてそんな自分の黒い心が嫌になりますが、うちが断れば本当に行く施設(無論在宅選択はありません)がない状態の方々なので最後までお世話をしてあげたい気持ちがそう思わせている事を理解してくださる家族様が一体どれだけいるのだろうと考えると、やるせなくなりますね。

    施設に預けっぱなしで「本人のために歩かせてください」とおっしゃられる家族様に言いたい。戻る家も無いのに、痛い思いをして命縮めて歩いて・・・その先にある”本人のため”っていったいどんなことですか?と。車いすを押してくれる家族がいればどこにだって行けますよ、と言いたい。

    我々は介護のプロであり、事故対応のプロではない。介護職で、家族ではない。
    介護職自身も冷静に自分の仕事、できる範囲、限界を知らないと、他人の介助を安全には出来ないと思うんですけどね。無理なことは無理なんですよ。

    • 山嵐 より:

      >匿名さん

      こんばんは~
      コメントありがとうございます^^

      頸椎損傷気をつけて下さいね(笑)
      モンスター級結構いますね。

      もう権利者意識を通り超えて暴君です。

      無理なことは無理と言える環境づくりが大切ですね。

  8. MASK より:

    認証失敗したらコメント消えて悲しいTT

    ピンポイントで困ってる事がブログでアップされるので、
    記事やコメント読んでいつも心救われてます。

    良くある事は、
    家で転倒歴あるのに、ショート利用中は転倒しないようにって言われる。
    「無理です」って言うと反発されそうなので「極力気を付けますけど・・」と返答してます。
    あと、家では歩かせてないのに施設では歩かせてほしい・・とか。
    リハビリ施設じゃないんですけど~って思います。

    ほんとに何でもかんでも受け入れてますね・・。
    入院してて、退院後帰る所が無いから(独居で介助者居ないから家に帰れないとか)、
    ショート入所とか。
    以前、ショート利用に納得してない方が来られて、
    杖振り上げたり窓ガラスを杖で叩き割ろうとした方が居たんですが、
    無理だって言ってるのに全然聞き入れてくれなかった事がありました。
    やっと夕方になって家族連絡で迎えに来てもらったんですが、
    もう一層の事、職員の事杖で殴ってケガさせたり、窓ガラス割ってくれって思いましたね。
    そこまでしないと早急に動いてくれそうもなかったので。。

    社会福祉法人だからあんまり断ったらダメ。みたいな事を聞いた事があるんですが、
    そんな事ってあるんですか?!

    • 山嵐 より:

      >MASKさん

      こんばんは~
      コメントありがとうございます^^

      認証失敗でコメントが消えてしまいましたか、すいません><
      認証なしだとスパムコメントが凄くて…。
      認証失敗してもコメントが消えない設定やプラグインがあればまた探しておきますね。

      「福祉」って本当なんなんでしょうね。
      犯罪行為まで許すのが福祉だとすれば、治外法権も甚だしいですね。

      治外法権だとしても、一方通行すぎてもう滅茶苦茶です。
      治外法権なら治外法権で、こちらにも治外法権の恩恵を受けたり、特定の権限を与えて欲しいと思います。

      それが無理なら、社会福祉法人であっても、日本という法治国家の中にあるのですから正常な運営をして欲しいと思います。

  9. MASK より:

    お疲れ様です。
    ショート利用者で、おしゃべり好きな、周りに人が居ればまぁ落ち着いていて、
    人が居なくなると歩き回ったりする方が居ました。
    日中はまぁ、他の職員も居ますしそんなに大変じゃなかったんですが、
    夜間帯、本人の居室に案内してもすぐ出てきて、他の居室入りまくり、
    ロングショート利用中のセクハラ・暴力のある男性部屋の所にも入ちゃったりして、
    案の定何かされたみたいで「きゃ~やめて~」みたいな叫び声と、ドスンという音。
    大きなケガは無かったんですが、
    この事故を防ぐには他の仕事を放棄して徘徊利用者に付きっきり対応すれば良かったのでしょうか・・。

    見守りする為に、記録とかの作業は見守り出来るような所でやれと。
    上から話があったそうです。。

    • 山嵐 より:

      >MASKさん

      おはようございます。
      コメントありがとうございます^^

      ワンオペ夜勤でその状況はつらいですね。
      現場に負担を押し付けすぎです。
      まずは夜勤体制を見直して欲しいと思います。