「気づける職員」が損をする介護現場の闇

Pocket

「気づき」というのは介護職員にとって、とても大切なスキルであり専門性のひとつです。

利用者の表情・顔色・行動・言動を見ていち早く何かを察知したり、「昨日(または先程)とは何かが違う」ということに気づいたり、「このままでは何か良くないことが起こる気がする」というエスパー級の気づきが出来る人もいます。

「間違い探しゲーム(クイズ)」が得意な人ほど気づくことに長けていて、介護職員に向いていると私は思っています(面接に採用したらどうでしょうか)。

ですから、気づきが多い人が沢山、介護現場にいてくれたら今よりももっと良いケアができると思っているわけですが、現実はそうもいきません。

スポンサーリンク

気づける職員と気づけない職員

「気づき」だけで言うと「気づける職員」と「気づけない職員」の二通りが存在します。

人員不足が故に、三大介護や一連の業務をそつなくこなすことを目指すだけで精一杯の介護現場の現状がありますが、更に出来る職員はよく気づきます。

気づきが多いことで

・利用者の異常を素早く察知

・間違いやミスの防止

・的確な軌道修正

・大ごとになる前に善処できる

ということが可能になります。

ここまで気が配れる職員は「エース級」と言えるでしょう。

例えば、家族が面会に来て

「掃除機を貸してもらえますか」

と言ってくる場合があります。

気づけない職員は

「はいわかりました、どうぞどうぞ」

と言って家族に掃除機を渡します。

気づける職員は

(部屋が汚かったから家族が掃除をしようとしているのかな)

と内心思い

「お部屋が汚れていましたか?私が掃除させて頂きますね」

と言って家族とコミュニケーションを取ることで後々のクレームになるかもしれない事案を未然に防げます。

人員不足で居室清掃まで手が回っていないのは仕方がないことですが、「気づく」ことで至らぬ点をフォローできるのです。

気づけるのに気づかないフリをする職員

気づける職員はエース級ですが、介護現場のエースほど損をする役回りはありません。

気づくほど、仕事が増えていく上に対価に反映されることもないからです。

利用者の体調不良やアクシデントに気づけば看護師に報告したり家族連絡をしたりリスク報告書を作成する必要が出てきます。

間違いやミスに気づけば修正や訂正をしたり、改善する必要が出てきます。

「自分に責任や業務が降りかからないように、気づいていても気づかないフリをする職員」という存在が出てきてもおかしくはありません。

そして、残念ながら現在の介護現場ではそういう職員が多数存在しているのも事実になります。

もっと言えば、そういう職員でいなければ長くは勤められない職種であると言えます。

ここに介護現場の大きな闇が存在します。

職責を全うしていくには

気づく職員が損をして、気づかない職員が得をするような環境であってはケアの質が向上するわけがありません。

介護職員としての職責を全うできていないプロ失格の職員だけが長く勤められるというのも悲しい現実と言えますが、そもそも「仕事は増えるのに人員も対価も増えない環境」に無理があるのです。

つまり「気づける職員を大切にできない環境」が今の介護現場のスタンダードとなっています。

一番手っ取り早い方法は、気づける職員と気づけない職員の給料に差をつけていくことだと考えます。

「気づけない得」を無くしていく環境を作っていく必要があります。

まとめ

「正直者はバカを見る」=「気づける職員は損をする」

という環境では、いつまで経ってもケアの質は向上しませんし、人員不足も解消できません。

人員も対価も増やすことができない事業所が、業務だけを増やしてケアの質の向上を謳っています。

しかしそれでは質が向上するどころか逆に低下していくのは目に見えて明らかです。

人員も対価も増やすことができないのなら、「業務負担を減らしていくことが質の向上に繋がる」ということに早く気づいて欲しいものです。

コメント

  1. ダメ人間 より:

    こんばんは。

    >「正直者はバカを見る」=「気づける職員は損をする」
    福祉業界以外にも、2業種・2職種で(短期間でしたが)勤務経験がある自分として、この話しはどんな業界にも通じるネタで、「ずる賢い人が得をする」感じじゃないですかね。
    ただ仕事によって「気付き」から、売上・サービス・顧客満足向上に繋がる面があり、それは評価に繋がって給与として(微少ながらも)返ってきますから、当たり前ですが頑張りますよ。

    介護はそれが無いですから、やらない方がマシ。
    下手に対応して監視レーダーの性能が絶大なオバヘル様から、「何で××の時に△したの?」みたいに文句を言われる可能性が高いので、スルーがベストです。
    行動に移して利用者から感謝されても、文句言われる位ならバカでアホらしいし、お金として返ってこないからスルー。
    これが通用してる業界……オカシイですよ。おかしく感じなくなったら、もう立派に洗脳されてますww

    • 山嵐 より:

      >ダメ人間さん

      こんにちは~
      コメントありがとうございます^^

      どの業界でもあり得る話なんですが、おっしゃっているように給与に返って来ない点で介護業界は異質ですよね。
      だから質も上がらないのは明らかなんですが、国や業界は質を上げろと言う。

      闇しかない業界です。

  2. デイちゃん より:

    スタッフみんなが働き者ならいいけど、実際は仕事しない人ばっかりでしょう。
    何かに気づいて動く人は、仕事がどんどん増えるのでしんどくなるんですよ。
    で、仕事する人が一人いれば、かなり現場は改善されるので、「ま、いっか」「人不足だけど何とか回ってる」とか、会社のえらい人に勝手に思われるんですよ。
    実際は、一人だけが仕事してて、一人の負担がめちゃくちゃすごくなってるだけなんですけど。
    で、その仕事してる一人が、「しんどい」「仕事してるの私だけじゃん」「あほらし」と気づいて(笑)やめると、現場は崩壊する。
    利用者の様子に気づくくらいだから、他のスタッフの様子にもすぐ気づくでしょうね。(笑)
    「他の奴ら、何もしねえな」って。

    私はもうあれこれやるのはやめたんですよ。
    だってやりすぎたらさ、「デイは人がいなくてもそれなりに回ってる」とか、会社のえらい人に思われるし。
    「もう人不足でめちゃくちゃで無理です」って思ってもらわないと、どんどんしんどくなるしね。

    仕事は一人分でいいと思うんですよ。だって一人分の給料しかもらってないし。
    確かに見渡せば、気づくことはたくさんありますよ。
    でもさあ、対価に見合った仕事しかする必要ないから。
    できないことはしなくていい。
    家族からクレームになってもいい。むしろ、家族のクレームがものすごく増えれば、「ああ今現場はめちゃくちゃなんだ」って、上の人も認識させられるでしょう。
    事故もトラブルもないと、「なんとか回ってるんだ」とか勘違いされるから。
    で、クレームを言われたら、「私に言うのでなく施設長にお願いします。私に言っても何も改善しないので。」って、家族に伝えるのが大事。人不足は施設長のせいだしね。
    私はクレーマーな利用者になんか言われたら、「私に言わないで施設長に直接お願いします」って言ってました。したら利用者も黙るし、もし施設長に言っても結果オーライだしね。

    介護職は、対価もないまま、責任だけ背負い込んではだめなんです。

    • 山嵐 より:

      >デイちゃんさん

      こんにちは~
      コメントありがとうございます^^

      気づく人の業務負担が増えていき、辞めていく、という悪循環の繰り返しですね。
      クレームが増えて施設長や管理者が改めてくれればいいですが、結局はまた現場にしわ寄せして終わり、という繰り返し。

      悪循環LOVEな業界と言えます。

      • デイちゃん より:

        権利意識が強い利用者は、近くにいるスタッフにいろいろ言ってくるんですよ。「〇〇ができてない」とか。
        ま、「認知症が使った後のトイレは汚れてる」とかは、たしかにな~とか思うんだけど、ほら私ら全然人いないから、そこまで見れないよね~。
        で、そういうクレーマーって、「あのスタッフに言ってもダメ」「あのスタッフは言ったらする」とか見定めてるから、言ったら仕事しそうな働き者のスタッフにばかり言ってくるんですよ。
        例えば、「〇〇さんに言ってもしないから、あなたに言うけど」とか言ってくる。
        なので、なんでもハイハイ言ってするのも考えものですね。言ってもしない人にさせなきゃならない。

        ちなみにデイの認知症のじいさんスタッフは、頭のしっかりした利用者さんにダメ出しされまくるので、頭のしっかりした利用者さんには近寄らない。お茶も出さない。意味不明。
        で、頭のしっかりした利用者さんは他のスタッフに言ってくる・・となるんですね。
        でも認知症じいさんスタッフはちゃんと一人分の給料もらってるからさ~、おかしいよね?みたいな。

        あとなんでもかんでも言ってくるクレーマー利用者がいたんだけど、「なんであんなキチガ〇みたいな人を入れるの?私らが迷惑でしょ!」とかしょーもないことでも言ってくるんだけどさ~、私は毎回「それは直接施設長に言ってください」「私らに言っても何も変わりませんので」とか答えてた。
        したらクレーマーは、集団で施設長に直談判に行ったり、支店長に電話かけたりしたらしい。
        ま、それで何か変わるわけじゃないけど、支店長とか「私は関係ない」とか思ってる奴らも一応はお客様だから対応しなきゃならなくて、ちょっとはストレスに感じてたみたい。
        現場のストレスは、介護職員だけが背負うのでなく、管理者などに分散させなければならないですね。高い給料もらってるんだし~。

        • 山嵐 より:

          >デイちゃんさん

          こんばんは~
          返信ありがとうございます^^

          色々な意味で特別な存在になってしまう職員は考えものですね。
          介護業界は何でこんなに「丁度良い」対応や処遇や環境が苦手なんでしょうね。

          いつもいつも「極端」なことばかりですよね。

  3. とも より:

    おはようございます
    分かりやすい記事ですね。
    うちの職場でもそうです。気付く人間ほど疲弊していく。仕事しない奴に限って、「気づかなかった」「知らなかった」しか言わないし(#`皿´)

    薬が床に落ちてた
    入浴の準備がしてない
    利用者のナースコールに対応しない
    動く利用者に対応しない
    など、もっと単純なことだと
    加湿器の水を入れない
    洗濯機とまっても干さない
    外の洗濯物とりこまない
    使った物品片付けない
    など

    ぜーんぶ、気づく人がやる。気づかない人が気付くかなと待ってもやらないから、ぼくは「いつになったらやるん?」とイライラ、で自分がやる(|||´Д`)

    • 山嵐 より:

      >ともさん

      こんにちは~
      コメントありがとうございます^^

      書かれている内容、もの凄くわかります。
      あるあるですね~

      気づけば気づくほど仕事が増えていくのに対価は変わらないという環境に問題があると考えます。

      毎日、お疲れ様です^^