「文句があるなら家で介護しなさい」介護職員が感じる家族の面会頻度から受ける印象

Pocket

介護施設に親や身内を入所させる家族は、基本的に「在宅では介護が出来ない理由がある」から施設へ入所させます。

「利用者本位」とか「パーソン・センタード・ケア」などという教科書通りの状態ではないことは容易に理解ができる現状です。

認知症者などの自己判断が不明だったり、出来ない高齢者も含め、認知症ではなくても家族の都合で施設入所が可能なのが実情です。

そういう状況ですので、色々な利用者がいて色々な家族がいます。

スポンサーリンク

家族の面会頻度

介護施設に親や身内を入所させた場合、家族の面会の頻度で様々なことがわかりますし、現場職員として感じることがあります。

①全く面会に来ない家族

施設に預けっぱなし状態で、1年に1回も面会に来ない家族もいます。

1年に1回どころか預けてから1回も来ない家族も往々にしてあり得ます。

そういう場合、介護職員としては

「施設に預けっぱなしで利用者が可哀想」

「親に無関心で放置する酷い家族」

というような印象を受けます。

利用者に関する連絡をしたくても、なかなか連絡が取れないことが多いのも事実です。

しかしながら、内心そう思うものの、施設での介護を提供する場合、無関心くらいの方が施設介護にいらぬ干渉を受けることなくケアもスムーズにいくのも事実です。

②毎日面会に来る家族

全く面会に来ない家族の対極に、毎日のように面会に来る家族もいます。

この場合、親や身内を施設に預けてしまった後ろめたさや「みそぎ」を感じている家族もいれば、施設に預けても尚、自分の思い通りにケアをして欲しい「権利者意識の強い」家族もいます。

介護職員にしてみれば

「熱心な家族」

「親や身内を大切に思っている家族」

という印象を受ける反面

「施設介護に過干渉な家族」

「毎日面会に来る時間があるなら自宅で介護をすればいいのに」

という思いも内心持ってしまうのも事実です。

こういう家族に限って、施設での介護方法に細かく注文をつけたりします。

介護保険制度下での介護サービスに「出来ること」と「出来ないこと」がハッキリしていないため、こういう悲劇が生まれます。

こういう家族ばかりだと、常に人員不足の施設介護は成り立ちません。

③適度に面会に来る家族

定期的に週1回だったり、月1回だったり、適度に面会に来る家族もいます。

介護職員にしてみれば、こういう形で定期的な面会がある方がお互いベストのような気がします。

利用者の状態報告や相談事も定期的にできますし、施設での介護に関して過干渉させるおそれもありません。

付かず離れずの程よい頻度になります。

介護職員にしてみれば

「定期的に面会に来る良い家族」

という印象を受けます。

適度に面会に来る家族ほど、施設介護にも理解があります。

無理な注文をされることもなく、介護職員の身体を気遣ってくれる家族さえいます。

まとめ

家族の面会頻度における介護職員が受ける印象について書きましたが、全く面会に来なかったり、毎日面会に来ることが悪いということではありません。

要は、全く連絡が取れなかったり、過干渉をされたり権利者意識を振り回されることによって、通常の業務に支障をきたすことが問題なのです。

過去の経験則から、「定期的に面会に来る家族」が施設介護への理解もあり、利用者本人との関係性も健全であるように感じます。

もちろん、中には毎日面会に来て、利用者本人のケアを行ってくれるような素敵な家族も存在します。

そういった家族は「施設介護」だとか「介護職員」だとか「お金を払っている」という意識は無く、「ただただ親や身内を大切にしたい」という思いが強いのだと思います。

自分は何もせず、介護職員に文句や指示や命令を言うだけの家族は「家に連れて帰って自宅で介護すればいいのに」と本気で思っています。

介護保険という税金を使って介護を受けている以上、過度なご要望はお受けできないことを知って欲しいと思います(現状で制度上、無理な介護も受けるような体制ですが)。

文句を通せば通すほど、介護職員が辞めていき、益々人員不足となり、現状より良い介護が提供できなくなるのが介護保険制度なのです。

最後までお読み頂きありがとうございました。

記事が「面白かった」「及第点はあるかな」「まぁ良かったんじゃない?」「またブログ記事が更新されれば見に来てあげてもいいよ」と思って頂ける方は下のランキングバナーをクリックして頂くと、私のランキングポイントが加算されます。

ランキングが上がると記事更新のモチベーションが上がりますので、是非とも宜しくお願いします^^

コメント

  1. ダメ人間 より:

    こんばんは。

    入所施設での勤務経験が無い自分ですが、①~③はよく言われてますね。
    今は親族がケアハウスに入所していて、亡くなった祖父母が入所してる頃もそうだったのですが、面会のスタンスは③を心がけてます。
    こんな立派なゴミ人間ですけど、介護職を経験して自分が逆の立場=fa側の場合、どの様な事が介護職にとって負担=迷惑にならないのか?って事、何となく分りましたし。

    以前にこのblogに書いた事ありますけど、fa側の注意する点は他にもある感じが。
    利用者から見て近い親等内にこの業界関係者がいた場合、細かく見てくる事あります。
    自分も面会に行ってこの仕事の癖から色々な部分を見てしまいますが、先ほど明記したスタンスなんで何にも言いませんし、超たま~にですが喜んでもらえる可能性が高い差し入れを持って行って、それを餌にしてますがww

    前に簡単に書きましたが、元職場の職員の身内がdcに行っててその事業所にクレーム入れてました。
    内容を聞いたら自分でも
    「それは世間で言う非常識な対応だし、苦情入れてもしょうがないケースかもね」
    と思える内容ですが、そういうケースって1人だけじゃなくて、他利用者にも平気でやってる事なんですよね。
    人間10人10色なんで完璧な対応はムリですし、100%完璧に出来ている訳じゃないんですけど、自分は接客が求めれる仕事の場合、「逆の立場だったらどう感じるか?」という事を忘れない様にしています。

    自分みたいなゴミ人間でさえ、faと信頼関係が築けていても礼儀は必要だと思うし、言葉遣い・接遇マナー等のビジネスマナーとか言う前に、生きてて当たり前の事なんじゃね?と思うんですけど、それを意識してない人……何となく多いと思います。

    • 山嵐 より:

      >ダメ人間さん

      こんにちは~
      コメントありがとうございます^^

      なるほど、家族が同業者のパターンですか。
      まだまだ家族の発言力や影響は強いですからね。
      事業所側も何でもかんでも頭を下げる体質も問題なのかもしれませんね。